2021年最新版
年齢早見表

1956年(昭和31年)生まれの人生年表・年齢早見表

1956年生まれの人は今何歳?

1956年生まれは和暦だと昭和31年生まれで、生まれ年の干支は申(さる)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在65歳、誕生日を迎えていないなら現在64歳です。

1956年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和31年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
65 64

1956年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1963
昭和38年
7 小学校入学
1969
昭和44年
13 小学校卒業
中学校入学
1972
昭和47年
16 中学校卒業
高校入学
1975
昭和50年
19 高校卒業
大学入学
1977
昭和52年
21 短大卒業
1979
昭和54年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1962
昭和37年
6 小学校入学
1968
昭和43年
12 小学校卒業
中学校入学
1971
昭和46年
15 中学校卒業
高校入学
1974
昭和49年
18 高校卒業
大学入学
1976
昭和51年
20 短大卒業
1978
昭和53年
22 大学卒業

1956年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1956
昭和31年
0 生誕
1957
昭和32年
1
1958
昭和33年
2
1959
昭和34年
3
1960
昭和35年
4
1961
昭和36年
5
1962
昭和37年
6 小学校入学(早生まれ)
1963
昭和38年
7 小学校入学(4-12月生)
1964
昭和39年
8
1965
昭和40年
9
1966
昭和41年
10
1967
昭和42年
11
1968
昭和43年
12 中学校入学(早生まれ)
1969
昭和44年
13 中学校入学(4-12月生)
1970
昭和45年
14
1971
昭和46年
15 高校入学(早生まれ)
1972
昭和47年
16 高校入学(4-12月生)
1973
昭和48年
17 前厄(女性)
1974
昭和49年
18 本厄(女性)
1975
昭和50年
19 後厄(女性)
1976
昭和51年
20
1977
昭和52年
21
1978
昭和53年
22
1979
昭和54年
23 前厄(男性)
1980
昭和55年
24 本厄(男性)
1981
昭和56年
25 後厄(男性)
1982
昭和57年
26
1983
昭和58年
27
1984
昭和59年
28
1985
昭和60年
29
1986
昭和61年
30
1987
昭和62年
31 前厄(女性)
1988
昭和63年
32 本厄(女性)
1989
昭和64年平成元年
33 前厄(女性)
1990
平成2年
34
1991
平成3年
35 前厄(女性)
1992
平成4年
36 本厄(女性)
1993
平成5年
37 前厄(男性)
1994
平成6年
38
1995
平成7年
39
1996
平成8年
40 前厄(男性)
1997
平成9年
41 本厄(男性)
1998
平成10年
42 後厄(男性)
1999
平成11年
43
2000
平成12年
44
2001
平成13年
45
2002
平成14年
46
2003
平成15年
47
2004
平成16年
48
2005
平成17年
49
2006
平成18年
50
2007
平成19年
51
2008
平成20年
52
2009
平成21年
53
2010
平成22年
54
2011
平成23年
55
2012
平成24年
56
2013
平成25年
57
2014
平成26年
58
2015
平成27年
59 前厄(男性)
2016
平成28年
60 本厄・還暦(男性)
2017
平成29年
61 後厄(男性)
2018
平成30年
62
2019
平成31年令和元年
63
2020
令和2年
64
2021
今年
令和3年
65
2022
令和4年
66
2023
令和5年
67
2024
令和6年
68
2025
令和7年
69 古希
2026
令和8年
70
2027
令和9年
71
2028
令和10年
72
2029
令和11年
73
2030
令和12年
74
2031
令和13年
75
2032
令和14年
76 喜寿
2033
令和15年
77
2034
令和16年
78
2035
令和17年
79 傘寿
2036
令和18年
80
2037
令和19年
81
2038
令和20年
82
2039
令和21年
83
2040
令和22年
84
2041
令和23年
85
2042
令和24年
86
2043
令和25年
87 米寿
2044
令和26年
88
2045
令和27年
89 卒寿
2046
令和28年
90
2047
令和29年
91
2048
令和30年
92
2049
令和31年
93
2050
令和32年
94
2051
令和33年
95
2052
令和34年
96
2053
令和35年
97
2054
令和36年
98 白寿
2055
令和37年
99 紀寿
2056
令和38年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1956年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月1日 スーダンがイギリス・エジプトの共同統治から独立。
1月1日 弥彦神社事件。新潟県彌彦神社の新春餅まきに初詣客が殺到し、124人が圧死。
1月2日 箱根駅伝がこの年から2日に往路、3日に復路の開催となる。
1月4日 アメリカ政府が在日米地上軍の削減を発表。
1月5日 モナコ大公レーニエ3世と女優グレース・ケリーとの婚約が発表される。
1月18日 銀座弁護士妻子殺人事件
1月20日 将棋の王将戦で升田幸三が大山康晴名人を相手に香を引いて勝利。
1月26日 第7回冬季オリンピック、コルチナ・ダンペッツォ大会開催。2月5日まで。
1月28日 「万国著作権条約」が日本で公布。
1月31日 コルチナ=ダンペッツォ冬季五輪のスキー回転で猪谷千春が銀メダルを獲得。冬季オリンピックで日本初のメダル。
2月1日 「自動車損害賠償保障法」(自賠責法)施行。自賠責保険の強制加入を実施。
2月2日 京阪神急行電鉄宝塚線庄内駅において、車両故障時の対応の不手際から、激怒した乗客が線路を封鎖して電車を止める。(庄内事件)
2月6日 出版社では初の週刊誌となる『週刊新潮』(2月19日号)が新潮社から創刊。
2月14日 ソ連共産党第20回大会開会。最終日にフルシチョフがスターリン批判を行う。
2月14日 財団法人日本文化放送協会から、株式会社文化放送に放送局(現特定地上基幹放送局)の免許が承継される。
2月23日 東京中日新聞(現:東京中日スポーツ)創刊。
2月25日 ソ連共産党第20回大会において、フルシチョフ第一書記がスターリン批判の演説を行う。
3月1日 東ドイツで国家人民軍創設。
3月2日 モロッコがフランスからの独立を宣言。
3月10日 福岡県小倉で「丸和フードセンター」開店。セルフサービス・低価格大量販売の総合食料品店という意味で日本初のスーパーマーケット。
3月15日 ニューヨークでブロードウェイミュージカル『マイ・フェア・レディ』の公演開始。
3月20日 チュニジアがフランスから独立。
3月23日 パキスタンが世界初のイスラム教徒による共和国となる。
4月5日 自由民主党党大会で初代総裁に鳩山一郎を選出。
4月7日 スペインが、セウタ・メリリャ・イフニ・タルファヤを除くモロッコにある保護領を放棄。
4月16日 日本道路公団設立。
4月17日 コミンフォルムが解散。
4月18日 モナコ大公レーニエ3世がアメリカの映画俳優グレース・ケリーと結婚。
4月24日 17世紀に沈没したスウェーデンの戦列艦「ヴァーサ」が引き上げられる。
4月25日 台風3号が大隅半島に上陸。これは、1951年の統計開始以降、台風の史上最も早い上陸である。
4月26日 日本で「首都圏整備法」公布。
4月29日 日ソ漁業交渉開始。
5月1日 新日本窒素(現在のチッソ)水俣工場附属病院が「原因不明の中枢神経疾患多発」と保健所に報告。「水俣病」の発見。
5月2日 毛沢東が百花斉放百家争鳴を提唱。
5月3日 東京・蔵前国技館で第1回世界柔道選手権開催。
5月9日 今西壽雄ら日本登山隊がヒマラヤ山脈のマナスルに世界初登頂。
5月17日 石原慎太郎原作の映画『太陽の季節』が封切り。石原裕次郎が映画デビュー。
5月18日 世界4番目の高峰ローツェ主峰がスイス隊により初登頂。
5月19日 科学技術庁設置。
5月20日 アメリカ合衆国がビキニ環礁で初めての水爆投下実験。(レッドウィング作戦)
5月24日 売春防止法公布。
5月24日 ルガーノでユーロビジョン・ソング・コンテスト開催。
5月31日 川上哲治が通算2,000本安打を達成。
6月15日 棟方志功がヴェネツィア・ビエンナーレ版画部門でグランプリを受賞。
6月28日 ポーランドのポズナンで労働者による暴動(ポズナン暴動)。
6月29日 アメリカ合衆国で連邦補助高速道路法が施行される。
6月30日 グランドキャニオン空中衝突事故
7月7日 世界第13位の高峰ガッシャーブルムII峰がフリッツ・モラベックにより初登頂。
7月8日 日本で第4回参議院議員通常選挙が行われる。
7月17日 「もはや戦後ではない」の文言が記された『経済白書』が発表され、経済面での戦後は終わったと宣言。
7月26日 エジプトのガマール・アブドゥン=ナーセル大統領がスエズ運河の国有化を宣言。これにイギリス・フランスが反発し、第二次中東戦争(スエズ動乱)のきっかけとなる。
8月1日 道路交通法改正により、第二種運転免許導入。
8月10日 東海村で日本原子力研究所東海研究所が起工。
8月10日 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)結成。
8月30日 スターリン批判を受け、北朝鮮で同国の幹部が最高指導者金日成の個人崇拝や工業政策を批判。(8月宗派事件)
9月9日 エルヴィス・プレスリーがエド・サリヴァン・ショーに初出演し、視聴率82.6%を記録する。
9月10日 富山県魚津市で魚津大火が発生。
9月13日 IBMがIBM 305 RAMACの一部として世界初のハードディスクドライブIBM 350を発表。
9月17日 オーストラリアでテレビ放送開始。
9月27日 関西本線関 - 加太間で列車が土砂崩れに巻き込まれ客車1両が川に転落。(関西本線列車脱線水没事故)
10月8日 ニューヨーク・ヤンキースの投手ドン・ラーセンがワールドシリーズ初の完全試合を達成。
10月11日 比叡山延暦寺に賽銭泥棒が放火。大講堂・本尊の大日如来像などが焼失。
10月12日 砂川事件: 立川基地拡張の為の砂川町第二次強制測量で警官と反対派が衝突。14日に政府が測量を断念。
10月15日 六軒事故。参宮線六軒駅で列車衝突事故が起き42名が死亡。
10月16日 パンアメリカン航空006便不時着水事故。
10月17日 イギリスで西側における初の商用原子力発電所コールダーホール原子力発電所が運転開始。
10月19日 日本首相鳩山一郎とソ連首相ニコライ・ブルガーニンがモスクワで日ソ共同宣言に調印。両国の国交が回復。
10月23日 ハンガリー動乱: ハンガリーの首都ブダペストでソ連軍の撤退などを求める20万人のデモ隊が治安警察と衝突。
10月23日 フランス保護領ザールで住民投票が行われ、西ドイツ復帰支持が多数を占める。
10月28日 戦中に解体された大阪市の通天閣が再建。
10月29日 第二次中東戦争(スエズ戦争)が勃発。
11月4日 ハンガリー動乱: ソ連軍が首都・ブダペストを制圧し、親ソ派のカダル政権が成立。
11月6日 1956年アメリカ合衆国大統領選挙の投票が行われ、ドワイト・D・アイゼンハワーが再選。
11月8日 南極観測船「宗谷」により、日本初の南極観測隊(南極地域観測予備隊)が南極に向けて東京港を出航。
11月12日 モロッコ・スーダン・チュニジアが国連に加盟。
11月13日 モンゴメリー・バス・ボイコット事件: アメリカ連邦最高裁判所がアラバマ州モンゴメリーの人種隔離政策に対して違憲判決。
11月18日 ニキータ・フルシチョフが、ポーランド大使館で西側外交団に対し「好むと好まざるとに関わらず、歴史は我々に味方する!貴様らにいずれクージカのお袋さんを見せてやる!(="葬り去ってやる!" We will bury you! )」と発言。
11月19日 東海道本線全線電化が完成。ダイヤ改正も同時実施。それにともない、「青大将」塗色のつばめデビュー、汐留駅 - 梅田駅間でコンテナ列車運転開始。
11月22日 第16回夏季オリンピック、メルボルン大会開催。12月8日まで。
11月28日 韓国外務部長官代理曺正煥がソウルで米駐韓大使ダウリング(en:Walter C. Dowling)と米韓友好通商航海条約を締結する。
12月1日 中部日本放送(CBC、現在のテレビ事業は株式会社CBCテレビが運営)テレビジョン、大阪テレビ放送(OTV、現・朝日放送テレビジョン)開局。
12月2日 キューバ革命: フィデル・カストロ、チェ・ゲバラらがグランマ号でキューバに再上陸。
12月6日 メルボルンオリンピック: メルボルンの流血戦
12月8日 新宿歌舞伎町に新宿コマスタジアム(コマ劇場)が開場。
12月12日 日本の国連加盟が国際連合安全保障理事会決議121の全会一致で決定。
12月18日 日本が国連に加盟。
12月23日 石橋湛山内閣が発足。組閣が遅れ、首相の石橋湛山が一時全閣僚を兼任。
12月23日 競馬の第1回中山グランプリ(翌年より有馬記念に改称)を中山競馬場で開催。
12月26日 シベリア抑留からの引揚げ船・興安丸最後の一便が舞鶴港に入港。
12月27日 日本放送協会 (NHK) と日本テレビにカラーテレビの実験放送許可が下りる。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA