2021年最新版
年齢早見表

1970年(昭和45年)生まれの人生年表・年齢早見表

1970年生まれの人は今何歳?

1970年生まれは和暦だと昭和45年生まれで、生まれ年の干支は戌(いぬ)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在51歳、誕生日を迎えていないなら現在50歳です。

1970年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和45年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
51 50

1970年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1977
昭和52年
7 小学校入学
1983
昭和58年
13 小学校卒業
中学校入学
1986
昭和61年
16 中学校卒業
高校入学
1989
昭和64年平成元年
19 高校卒業
大学入学
1991
平成3年
21 短大卒業
1993
平成5年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1976
昭和51年
6 小学校入学
1982
昭和57年
12 小学校卒業
中学校入学
1985
昭和60年
15 中学校卒業
高校入学
1988
昭和63年
18 高校卒業
大学入学
1990
平成2年
20 短大卒業
1992
平成4年
22 大学卒業

1970年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1970
昭和45年
0 生誕
1971
昭和46年
1
1972
昭和47年
2
1973
昭和48年
3
1974
昭和49年
4
1975
昭和50年
5
1976
昭和51年
6 小学校入学(早生まれ)
1977
昭和52年
7 小学校入学(4-12月生)
1978
昭和53年
8
1979
昭和54年
9
1980
昭和55年
10
1981
昭和56年
11
1982
昭和57年
12 中学校入学(早生まれ)
1983
昭和58年
13 中学校入学(4-12月生)
1984
昭和59年
14
1985
昭和60年
15 高校入学(早生まれ)
1986
昭和61年
16 高校入学(4-12月生)
1987
昭和62年
17 前厄(女性)
1988
昭和63年
18 本厄(女性)
1989
昭和64年平成元年
19 後厄(女性)
1990
平成2年
20
1991
平成3年
21
1992
平成4年
22
1993
平成5年
23 前厄(男性)
1994
平成6年
24 本厄(男性)
1995
平成7年
25 後厄(男性)
1996
平成8年
26
1997
平成9年
27
1998
平成10年
28
1999
平成11年
29
2000
平成12年
30
2001
平成13年
31 前厄(女性)
2002
平成14年
32 本厄(女性)
2003
平成15年
33 前厄(女性)
2004
平成16年
34
2005
平成17年
35 前厄(女性)
2006
平成18年
36 本厄(女性)
2007
平成19年
37 前厄(男性)
2008
平成20年
38
2009
平成21年
39
2010
平成22年
40 前厄(男性)
2011
平成23年
41 本厄(男性)
2012
平成24年
42 後厄(男性)
2013
平成25年
43
2014
平成26年
44
2015
平成27年
45
2016
平成28年
46
2017
平成29年
47
2018
平成30年
48
2019
平成31年令和元年
49
2020
令和2年
50
2021
今年
令和3年
51
2022
令和4年
52
2023
令和5年
53
2024
令和6年
54
2025
令和7年
55
2026
令和8年
56
2027
令和9年
57
2028
令和10年
58
2029
令和11年
59 前厄(男性)
2030
令和12年
60 本厄・還暦(男性)
2031
令和13年
61 後厄(男性)
2032
令和14年
62
2033
令和15年
63
2034
令和16年
64
2035
令和17年
65
2036
令和18年
66
2037
令和19年
67
2038
令和20年
68
2039
令和21年
69 古希
2040
令和22年
70
2041
令和23年
71
2042
令和24年
72
2043
令和25年
73
2044
令和26年
74
2045
令和27年
75
2046
令和28年
76 喜寿
2047
令和29年
77
2048
令和30年
78
2049
令和31年
79 傘寿
2050
令和32年
80
2051
令和33年
81
2052
令和34年
82
2053
令和35年
83
2054
令和36年
84
2055
令和37年
85
2056
令和38年
86
2057
令和39年
87 米寿
2058
令和40年
88
2059
令和41年
89 卒寿
2060
令和42年
90
2061
令和43年
91
2062
令和44年
92
2063
令和45年
93
2064
令和46年
94
2065
令和47年
95
2066
令和48年
96
2067
令和49年
97
2068
令和50年
98 白寿
2069
令和51年
99 紀寿
2070
令和52年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1970年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月5日 公明党の竹入義勝委員長と矢野絢也書記長が、前年からの創価学会を含めた言論出版妨害事件をめぐって記者会見を行い、出版妨害の事実を全面否定。
1月12日 ビアフラ戦争(ナイジェリア内戦)が終結。
1月14日 第3次佐藤栄作内閣が成立。
1月22日 ボーイング747「ジャンボジェット」がパンアメリカン航空のニューヨーク-ロンドン線で初就航。
1月28日 当時共に大関の玉乃島改め玉の海(第51代)、北の富士(第52代)が同時に横綱昇進。
1月30日 日本にてこの日から公衆電話の市内通話料金が3分10円になる。
2月1日 アース製薬が大塚製薬を核とする大塚グループに参加。
2月2日 コーンフィールド・ボンバー不時着事故が発生。
2月3日 核拡散防止条約に日本が調印。
2月11日 東京大学宇宙航空研究所が5回目の打ち上げで人工衛星「おおすみ」の打ち上げに成功。日本初の人工衛星。
2月18日 リチャード・ニクソン米大統領が、条約遵守・自主防衛努力の強化と援助・「核の傘」提供の「平和三原則」を強調する外交教書を発表。
2月21日 スイス航空330便爆破事件発生。
2月23日 英連邦王国内のギアナが共和制に移行し、ガイアナに改称。
2月24日 アメリカの公共ラジオ局ナショナル・パブリック・ラジオが発足。
2月24日 大阪市営地下鉄御堂筋線・新大阪駅 - 江坂駅、北大阪急行電鉄・江坂駅 - 万国博中央口駅が開業。
3月2日 ローデシアが共和制移行を宣言。
3月5日 核拡散防止条約が発効。
3月7日 湘南モノレールが開業。
3月11日 ボーイング747(ジャンボジェット)が日本へ初飛行。
3月14日 日本万国博覧会(大阪万博)が開幕。
3月14日 日本原子力発電敦賀発電所が営業運転開始。日本最初の商用軽水炉。
3月18日 カンボジアでロン・ノル首相のクーデタによりノロドム・シアヌーク皇太子が亡命。
3月19日 ヴィリー・ブラント西独首相とヴィリー・シュトフ東独首相がエアフルトで初の東西ドイツ首脳会談。
3月22日 第1回全日本女子プロボウリング選手権開催。中山律子が優勝。
3月26日 大阪万博会場内の動く歩道が緊急停止したことにより将棋倒しが発生。小学生を含む42人が負傷。
3月31日 赤軍派が日本航空機よど号をハイジャックする。(よど号ハイジャック事件)
3月31日 アメリカ初の人工衛星「エクスプローラー1号」が打上げから12年目で大気圏に再突入して消滅。
4月5日 よど号ハイジャック事件の人質が帰還。
4月8日 大阪市大淀区(現・北区)天六交差点での大阪市営地下鉄谷町線工事現場でガス爆発事故(天六ガス爆発事故)。死者79人・重軽傷420人。
4月10日 ポール・マッカートニーがビートルズからの脱退を発表。(ビートルズの解散問題)
4月11日 アメリカの有人月探査機「アポロ13号」打ち上げ。
4月13日 発射されてから2日後のアポロ13号で機械船の酸素タンクが爆発し、月面着陸を断念、帰還の途につく。
4月14日 03:07:53(UTC)、地球から321,860km上空にて、アメリカ航空宇宙局(NASA)のアポロ13号で酸素タンク爆発事故が発生。月着陸中止も奇跡的に帰還。
4月16日 ウィーンで米ソによる第一次戦略兵器制限交渉(SALT I)の本会議が開始。
4月17日 「アポロ13号」が地球に帰還。
4月19日 コロンビア で大統領選挙。保守党のミサエル・パストラーナ・ボレロが軍事政権 時代の指導者グスタボ・ロハス・ピニージャ将軍に僅差で勝利。野党勢力は不正選挙として大規模な抗議行動。後の左翼ゲリラ組織4月19日運動(M-19)結成の契機となる。
4月22日 日本航空がボーイング747型を初受領。
4月24日 中華人民共和国が初の人工衛星「東方紅1号」を打上げ。
4月26日 エフエム東京(TOKYO FM)開局。
4月26日 日本万国博覧会会場の太陽の塔の眼の部分に男が籠城(アイジャック事件)。159時間にわたり立てこもる。
4月30日 カンボジア内戦:クーデターを起こしたロン・ノルの支援のため、アメリカ軍と南ベトナムがカンボジアに侵攻。
5月3日 創価学会の池田会長が、創価学会と公明党の分離を本部総会で表明。
5月4日 オハイオ州のケント大学でベトナム反戦デモの学生4人が州兵に射殺される。(ケント州立大学銃撃事件)
5月5日 カンプチア王国民族連合政府樹立。
5月6日 日本で改正著作権法公布。著作権保護が死後50年までに。
5月8日 ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。
5月11日 日本山岳会エベレスト登山隊(総隊長・松方三郎)がエベレストに日本人初登頂。初登頂者は松浦輝夫と植村直己。
5月12日 瀬戸内シージャック事件が発生。翌13日に警察が犯人射殺で解決。
5月13日 12日に発生した瀬戸内シージャック事件で警察が旅客船乗っ取り犯を射殺して解決。
5月15日 豊橋事件が起こる。
5月18日 全国新幹線鉄道整備法公布。
5月24日 地球の地殻深部を調べるコラ半島超深度掘削坑の掘削開始。
5月25日 黒い霧事件でコミッショナー委員会が西鉄の3選手の球界永久追放を決定。
5月31日 ペルー北部でアンカシュ地震が発生。死者47,000人。
6月1日 エフエム福岡(当時・福岡エフエム音楽放送)開局。
6月1日 小作浄水場通水。
6月3日 黒い霧事件: オートレース八百長と野球の八百長にも関わったとして、中日の投手・小川健太郎が永久追放処分。
6月4日 トンガがイギリスから独立。
6月19日 特許協力条約調印。
6月19日 エドワード・ヒースがイギリスの第68代首相に就任。
6月19日 下関 - 韓国・釜山の関釜フェリーが運航開始。
6月21日 ヨット「サナトス号」でメキシコ・エンセナダから日本を目指していた牛島竜介が博多港に到着。前年の博多港からアメリカ・オークランドまでの航海と合わせ、史上初のヨットによる太平洋往復単独横断航海に成功。
6月23日 午前0時に日米安全保障条約が自動延長。
6月24日 八幡製鉄事件の最高裁大法廷判決。
7月1日 本州四国連絡橋公団が発足。
7月1日 韓国で郵便番号導入。
7月3日 マンチェスターからバルセロナに向かって飛行中のダン・エア・サービスのDH106 コメットがバルセロナ近郊に墜落、乗員乗客112名全員が死亡。
7月5日 エア・カナダ621便墜落事故。109人全員死亡。
7月7日 韓国で京釜高速道路が全線開通。
7月7日 日本初のファミリーレストラン・すかいらーく国立店が開店。
7月15日 九州初となる民放FMラジオ局・エフエム福岡が開局。
7月17日 家永教科書裁判第二次訴訟の第一審で東京地裁が、教科書検定は検閲に当たり違憲であるとして、原告全面勝訴の判決を出す。
7月18日 東京都杉並区で日本初の光化学スモッグ公害。
7月21日 アスワン・ハイ・ダムが完成。
7月23日 カーブース・ビン=サイードがオマーンのスルタンに即位。
7月27日 東京都が光化学スモッグ対策暫定実施要綱を制定。
7月31日 イギリス海軍が兵士へのラム酒支給を打ち切る。
7月31日 コロンビア南部でマグニチュード8.0の深発地震(コロンビア地震)。
7月31日 山手線に国鉄の通勤電車では初の冷房車を導入。
8月2日 東京都内ではじめての歩行者天国が銀座、新宿、池袋、浅草で実施される。
8月12日 モスクワでソビエト・西ドイツ武力不行使条約締結。
8月17日 ソ連の金星探査機「ベネラ7号」が打ち上げ。同年12月15日、史上初めて金星に着陸。
8月19日 全日空アカシア便ハイジャック事件。
8月22日 栗原景太郎、武田治郎、白瀬京子の3人が乗る小型ヨット「白鴎」が神奈川県・三崎漁港に入港。日本人初の小型ヨット世界一周を達成。
8月23日 札幌市の電話市外局番が0122から011へ変更。
8月26日 植村直己が北米大陸最高峰マッキンリー山に単独初登頂。世界初の五大陸最高峰登頂者となる。
9月6日 PFLP旅客機同時ハイジャック事件。パレスチナ解放人民戦線 (PFLP) が5機の旅客機を同時にハイジャック。
9月7日 厚生省が、スモン病の原因と判明したキノホルムの発売停止を指示。
9月13日 日本万国博覧会(大阪万博)が閉幕。
9月19日 第1回グラストンベリー・フェスティバル開催。
9月22日 トゥンク・アブドゥル・ラーマンがマレーシア首相を辞任。後任にアブドゥル・ラザクが就任。
9月24日 ソ連の無人月探査機「ルナ16号」のカプセルが月の土を乗せて地球に帰還。無人機で月の土を回収した最初の例。
9月25日 リビアとヨルダンが国交断絶。
9月28日 エジプト大統領ガマール・アブドゥル=ナーセルが心臓発作で急死。副大統領アンワル・アッ=サーダートが大統領に就任。
10月1日 宮城テレビ放送(ミヤギテレビ)開局。
10月2日 六甲トンネルが貫通。
10月4日 日本テレビ系旅番組『遠くへ行きたい』(読売テレビ制作)が放送開始(現在も放送中)。
10月5日 公共放送サービス開局。
10月8日 アレクサンドル・ソルジェニーツィンのノーベル文学賞受賞が発表される。
10月9日 ロン・ノルがクメール共和国の樹立を宣言。
10月10日 フィジーがイギリスから独立。
10月10日 ケベック州労働相ピエール・ラポルト(英語版)がケベック解放戦線のメンバーに誘拐される。同月17日遺体で発見。
10月12日 ベトナム戦争: 米大統領リチャード・ニクソンが、クリスマスまでに4万人以上を撤兵させると表明。
10月13日 フィジーが国際連合に加盟。
10月13日 中華人民共和国とカナダが国交を樹立。
10月18日 日本勧業銀行大森支店の宿直行員が殺害される。(大森勧銀事件)
10月20日 日本政府が初の防衛白書を発表。
10月21日 佐藤栄作首相が日本の首相としては初めて国連総会で演説。
10月21日 女性解放準備会などが日本初のウーマン・リブのデモ。
10月26日 埼玉県志木市が市制施行。
10月31日 埼玉県和光市が市制施行。
11月3日 左派のサルバドール・アジェンデがチリ大統領に就任。
11月4日 アメリカで、13歳まで部屋に監禁されていたジーニーが発見される。
11月7日 仙台臨海鉄道株式会社設立。
11月10日 世界初の月面車「ルノホート1号」を塔載したソ連の月探査機「ルナ17号」が打ち上げ。
11月10日 日本テレビの送信所が麹町の本社鉄塔から東京タワーに移転。
11月12日 ボーラ・サイクロンが東パキスタンに上陸。30万から50万人が死亡。
11月14日 ソビエト連邦が国際民間航空機関 (ICAO) に加盟。ロシア語がICAOの第4の公用語になる。
11月14日 東京都渋谷で日本初のウーマン・リブの大会が開かれる。
11月17日 ソ連の無人月探査機「ルナ17号」が月面に着陸。世界初の月面車による探査を開始する。
11月17日 ダグラス・エンゲルバートがマウスの特許を取得。
11月21日 国連総会で、国民政府(中華民国)追放・中共政府(中華人民共和国)招請議案が初めて過半数を獲得。
11月21日 名古屋市郊外に日本ケンタッキー・フライド・チキンの第1号店(名西店)がオープン。
11月25日 三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊・東部方面総監部で割腹自決。(三島事件)
11月25日 静岡県の東伊豆道路を走行中の観光バスに落石が直撃。バスは路外へ20m転落して死者6人、重軽傷者21人。
11月30日 南イエメンが国号をイエメン人民民主共和国に改称し、社会主義国家を宣言。
11月30日 北海道の国鉄根北線がこの日限りで廃止。
12月1日 広島ホームテレビが開局。
12月2日 アメリカ合衆国環境保護庁設立。
12月15日 南営号沈没事故起こる。
12月15日 ソビエト連邦の金星探査機・ベネラ7号が金星の地表に着陸。世界で初めて惑星表面の着陸に成功。
12月18日 日本の新左翼である京浜安保共闘による上赤塚交番襲撃事件。襲撃犯である最高幹部柴野春彦が死亡。
12月20日 コザ暴動。
12月26日 日本初の5ドア鉄道車両、京阪電気鉄道5000系デビュー。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA