2021年最新版
年齢早見表

1964年(昭和39年)生まれの人生年表・年齢早見表

1964年生まれの人は今何歳?

1964年生まれは和暦だと昭和39年生まれで、生まれ年の干支は辰(たつ)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在57歳、誕生日を迎えていないなら現在56歳です。

1964年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和39年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
57 56

1964年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1971
昭和46年
7 小学校入学
1977
昭和52年
13 小学校卒業
中学校入学
1980
昭和55年
16 中学校卒業
高校入学
1983
昭和58年
19 高校卒業
大学入学
1985
昭和60年
21 短大卒業
1987
昭和62年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1970
昭和45年
6 小学校入学
1976
昭和51年
12 小学校卒業
中学校入学
1979
昭和54年
15 中学校卒業
高校入学
1982
昭和57年
18 高校卒業
大学入学
1984
昭和59年
20 短大卒業
1986
昭和61年
22 大学卒業

1964年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1964
昭和39年
0 生誕
1965
昭和40年
1
1966
昭和41年
2
1967
昭和42年
3
1968
昭和43年
4
1969
昭和44年
5
1970
昭和45年
6 小学校入学(早生まれ)
1971
昭和46年
7 小学校入学(4-12月生)
1972
昭和47年
8
1973
昭和48年
9
1974
昭和49年
10
1975
昭和50年
11
1976
昭和51年
12 中学校入学(早生まれ)
1977
昭和52年
13 中学校入学(4-12月生)
1978
昭和53年
14
1979
昭和54年
15 高校入学(早生まれ)
1980
昭和55年
16 高校入学(4-12月生)
1981
昭和56年
17 前厄(女性)
1982
昭和57年
18 本厄(女性)
1983
昭和58年
19 後厄(女性)
1984
昭和59年
20
1985
昭和60年
21
1986
昭和61年
22
1987
昭和62年
23 前厄(男性)
1988
昭和63年
24 本厄(男性)
1989
昭和64年平成元年
25 後厄(男性)
1990
平成2年
26
1991
平成3年
27
1992
平成4年
28
1993
平成5年
29
1994
平成6年
30
1995
平成7年
31 前厄(女性)
1996
平成8年
32 本厄(女性)
1997
平成9年
33 前厄(女性)
1998
平成10年
34
1999
平成11年
35 前厄(女性)
2000
平成12年
36 本厄(女性)
2001
平成13年
37 前厄(男性)
2002
平成14年
38
2003
平成15年
39
2004
平成16年
40 前厄(男性)
2005
平成17年
41 本厄(男性)
2006
平成18年
42 後厄(男性)
2007
平成19年
43
2008
平成20年
44
2009
平成21年
45
2010
平成22年
46
2011
平成23年
47
2012
平成24年
48
2013
平成25年
49
2014
平成26年
50
2015
平成27年
51
2016
平成28年
52
2017
平成29年
53
2018
平成30年
54
2019
平成31年令和元年
55
2020
令和2年
56
2021
今年
令和3年
57
2022
令和4年
58
2023
令和5年
59 前厄(男性)
2024
令和6年
60 本厄・還暦(男性)
2025
令和7年
61 後厄(男性)
2026
令和8年
62
2027
令和9年
63
2028
令和10年
64
2029
令和11年
65
2030
令和12年
66
2031
令和13年
67
2032
令和14年
68
2033
令和15年
69 古希
2034
令和16年
70
2035
令和17年
71
2036
令和18年
72
2037
令和19年
73
2038
令和20年
74
2039
令和21年
75
2040
令和22年
76 喜寿
2041
令和23年
77
2042
令和24年
78
2043
令和25年
79 傘寿
2044
令和26年
80
2045
令和27年
81
2046
令和28年
82
2047
令和29年
83
2048
令和30年
84
2049
令和31年
85
2050
令和32年
86
2051
令和33年
87 米寿
2052
令和34年
88
2053
令和35年
89 卒寿
2054
令和36年
90
2055
令和37年
91
2056
令和38年
92
2057
令和39年
93
2058
令和40年
94
2059
令和41年
95
2060
令和42年
96
2061
令和43年
97
2062
令和44年
98 白寿
2063
令和45年
99 紀寿
2064
令和46年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1964年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月3日 西口彰事件の犯人が逮捕される。
1月5日 ローマ教皇パウロ6世とコンスタンディヌーポリ全地総主教アシナゴラス1世が会談。東西教会が分裂以来1000年ぶりに和解へ。
1月8日 リンドン・ジョンソン米大統領が一般教書演説で「貧困との戦い(英語版)」を宣言。
1月9日 パナマ運河地帯の高校で米国国旗だけを掲揚したことから暴動化。米軍の発砲で両国民に死者が出る。(国旗事件)
1月9日 警視庁が、個展に模造千円札を出品した画家・赤瀬川原平を通貨及証券模造取締法違反容疑で任意取調べ。
1月11日 カリフォルニア州ウェスト・ハリウッドのナイトクラブ「ウィスキー・ア・ゴーゴー」が開館。
1月12日 ザンジバル革命。ザンジバル王国の王政が崩壊し、ザンジバル人民共和国が樹立。
1月22日 この日発売の週刊少年サンデー(小学館)に藤子不二雄の国民的漫画『オバケのQ太郎』が連載を開始。
1月23日 アメリカ合衆国憲法修正第24条が、成立に必要な38州の批准により成立。人頭税などの支払いを理由に選挙権を制限することを禁止。
1月27日 中華人民共和国とフランスとの間で国交が樹立。
1月29日 第9回冬季オリンピック、インスブルック大会開催。2月9日まで。
1月30日 レインジャー計画: アメリカの月探査機「レインジャー6号」が打ち上げ。
2月7日 ビートルズが、イギリスのロックグループでは初のアメリカ公演のためアメリカに到着。
2月9日 ビートルズが『エド・サリヴァン・ショー』に初出演。
2月10日 オーストラリア海軍の航空母艦メルボルンと駆逐艦ヴォイジャー(英語版)が衝突。ヴォイジャーは沈没し、82名の死者を出す。
2月23日 国鉄の電子式座席予約システムMARS101が稼動開始。
2月25日 カシアス・クレイ(後のモハメド・アリ)が世界ヘビー級王者ソニー・リストンを7回TKOで倒し新王者になる。
2月25日 北朝鮮で、封建的な土地所有制度を廃止し、全てを集団農場の所有とする。
2月27日 富士航空機墜落事故
3月6日 コンスタンティノス2世がギリシャ国王に即位。
3月13日 キティ・ジェノヴィーズ事件。ニューヨークでキティ・ジェノヴィーズが自宅アパート前で殺害され、他の住人は被害者の叫び声を無視していた。この事件を機に傍観者効果が提唱される。
3月14日 ケネディ大統領暗殺事件でケネディ米大統領の暗殺犯とされたリー・ハーヴェイ・オズワルドを射殺したジャック・ルビーに有罪判決が下される。
3月18日 早川電機(現在のシャープ)とソニーが、商用化された製品としては初の電子式卓上計算機(電卓)を発表。
3月20日 欧州宇宙機関 (ESA) の前身の欧州宇宙研究機構が発足。
3月20日 学習院大学ヨット部遭難事故が起こる。
3月22日 大阪環状線で環状運転を開始。
3月24日 ライシャワー米大使が日本人少年に刺され負傷。輸血された血液から肝炎に感染し、売血が問題化する。
3月27日 アラスカ地震
3月28日 アラスカ地震
4月1日 日本の海外渡航が自由化。
4月1日 NETテレビ(現在のテレビ朝日)で『木島則夫モーニングショー』が放送開始。日本初のワイドショー。
4月4日 アメリカビルボードヒットチャートの1位から5位までをビートルズが独占する(1位「キャント・バイ・ミー・ラヴ」、2位「ツイスト・アンド・シャウト」、3位「シー・ラヴズ・ユー」、4位「抱きしめたい」、5位「プリーズ・プリーズ・ミー」)。
4月5日 町田米軍機墜落事故
4月7日 IBMがSystem/360を発表。
4月8日 国立西洋美術館で『ミロのヴィーナス』を特別公開。
4月12日 財団法人日本科学技術振興財団テレビ事業本部(科学テレビ・東京12チャンネル。現在のテレビ東京)が開局。
4月17日 ニューヨーク万国博覧会のフォード・モーターのブースで新車種フォード・マスタングが初公開。
4月17日 シェイ・スタジアムが開場。
4月21日 ニューヨーク万国博覧会が開幕。1965年10月17日まで。
4月26日 タンガニーカとザンジバルが合同し、タンザニア連合共和国が成立。
4月28日 日本がOECDに加盟。
4月28日 週刊誌『平凡パンチ』が創刊。
5月2日 世界14番目の高峰・シシャパンマが中国の許競により初登頂。
5月9日 全米ヒットチャートでルイ・アームストロングの「ハロー・ドーリー!」が1位になり、2月1日から続いていたビートルズの連続1位の記録を14週でストップさせる。
5月10日 国鉄柳ヶ瀬線がこの日限りで廃止。
5月27日 コロンビア革命軍が結成される。
5月28日 パレスチナ解放機構(PLO)設立。
6月5日 アメリカの有人潜水調査艇「アルビン号」が就役。
6月12日 南アフリカの反アパルトヘイト運動家ネルソン・マンデラに対し国家反逆罪による終身刑の判決。
6月16日 新潟地震発生。
6月19日 初の日米間太平洋横断海底ケーブルTPC-1が開通。
6月21日 ミシシッピ州公民権活動家殺害事件(英語版):ミシシッピ州フィラデルフィア近郊で地元警察と白人至上主義者が結託し、公民権活動家3人が殺害される。
6月23日 熊本県・下筌ダムの建設反対派の拠点「蜂ノ巣城」が強制撤去される。
7月2日 公民権運動: リンドン・ジョンソン米大統領が公民権法に署名し、法律が施行。
7月6日 マラウイ共和国がイギリスから独立。
7月14日 東京都品川区勝島で、株式会社宝組のニトロセルロース蓄積倉庫から出火。爆発を伴う火災により倉庫の壁が崩れ、下敷きになった消防職員18人、消防団員1人が死亡。負傷158人の惨事が起きる。(品川勝島倉庫爆発火災)
7月19日 石ノ森章太郎の漫画『サイボーグ009』が週刊少年キングで連載開始。
7月20日 トップレス水着が軽犯罪法に反する旨を警察庁が通達。
7月24日 ウッドリバー臨界事故: アメリカ・ロードアイランド州のウラン回収施設で臨界が発生。作業員が450シーベルト以上を被曝して死亡。
7月25日 東京〜新大阪で東海道新幹線の全線試運転を実施。
7月31日 シー・オービット作戦: 原子力空母「エンタープライズ」を旗艦とするアメリカ海軍第1任務部隊が、原子力艦による初の燃料無補給世界一周航海に出港する。
8月2日 ベトナム戦争: トンキン湾事件。アメリカ合衆国は、駆逐艦マドックスが北ベトナム軍の魚雷艇から攻撃を受けたとして報復攻撃を行う。しかし1971年になって、これがアメリカの謀略であったことが明らかに。
8月7日 ベトナム戦争: トンキン湾事件を受けアメリカ上・下院が「トンキン湾決議」を採択しジョンソン大統領に戦時大権を付与、本格的な軍事介入が始まる。
8月12日 IOCが同国の人種隔離政策のため南アフリカ共和国をオリンピックから追放。
8月15日 富士山頂レーダーが完成。
8月24日 高島忠夫長男殺害事件。
8月25日 前日千葉県習志野市の病院で死亡した患者がコレラに感染していたことが判明。翌26日には死亡患者の同宿者からもコレラ菌が検出され、習志野市一帯をコレラ汚染地帯として大規模な殺菌・予防接種を実施する事態に。
8月29日 帝都高速度交通営団(現在の東京地下鉄)日比谷線(北千住 - 中目黒)が全通。
9月1日 村上雅則がサンフランシスコ・ジャイアンツで登板。初の日本人メジャーリーガーとなる。
9月1日 10月の東京オリンピックに合わせ、東京・赤坂にホテルニューオータニ、芝に東京プリンスホテルが開業。
9月2日 競泳男子1500m自由形でアメリカのロイ・サーリ(英語版)が16分58秒7を記録。人類史上初めて17分を切る。
9月7日 五島昇東急社長と大川博東映社長が共同記者会見、9月30日をもって東映の東急グループからの独立を表明。
9月9日 池田勇人首相が喉頭癌の治療のため国立がんセンターに入院。10月25日に退陣を表明。
9月12日 キャニオンランズ国立公園が発足する。
9月12日 第1回リノ・エアレースが開幕する。
9月17日 東京モノレールが開業。日本初の旅客用モノレール。
9月21日 マルタがイギリスから独立。
9月23日 王貞治が年間55本塁打の日本新記録(当時)を樹立。
9月24日 よみうりランド開園。
9月27日 ウォーレン委員会がケネディ大統領暗殺事件の報告書を公表。
9月28日 琵琶湖大橋が開通。
9月28日 三島由紀夫の小説『宴のあと』がプライバシーを侵害したとして、有田八郎元外相が作者と発行元の新潮社を訴えていた『宴のあと』事件で、東京地方裁判所が原告勝訴の判決を下す。
9月30日 義宮正仁親王と津軽華子の結婚の儀。同日常陸宮家が創設される。
10月1日 東海道新幹線東京駅 - 新大阪駅間開業。それに伴うダイヤ改正実施。0系車両の営業運転開始。
10月3日 日本武道館が開館。
10月3日 シー・オービット作戦: 原子力空母「エンタープライズ」を旗艦とするアメリカ海軍第1任務部隊が、原子力艦による初の燃料無補給世界一周航海に成功。
10月5日 国鉄と日本急行バスにより名神ハイウェイバスが開業。日本初の高速バス。
10月10日 第18回夏季オリンピック・東京大会が開幕(10月24日まで)。
10月12日 ソ連が初の3人乗り宇宙船「ヴォスホート1号」を打ち上げ。
10月14日 マーティン・ルーサー・キングのノーベル平和賞受賞が決定。
10月14日 ニキータ・フルシチョフ失脚。
10月15日 1964年イギリス総選挙。労働党が13年ぶりに政権獲得。
10月16日 中華人民共和国がタクラマカン砂漠で初の原爆実験に成功し、世界5番目の核保有国となる。(596 (核実験))
10月23日 東京オリンピック女子バレーボールで日本がソ連を下し金メダルを獲得。
10月24日 10月10日から東京で行われていた第18回夏季オリンピックが閉幕。
10月24日 イギリス領北ローデシアがザンビア共和国として独立。
10月25日 池田勇人首相が病気療養のため辞意を表明。
10月31日 国鉄関門連絡船がこの日限りで廃止。
11月2日 サウード王の譲位によりファイサルがサウジアラビア王に即位。
11月5日 1944年に処刑されたリヒャルト・ゾルゲにソ連邦英雄勲章が授与される。
11月9日 池田勇人首相が病気により辞任。第1次佐藤榮作内閣が発足し池田内閣の全閣僚を再任。
11月12日 アメリカ海軍の原子力潜水艦「シードラゴン」が佐世保に初寄港。
11月15日 シンザンが菊花賞で勝利し、セントライト以来23年ぶり、日本競馬史上2頭目の三冠馬となる。
11月17日 公明党が結党大会。
11月24日 ドラゴン・ルージュ作戦を展開するベルギーのパラシュート部隊がコンゴ民主共和国のスタンリーヴィルに降り立ち、シンバの反乱(英語版)軍勢力に捕らえられていた人質を多数救出。
11月28日 アメリカの火星探査機「マリナー4号」が打ち上げ。
12月1日 マラウイ・マルタ・ザンビアが国連に加盟。
12月11日 チェ・ゲバラがキューバ主席として国連総会で演説。
12月12日 ケニア首相ジョモ・ケニヤッタが初代大統領に就任。
12月21日 元俳優の男が、仙台市の会社社長の三男の幼稚園児をニセ電話で呼び出し誘拐・殺害(仙台幼児誘拐殺人事件)。
12月23日 営団地下鉄東西線(現東京メトロ東西線)高田馬場駅 - 九段下駅間が開業。
12月25日 日本初の交直両用特急形電車481系がデビューし、それを使用した「雷鳥」「しらさぎ」が運行開始。
12月25日 立山黒部貫光設立。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA