2021年最新版
年齢早見表

1971年(昭和46年)生まれの人生年表・年齢早見表

1971年生まれの人は今何歳?

1971年生まれは和暦だと昭和46年生まれで、生まれ年の干支は亥(いのしし)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在50歳、誕生日を迎えていないなら現在49歳です。

1971年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和46年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
50 49

1971年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1978
昭和53年
7 小学校入学
1984
昭和59年
13 小学校卒業
中学校入学
1987
昭和62年
16 中学校卒業
高校入学
1990
平成2年
19 高校卒業
大学入学
1992
平成4年
21 短大卒業
1994
平成6年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1977
昭和52年
6 小学校入学
1983
昭和58年
12 小学校卒業
中学校入学
1986
昭和61年
15 中学校卒業
高校入学
1989
昭和64年平成元年
18 高校卒業
大学入学
1991
平成3年
20 短大卒業
1993
平成5年
22 大学卒業

1971年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1971
昭和46年
0 生誕
1972
昭和47年
1
1973
昭和48年
2
1974
昭和49年
3
1975
昭和50年
4
1976
昭和51年
5
1977
昭和52年
6 小学校入学(早生まれ)
1978
昭和53年
7 小学校入学(4-12月生)
1979
昭和54年
8
1980
昭和55年
9
1981
昭和56年
10
1982
昭和57年
11
1983
昭和58年
12 中学校入学(早生まれ)
1984
昭和59年
13 中学校入学(4-12月生)
1985
昭和60年
14
1986
昭和61年
15 高校入学(早生まれ)
1987
昭和62年
16 高校入学(4-12月生)
1988
昭和63年
17 前厄(女性)
1989
昭和64年平成元年
18 本厄(女性)
1990
平成2年
19 後厄(女性)
1991
平成3年
20
1992
平成4年
21
1993
平成5年
22
1994
平成6年
23 前厄(男性)
1995
平成7年
24 本厄(男性)
1996
平成8年
25 後厄(男性)
1997
平成9年
26
1998
平成10年
27
1999
平成11年
28
2000
平成12年
29
2001
平成13年
30
2002
平成14年
31 前厄(女性)
2003
平成15年
32 本厄(女性)
2004
平成16年
33 前厄(女性)
2005
平成17年
34
2006
平成18年
35 前厄(女性)
2007
平成19年
36 本厄(女性)
2008
平成20年
37 前厄(男性)
2009
平成21年
38
2010
平成22年
39
2011
平成23年
40 前厄(男性)
2012
平成24年
41 本厄(男性)
2013
平成25年
42 後厄(男性)
2014
平成26年
43
2015
平成27年
44
2016
平成28年
45
2017
平成29年
46
2018
平成30年
47
2019
平成31年令和元年
48
2020
令和2年
49
2021
今年
令和3年
50
2022
令和4年
51
2023
令和5年
52
2024
令和6年
53
2025
令和7年
54
2026
令和8年
55
2027
令和9年
56
2028
令和10年
57
2029
令和11年
58
2030
令和12年
59 前厄(男性)
2031
令和13年
60 本厄・還暦(男性)
2032
令和14年
61 後厄(男性)
2033
令和15年
62
2034
令和16年
63
2035
令和17年
64
2036
令和18年
65
2037
令和19年
66
2038
令和20年
67
2039
令和21年
68
2040
令和22年
69 古希
2041
令和23年
70
2042
令和24年
71
2043
令和25年
72
2044
令和26年
73
2045
令和27年
74
2046
令和28年
75
2047
令和29年
76 喜寿
2048
令和30年
77
2049
令和31年
78
2050
令和32年
79 傘寿
2051
令和33年
80
2052
令和34年
81
2053
令和35年
82
2054
令和36年
83
2055
令和37年
84
2056
令和38年
85
2057
令和39年
86
2058
令和40年
87 米寿
2059
令和41年
88
2060
令和42年
89 卒寿
2061
令和43年
90
2062
令和44年
91
2063
令和45年
92
2064
令和46年
93
2065
令和47年
94
2066
令和48年
95
2067
令和49年
96
2068
令和50年
97
2069
令和51年
98 白寿
2070
令和52年
99 紀寿
2071
令和53年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1971年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月2日 和歌山市新和歌浦の旅館・寿司由楼で火災が発生。31人が死傷(寿司由楼火災)。
1月2日 スコットランド・グラスゴーで行われたサッカーリーグ戦で将棋倒しが発生。66名が死亡(アイブロックスの惨事)。
1月3日 京都市立芸術大学南校舎から出火。木造教室など約1500㎡を全焼。隣接する智積院宝物殿にも飛び火した。
1月15日 ナイル川上流にアスワン・ハイ・ダムが完成。
1月17日 精進湖で氷が割れ、スケート客9人が死亡。
1月18日 運輸省が東北・上越・成田新幹線の基本計画を告示。
1月24日 グループ・サウンズ「ザ・タイガース」が日本武道館において解散コンサート。グループサウンズブームの終わりを象徴する。
1月25日 ウガンダでミルトン・オボテ大統領の外訪中に軍司令官イディ・アミンがクーデターを起こし、大統領に就任。
1月27日 葉山御用邸放火事件。
1月31日 3番目の有人月宇宙船「アポロ14号」が打ち上げ。
1月31日 『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送〈現:朝日放送テレビ〉制作、TBS系→テレビ朝日系)が放送開始。
2月2日 湿地の保護に関するラムサール条約が制定される。
2月4日 ロールス・ロイス社が経営破綻。
2月5日 アメリカの「アポロ14号」が月面に着陸。
2月6日 滋賀県に日本初のトルコ風呂が開店。
2月7日 スイスで国民投票により女性参政権を承認。
2月8日 NASDAQが証券取引を開始。
2月8日 ベトナム戦争: 南ベトナム軍がホーチミン・ルートの遮断を目的としてラオスに侵攻。(ラムソン719作戦)
2月9日 アポロ14号が地球に帰還。
2月11日 87か国が海底非核化条約に調印。
2月15日 イギリスの通貨制度の十進法への切り替えが完了。1ポンド=240ペンスが1ポンド=100ペンスに。(十進法の日(英語版))
2月16日 東大宇宙航空研が試験衛星「たんせい」を打上げ。
2月17日 真岡銃砲店襲撃事件
2月21日 ウィーンで向精神薬に関する条約が採択される。
2月22日 三里塚闘争: 成田空港建設予定地で第1回行政代執行開始。反対同盟と機動隊が衝突。
2月25日 カナダ初の原子力発電所・ピカリング原子力発電所が商用発電を開始。
2月26日 国連事務総長のウ・タントが、アースデイ宣言書に署名。
3月1日 五木ひろしが「よこはま・たそがれ」で再デビュー。
3月7日 国鉄が山手線の読み方を「やまのてせん」に統一。
3月7日 国鉄長野原線を吾妻線に改称、長野原(現在の長野原草津口) - 大前が延伸開業し全通。
3月13日 この日限りで神戸市電の最後の区間・板宿 - 三宮阪神前間が廃止。
3月26日 東パキスタンがバングラデシュとして独立。
3月26日 多摩ニュータウンで第一次入居開始。
3月29日 1968年のソンミ村虐殺事件の軍事法廷で、ウィリアム・カリー中尉に終身刑、他の13人に無罪の判決。
4月3日 NETテレビ(現在のテレビ朝日)で『仮面ライダー』の放送開始。
4月5日 フランスで当時非合法とされていた堕胎を受けた女性343名が合法化を求めた請願書を公表。(343人のマニフェスト)
4月7日 名古屋で開かれた世界卓球選手権に中華人民共和国チームが初参加。これをきっかけに、中国がアメリカチームを中国に正式招待し、ピンポン外交の始まりとなる。
4月15日 朝鮮中央放送の開城テレビジョン放送が放送開始。
4月16日 昭和天皇・皇后が広島の原爆死没者慰霊碑に初めて参拝。
4月16日 群馬テレビ(GTV)開局。
4月17日 シエラレオネが共和制に移行。
4月19日 ソビエト連邦が世界初の宇宙ステーション「サリュート1号」を打ち上げる。
4月19日 シエラレオネが英連邦王国から共和制に移行する。
4月20日 国鉄常磐線の綾瀬駅 - 我孫子駅間で複々線化が完成。同時に帝都高速度交通営団千代田線と相互直通運転を開始。
4月27日 大韓民国大統領選挙で朴正煕が三選。
5月1日 千葉テレビ放送開局。
5月1日 アムトラック発足。
5月12日 田畑百貨店火災。
5月14日 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。
5月19日 ソ連が火星探査機「マルス2号」を打上げ。
5月22日 びわ湖放送設立。
5月26日 オーストリアと中華人民共和国が外交関係を樹立。
5月30日 アメリカで火星探査機「マリナー9号」打上げ。
6月1日 立山黒部アルペンルートが全通。
6月5日 新宿副都心初の高層ビルとして、京王プラザホテルが開業。
6月6日 ソ連で3人乗りの宇宙船ソユーズ11号打ち上げ。翌日、軌道科学ステーションサリュートにドッキング。
6月6日 ベトナム戦争: ロンカンの戦い(英語版)
6月6日 米CBSで1948年から放送されていた長寿バラエティ番組『エド・サリヴァン・ショー』最後の放送。
6月13日 ベトナム戦争: ニューヨーク・タイムズがペンタゴン・ペーパーズを掲載。
6月17日 沖縄返還協定に調印。衛星中継によりワシントンと沖縄で同時に行われる。
6月17日 明治公園爆弾事件。37人の機動隊員が重軽傷を負う。
6月27日 第9回参議院議員通常選挙
6月30日 ソ連のソユーズ11号が帰還時の事故で宇宙飛行士3名死亡。
6月30日 イタイイタイ病訴訟で富山地裁が原告住民勝訴の判決を下す。被告の三井金属鉱業は即日控訴。
6月30日 九州自動車道が九州縦貫自動車道として植木IC-熊本IC間で開通。
7月1日 環境庁発足。
7月3日 ばんだい号墜落事故。北海道横津岳に東亜国内航空(現・日本航空)のYS-11ばんだい号が墜落。
7月4日 濃霧の熊野灘で海難事故が続出。貨物船同士の衝突7件、沈没2隻。一連の事故の死者・行方不明者は11人。これとは別に姫路港と小豆島を結ぶフェリーと貨物船が家島沖合で衝突、乗客12人が重軽傷。
7月7日 大阪市で佐治敬三らが関西公共広告機構(現・ACジャパン)を設立。
7月9日 キッシンジャーアメリカ大統領補佐官が極秘裏に訪中し、翌年5月までにニクソン大統領が訪中することを決定。
7月11日 チリ議会が国内の銅山の国有化を決定。
7月11日 北陸鉄道動橋線が全線廃止。
7月14日 パプアニューギニアでマグニチュード(Mw)8.3の地震が発生し2人が死亡。26日にもMw 8.0の大きな余震が発生。
7月16日 7月16日から18日にかけて、兵庫県相生市や佐用町周辺で局地的な大雨が降る。相生市では河川の増水により橋が流失。土砂災害も相次ぎ、死者19人、重傷者26人の被害となった(相生豪雨)。
7月17日 日本プロ野球のオールスターゲーム第1戦(西宮)で、全セ先発の江夏豊(阪神)が9者連続奪三振(江夏のオールスター9連続奪三振)を達成、最終的に全セは継投によるノーヒットノーランも達成した。
7月17日 今井通子がグランド・ジョラス北壁に登頂。女性初のアルプス三大北壁登頂を達成。
7月20日 マクドナルド日本1号店が東京銀座の三越内に開店。
7月20日 国産初の超音速航空機であるT-2が初飛行を行った。
7月22日 熊本県で集中豪雨。小川町内で砂川が氾濫して2戸が流出。死者6人。
7月26日 アメリカの有人月宇宙船アポロ15号が打ち上げ。
7月30日 岩手県雫石町上空で全日空機と自衛隊機が空中衝突。162人が死亡。(全日空機雫石衝突事故)
7月30日 アメリカの有人月宇宙船「アポロ15号」が月面着陸。初めて月面車が使われる。
7月31日 加賀市沖不審船事件。
8月6日 佐藤榮作首相が現職首相で初めて広島平和式典に出席。
8月7日 警視総監公舎爆破未遂事件。
8月7日 アメリカの有人月宇宙船アポロ15号が地球に帰還。
8月10日 アメリカ野球学会が発足。
8月11日 那覇市で暴動発生(波上騒動)。
8月14日 バーレーンがイギリスからの独立を発表。
8月14日 フィリップ・ジンバルドーがスタンフォード大学の模擬監獄でスタンフォード監獄実験を開始。
8月15日 ニクソン・ショック。ニクソン米大統領が金とドルの交換の一時停止を発表。
8月15日 韓国・ソウル特別市の清渓高架道路が開通。
8月17日 第2次コザ事件発生
8月18日 ベトナム戦争: オーストラリア・ニュージーランドがベトナムからの撤兵を宣言。
8月21日 朝霞自衛官殺害事件: 朝霞駐屯地で自衛官が新左翼によって殺害される。
8月23日 実尾島事件。韓国が実尾島(シルミド)で訓練を行っていた特殊部隊員が反乱を起こす。
8月28日 8月15日のドルショックを受け、暫定的に円の変動相場制を実施。
9月1日 オープン懸賞広告規制施行(2006年廃止)。
9月3日 カタールがイギリスから独立。
9月4日 アラスカ航空1866便墜落事故
9月5日 欧陽菲菲がシングル「雨の御堂筋」で歌手デビュー。
9月5日 東京都新川の水門が故障して一時的に開放状態となる。折からの高潮、満潮が重なり船堀など新川一帯の約3000戸が床下浸水。
9月8日 林彪事件: 中国共産党の林彪副主席による毛沢東暗殺計画が失敗。13日、飛行機で逃亡中に墜落死。
9月8日 ワシントンD.C.に総合文化施設ジョン・F・ケネディ・センターが竣工。
9月9日 アッティカ刑務所暴動が発生する。
9月13日 林彪事件: クーデターに失敗した林彪と家族・側近らが飛行機でソ連へ逃亡中に、モンゴル人民共和国内の砂漠で墜落死。
9月16日 成田空港問題:第二次代執行が始まり 東峰十字路事件が発生する。
9月18日 日清食品が世界初のカップ麺「カップヌードル」を発売。
9月21日 バーレーン、ブータン、カタールが国連に加盟。
9月24日 廃棄物の処理及び清掃に関する法律が施行。(清掃の日)
9月27日 昭和天皇・皇后がヨーロッパ7か国訪問に出発。天皇の外国訪問は史上初。
9月28日 東大宇宙航空研が第1号科学衛星「しんせい」を打ち上げ。
9月28日 美濃部亮吉東京都知事が都議会でゴミ処理危機を訴える「ゴミ戦争宣言」を行う。
9月29日 第二水俣病訴訟で新潟地裁は昭和電工に賠償金の支払いを命じる判決を出す。
10月1日 第一銀行と日本勧業銀行が合併し、第一勧業銀行が発足。
10月1日 アメリカ・フロリダ州オーランドにウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが開園。
10月3日 日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』が放送開始。
10月3日 東京都八王子市で日本初のノーカーデーが実施される。
10月7日 オマーンが国連に加盟。
10月10日 NHKが総合テレビの全放送時間をカラー化。
10月12日 ペルセポリスでイラン建国二千五百年祭典がはじまり、16日まで行事が続いた。
10月25日 アルバニア決議により中華人民共和国(中国大陸)が国際連合に加盟して常任理事国となる。中華民国(台湾)は国連を脱退。
10月25日 近鉄大阪線列車衝突事故が発生。
10月27日 コンゴ民主共和国が国号をザイール共和国に改称。
10月28日 イギリスが国産ロケットブラック・アローにより人工衛星「プロスペロ」を打ち上げ。
11月1日 『テレビマガジン』創刊号発売。
11月11日 川崎ローム斜面崩壊実験事故。国立防災科学センターなどが川崎市で行った防災実験でがけ崩れ、15人が死亡。
11月14日 アメリカの火星探査機「マリナー9号」が火星周回軌道に到達。初の地球以外の惑星を回る人工衛星となる。
11月14日 中核派が渋谷で暴動を起こし、警官1人が死亡。(渋谷暴動事件)
11月14日 青函トンネルで北海道側の本坑の起工式。
11月15日 インテルが世界初のマイクロプロセッサ4004の発売を開始。
11月17日 衆議院沖縄返還協定特別委員会で自民党が沖縄返還協定を強行採決。
11月19日 沖縄返還協定の強行採決に対し全国883か所で抗議デモ。1800人が逮捕。日比谷公園でのデモで園内のレストラン松本楼が放火され全焼。
11月19日 国産初の超音速航空機であるT-2が試験飛行で国産の航空機として初めて音速を越える。
11月20日 中華航空825便爆破事件
11月24日 アメリカでハイジャック「D.B.クーパー事件」発生。犯人は身代金20万ドルを持ってパラシュートで脱出、逃亡。未解決事件となる。
11月27日 ソ連の火星探査機「マルス2号」が火星に到達。
11月28日 上越新幹線・東北新幹線の起工式。
12月2日 ペルシャ湾岸の6つの首長国によりアラブ首長国連邦が成立。
12月3日 第三次印パ戦争勃発。
12月4日 スイス・モントルーのモントルー・カジノ(英語版)で行われたフランク・ザッパのコンサートで、観客が撃った照明弾により火災が発生。ディープ・パープルの楽曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の題材となる。
12月9日 アラブ首長国連邦が国連に加盟。
12月11日 アメリカ合衆国でリバタリアン党発足。
12月12日 興亜観音・殉国七士之碑爆破事件起こる。
12月16日 第三次印パ戦争が終結。パキスタンがバングラデシュの独立を承認。
12月16日 札幌市営地下鉄の最初の開業区間、南北線の北24条駅 - 真駒内駅間が開業。日本初のゴムタイヤ式地下鉄。
12月18日 スミソニアン博物館での先進十カ国の蔵相会議の結果、USドルと各国通貨との交換レートの見直しで合意(スミソニアン協定)、1USドル=308円に切り上げられる。
12月18日 土田邸ピース缶爆弾事件。警視庁警務部長の妻が死亡。
12月18日 キャピトル・リーフ国立公園設立。
12月21日 三崎事件。
12月21日 首都高速3号渋谷線・渋谷 - 東名東京ICが開通し、首都高速道路と東名高速道路が接続。同時に首都高速3号渋谷線と東名高速道路が全線開通。
12月24日 新宿クリスマスツリー爆弾事件発生。四谷警察署追分派出所近くのクリスマスツリーに隠された爆弾が爆発。警察官と通行人が重軽傷。
12月25日 国鉄臼ノ浦線・世知原線がこの日の運行限りで廃止。
12月27日 群馬県草津温泉スキー場の殺生河原で、スキーヤー6人が火山ガスにより中毒死。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA