2021年最新版
年齢早見表

2003年(平成15年)生まれの人生年表・年齢早見表

2003年生まれの人は今何歳?

2003年生まれは和暦だと平成15年生まれで、生まれ年の干支は未(ひつじ)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在18歳、誕生日を迎えていないなら現在17歳です。 また、今年は本厄(女性)の年となります。

2003年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
平成15年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
18 17

2003年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
2010
平成22年
7 小学校入学
2016
平成28年
13 小学校卒業
中学校入学
2019
平成31年令和元年
16 中学校卒業
高校入学
2022
令和4年
19 高校卒業
大学入学
2024
令和6年
21 短大卒業
2026
令和8年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
2009
平成21年
6 小学校入学
2015
平成27年
12 小学校卒業
中学校入学
2018
平成30年
15 中学校卒業
高校入学
2021
令和3年
18 高校卒業
大学入学
2023
令和5年
20 短大卒業
2025
令和7年
22 大学卒業

2003年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
2003
平成15年
0 生誕
2004
平成16年
1
2005
平成17年
2
2006
平成18年
3
2007
平成19年
4
2008
平成20年
5
2009
平成21年
6 小学校入学(早生まれ)
2010
平成22年
7 小学校入学(4-12月生)
2011
平成23年
8
2012
平成24年
9
2013
平成25年
10
2014
平成26年
11
2015
平成27年
12 中学校入学(早生まれ)
2016
平成28年
13 中学校入学(4-12月生)
2017
平成29年
14
2018
平成30年
15 高校入学(早生まれ)
2019
平成31年令和元年
16 高校入学(4-12月生)
2020
令和2年
17 前厄(女性)
2021
今年
令和3年
18 本厄(女性)
2022
令和4年
19 後厄(女性)
2023
令和5年
20
2024
令和6年
21
2025
令和7年
22
2026
令和8年
23 前厄(男性)
2027
令和9年
24 本厄(男性)
2028
令和10年
25 後厄(男性)
2029
令和11年
26
2030
令和12年
27
2031
令和13年
28
2032
令和14年
29
2033
令和15年
30
2034
令和16年
31 前厄(女性)
2035
令和17年
32 本厄(女性)
2036
令和18年
33 前厄(女性)
2037
令和19年
34
2038
令和20年
35 前厄(女性)
2039
令和21年
36 本厄(女性)
2040
令和22年
37 前厄(男性)
2041
令和23年
38
2042
令和24年
39
2043
令和25年
40 前厄(男性)
2044
令和26年
41 本厄(男性)
2045
令和27年
42 後厄(男性)
2046
令和28年
43
2047
令和29年
44
2048
令和30年
45
2049
令和31年
46
2050
令和32年
47
2051
令和33年
48
2052
令和34年
49
2053
令和35年
50
2054
令和36年
51
2055
令和37年
52
2056
令和38年
53
2057
令和39年
54
2058
令和40年
55
2059
令和41年
56
2060
令和42年
57
2061
令和43年
58
2062
令和44年
59 前厄(男性)
2063
令和45年
60 本厄・還暦(男性)
2064
令和46年
61 後厄(男性)
2065
令和47年
62
2066
令和48年
63
2067
令和49年
64
2068
令和50年
65
2069
令和51年
66
2070
令和52年
67
2071
令和53年
68
2072
令和54年
69 古希
2073
令和55年
70
2074
令和56年
71
2075
令和57年
72
2076
令和58年
73
2077
令和59年
74
2078
令和60年
75
2079
令和61年
76 喜寿
2080
令和62年
77
2081
令和63年
78
2082
令和64年
79 傘寿
2083
令和65年
80
2084
令和66年
81
2085
令和67年
82
2086
令和68年
83
2087
令和69年
84
2088
令和70年
85
2089
令和71年
86
2090
令和72年
87 米寿
2091
令和73年
88
2092
令和74年
89 卒寿
2093
令和75年
90
2094
令和76年
91
2095
令和77年
92
2096
令和78年
93
2097
令和79年
94
2098
令和80年
95
2099
令和81年
96
2100
令和82年
97
2101
令和83年
98 白寿
2102
令和84年
99 紀寿
2103
令和85年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

2003年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月16日 STS-107によりスペースシャトルコロンビアを打上げ。2月1日の帰還時に空中分解事故。
1月20日 第65代横綱貴乃花光司が引退。
1月22日 太陽系外へ向け飛行中の宇宙探査機「パイオニア10号」との通信が、この日の信号を最後に途絶。
1月25日 大相撲の朝青龍が前場所に続き優勝し、横綱昇進を決める。
1月27日 全日本空輸のボーイング767-300型機が、成田国際空港で操縦ミスによるオーバーラン事故を起こす。(全日空機成田空港オーバーラン事故)
1月29日 2場所連続優勝した大関・朝青龍がモンゴル人では初、外国人では3人目となる横綱に昇進。
2月1日 STS-107スペースシャトルコロンビア号がテキサス州上空で空中分解事故。乗員7名が全員死亡。(コロンビア号空中分解事故)
2月1日 欧州連合の基本条約の一つ・ニース条約が発効。
2月4日 ユーゴスラビアで新憲法採択。国号をセルビア・モンテネグロに改称。
2月17日 ロンドンで渋滞緩和を目的としてコンジェスチョン・チャージを導入。
2月18日 韓国・大邱地下鉄放火事件。死者は192名、重軽傷者148名。
2月23日 ノラ・ジョーンズが第45回グラミー賞の主要4部門を含む8部門で受賞(現地時間)。
2月25日 盧武鉉が第16代韓国大統領に就任。
2月26日 ダルフール紛争が始まる。
2月26日 飛鳥時代の迎賓館跡とされる奈良県明日香村の石神遺跡から、元嘉暦に基づく具注暦を記した木簡が発見される。
3月1日 大和銀行とあさひ銀行が合併し、りそな銀行及び埼玉りそな銀行成立。
3月1日 東京スタジアムが味の素スタジアムに名称を変更。
3月12日 セルビア首相ゾラン・ジンジッチが、スロボダン・ミロシェヴィッチ前ユーゴスラビア大統領配下の秘密警察関係者により暗殺される。
3月15日 胡錦濤が中華人民共和国主席に就任。
3月16日 イラク戦争開戦前に世界規模の抗議行動が行われる。
3月17日 アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュによるイラク大統領サッダーム・フセインへの最後通牒演説。
3月19日 アメリカ・イギリスによるイラクの自由作戦の開始。イラク戦争開戦。
3月19日 営団地下鉄半蔵門線水天宮前駅 - 押上駅間開通。東急田園都市線 - 東武伊勢崎線の相互直通運転開始。
3月20日 イラク戦争勃発。
3月27日 名古屋市営地下鉄上飯田線開通。名鉄小牧線と相互直通運転開始。
3月28日 日本初の情報収集衛星「光学1号機」「レーダ1号機」を打上げ。
4月1日 郵政事業庁が日本郵政公社に。
4月7日 宝塚ファミリーランド閉園。
4月9日 イラク戦争: イラクの首都バグダードが事実上陥落。
4月14日 国際ヒトゲノム計画によってヒトゲノム解読の全作業を完了。
4月16日 産業再生機構設立。
4月21日 山口県徳山市・新南陽市ほか2町が合併して周南市に。
4月25日 六本木ヒルズが開業。
4月28日 日経平均株価がバブル崩壊後の最安値7603.76円を記録。
5月9日 宇宙科学研究所が工学実験探査機「はやぶさ」 (MUSES-C) を打ち上げ。
5月10日 リトアニアで欧州連合加盟をめぐる国民投票が実施。翌11日まで。
5月11日 リトアニアで欧州連合加盟をめぐる国民投票が実施。投票者の91.1%が欧州連合加盟を支持。
5月22日 男子ゴルフツアーのPGAツアーに58年目で初めて女子選手のアニカ・ソレンスタムが参加。
5月26日 三陸南地震発生。
6月1日 中華人民共和国が三峡ダムの湛水を開始。
6月2日 欧州宇宙機関 (ESA) が、ヨーロッパ初の惑星探査機となる火星探査機「マーズ・エクスプレス」をカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げ。
6月5日 パキスタンを最高気温51℃の熱波が襲う。死者26人。
6月6日 武力攻撃事態法など武力攻撃事態対処関連3法が成立。日本で戦後初の有事法制。
6月10日 ハマース報道官アブドゥルアズィーズ・アッ=ランティースィーがイスラエル軍ヘリの空爆を受ける。
6月10日 NASAの火星探査機「スピリット」が打ち上げられる。
6月14日 八尾市ヤミ金心中事件。
6月15日 ウィキペディア日本語版が10000ページ達成。
6月20日 福岡一家4人殺害事件発生。中国人3人らによる犯行。
6月20日 ウィキメディア財団がフロリダ州セントピーターズバーグに設立。
6月26日 アメリカの合衆国最高裁判所がテキサス州の同性愛処罰法を憲法違反と判断。
6月30日 日本のアマチュア衛星「XI-IV」および「CUTE-I」打ち上げ。
7月1日 長崎男児誘拐殺人事件発生。
7月1日 食糧庁廃止。
7月1日 大阪証券取引所がヘラクレス指数の公表を開始。
7月2日 プラハで開かれた第115回IOC総会で2010年の冬季オリンピックの開催地がバンクーバーに決定。
7月5日 世界保健機関 (WHO) がSARSの制圧宣言を出す。
7月5日 モスクワ郊外のコンサート会場でチェチェン独立派テロリストによる爆破テロ事件発生。15人が死亡。
7月7日 能登空港開港。
7月8日 阪神タイガース セ・リーグ史上最速のマジックナンバー49が点灯。
7月10日 香港の高速道路・屯門公路からバスが転落。死者22人、負傷者20人の大惨事に(屯門公路2階建てバス転落事故)。
7月10日 新潟少女監禁事件の最高裁判所判決。懲役11年とした原審を破棄自判し、懲役14年とする。判決は確定。
7月12日 米原子力空母「ロナルド・レーガン」が就役。存命中の元米大統領の名が空母に命名されるのは史上初。
7月13日 イラクの暫定統治機関としてイラク統治評議会が設置される。
7月13日 プチエンジェル事件発生。児童買春デートクラブの経営者が小学6年生の少女4人を誘拐・監禁。16日に犯人が自殺し、17日に4人を保護。
7月15日 AOLタイム・ワーナーは同社内のネットスケープ部門を解体、同日にMozilla Foundationが設立される。
7月20日 熊本県水俣市宝川内地区にて土砂災害が発生。土石流により死者19人が死亡し、7人が負傷した。
7月22日 イラク戦争: イラクのモスルでサッダーム・フセイン前イラク大統領の息子、ウダイとクサイがアメリカ軍との銃撃戦の末に射殺される。
7月30日 最後の「旧式」フォルクスワーゲン・ビートルがメキシコで出荷される。生産数2152万9464台は世界記録。
8月1日 広島平和記念公園で折り鶴放火事件が起こる。
8月2日 1970年に打ち上げられた日本初の人工衛星「おおすみ」が大気圏に再突入し消滅。
8月6日 上海協力機構加盟5か国(中国・ロシア・ウズベキスタン・キルギスタン・タジキスタン)がテロ対策を目的とした合同軍事演習を実施。8月12日まで。
8月7日 在イラク・ヨルダン大使館で爆弾テロが発生。警察官を含む17名が死亡。
8月10日 沖縄都市モノレール線(ゆいレール)那覇空港駅 - 首里駅間が開業。沖縄県で第二次大戦後初の鉄道。
8月10日 ケントでイギリスにおける最高気温38.5℃(101.3°F)を記録。イギリスの観測史上初めてファーレンハイト度で100度を超える。
8月10日 人類史上初の宇宙での結婚式 :国際宇宙ステーションに滞在中のロシアの宇宙飛行士ユーリ・マレンチェンコが、地上にいる婚約者と衛星通信を通じて行う。
8月11日 気象庁が東北北部については、梅雨明け発表を行わないこととしました。梅雨明けなしは史上初。
8月11日 アフガニスタンの国際治安支援部隊の指揮権がドイツ・オランダ連合軍からNATOに移管される。
8月14日 2003年北アメリカ大停電。ニューヨークを含む北アメリカ東北部で大停電。5000万人に影響。
8月19日 イラクの国連バグダード本部で爆破テロが発生。セルジオ・デメロ国連事務総長特別代表を含む24名が死亡、108名が負傷。
8月20日 愛知県田原市が市制施行。
8月23日 三重県長島町(現:桑名市)のナガシマスパーランドのジェットコースター「スチールドラゴン2000」が脱輪事故を起こし乗客1名が重症。
8月28日 大阪地裁にて附属池田小事件の宅間守の死刑判決が確定。
8月29日 イラク・イスラム革命最高評議会 (SCIRI) 指導者ムハンマド・バーキル・ハキームが爆弾テロにより死亡。
8月31日 100系新幹線が東海道新幹線の定期列車から引退。
9月10日 スウェーデンのアンナ・リンド外相がストックホルムのデパートでの買物中に襲撃される。翌日死亡。
9月15日 阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝。
9月16日 新幹線100系電車が「ひかり309号」をもって東海道新幹線から引退。
9月16日 名古屋立てこもり放火事件が起こる。
9月18日 気象庁は今年の梅雨明けの時期についての見直しを発表。近畿の梅雨明けは1951年以降、同地方としては最も遅い記録。また、梅雨明けは東北地方は南部、北部とも特定せずとした。東北北部、南部では1998年以来3回目となった。
9月19日 ハリケーン・イザベルがノースカロライナ州に上陸。
9月21日 アメリカの木星探査機「ガリレオ」が運用終了となり、木星大気圏に突入して消滅。
9月22日 小泉再改造内閣が発足。
9月26日 十勝沖地震発生。
9月26日 自由党が野党第一党の民主党へ合流。(民由合併)
9月27日 欧州宇宙機関の月探査機「スマート1」がフランス領ギアナのクールー宇宙センターから打ち上げ。
10月1日 東海道新幹線の東京駅 - 新横浜駅間に品川駅が開業。
10月1日 宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団の3機関が宇宙航空研究開発機構に統合される。
10月1日 ジェイフォンが世界最大の携帯通信事業者・ボーダフォン(現:ソフトバンクモバイル)にブランド変更。
10月1日 全国朝日放送(愛称・テレビ朝日、略称・ANB)がテレビ朝日(略称・EX)に社名変更。
10月4日 イスラエル・ハイファのレストランで自爆テロ、21人が死亡。(en:Maxim restaurant suicide bombing)
10月5日 アフマド・カディロフがチェチェン共和国の大統領に選ばれる。
10月10日 日本産の最後のトキ・キンが死に、日本産のトキが絶滅。
10月15日 中華人民共和国初の有人宇宙船「神舟5号」を打ち上げ。
10月18日 ボリビアガス紛争でゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ大統領が辞任に追い込まれ、国外逃亡。
10月19日 スティルインラブが秋華賞を勝ち、メジロラモーヌ以来17年ぶり、日本競馬史上2頭目の牝馬三冠を達成。
10月19日 マザー・テレサがヨハネ・パウロ2世により列福される。
10月24日 ブリティッシュ・エアウェイズがコンコルドによる営業飛行を終了し、コンコルドが全機引退。
10月24日 日本テレビプロデューサーによる視聴率操作が発覚。
10月24日 Mac OS X v10.3 Pantherが発売。
10月31日 マハティール・ビン・モハマドがマレーシアの首相を辞任。
10月31日 国際連合腐敗防止条約が採択される。
11月2日 日本で勲等の等級が廃止。
11月4日 1976年の観測開始以来最大の太陽フレアが発生。人工衛星や宇宙探査機などに影響が出る。
11月14日 小惑星セドナが発見される。
11月19日 PHS事業者アステルグループのアステル九州が停波。PHSの通信業者の事業停止としては日本初。
11月21日 保守新党が解党し、自由民主党に合流。
11月24日 コロンビアで誘拐された矢崎総業の現地法人副社長が遺体で発見。(コロンビア邦人副社長誘拐事件)
11月26日 ブリストルで超音速輸送機コンコルドの最後のフライトが行われる。
11月29日 イラク日本人外交官射殺事件おこる。
12月1日 地上デジタル放送が3大都市圏の一部で開始。
12月2日 超電導リニアが山梨実験線で581km/hの鉄道世界最高速度を記録。
12月9日 日本の火星探査機「のぞみ」の火星周回軌道投入を断念。火星への衝突を回避するため、「のぞみ」に弱い噴射を行うコマンドが送信される。
12月13日 イラク戦争: アメリカ軍などがイラクのサッダーム・フセイン元大統領を拘束(en:Operation Red Dawn)。
12月14日 1996年に焼失していたヴェネツィア・フェニーチェ劇場が再開場。
12月19日 リビアが大量破壊兵器の破棄を表明。
12月23日 名古屋ドル紙幣ばら撒き事件
12月25日 欧州宇宙機関の火星探査機「マーズ・エクスプレス」が火星の軌道に投入。同日、マーズ・エクスプレスから分離された着陸船「ビーグル2」の火星表面への着陸が行われたが、通信が途絶。
12月26日 イラン、ケルマン州バムでマグニチュード6.3の地震。約3万人が死亡。要塞都市遺跡アルゲ・バムが損傷を受ける。
12月29日 サーミ語アッカラ方言の最後の話者が死亡し、死語となる。
12月29日 世界最速のリニアモーターカー、上海トランスラピッド開業。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA