2021年最新版
年齢早見表

2002年(平成14年)生まれの人生年表・年齢早見表

2002年生まれの人は今何歳?

2002年生まれは和暦だと平成14年生まれで、生まれ年の干支は午(うま)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在19歳、誕生日を迎えていないなら現在18歳です。 また、今年は後厄(女性)の年となります。

2002年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
平成14年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
19 18

2002年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
2009
平成21年
7 小学校入学
2015
平成27年
13 小学校卒業
中学校入学
2018
平成30年
16 中学校卒業
高校入学
2021
令和3年
19 高校卒業
大学入学
2023
令和5年
21 短大卒業
2025
令和7年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
2008
平成20年
6 小学校入学
2014
平成26年
12 小学校卒業
中学校入学
2017
平成29年
15 中学校卒業
高校入学
2020
令和2年
18 高校卒業
大学入学
2022
令和4年
20 短大卒業
2024
令和6年
22 大学卒業

2002年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
2002
平成14年
0 生誕
2003
平成15年
1
2004
平成16年
2
2005
平成17年
3
2006
平成18年
4
2007
平成19年
5
2008
平成20年
6 小学校入学(早生まれ)
2009
平成21年
7 小学校入学(4-12月生)
2010
平成22年
8
2011
平成23年
9
2012
平成24年
10
2013
平成25年
11
2014
平成26年
12 中学校入学(早生まれ)
2015
平成27年
13 中学校入学(4-12月生)
2016
平成28年
14
2017
平成29年
15 高校入学(早生まれ)
2018
平成30年
16 高校入学(4-12月生)
2019
平成31年令和元年
17 前厄(女性)
2020
令和2年
18 本厄(女性)
2021
今年
令和3年
19 後厄(女性)
2022
令和4年
20
2023
令和5年
21
2024
令和6年
22
2025
令和7年
23 前厄(男性)
2026
令和8年
24 本厄(男性)
2027
令和9年
25 後厄(男性)
2028
令和10年
26
2029
令和11年
27
2030
令和12年
28
2031
令和13年
29
2032
令和14年
30
2033
令和15年
31 前厄(女性)
2034
令和16年
32 本厄(女性)
2035
令和17年
33 前厄(女性)
2036
令和18年
34
2037
令和19年
35 前厄(女性)
2038
令和20年
36 本厄(女性)
2039
令和21年
37 前厄(男性)
2040
令和22年
38
2041
令和23年
39
2042
令和24年
40 前厄(男性)
2043
令和25年
41 本厄(男性)
2044
令和26年
42 後厄(男性)
2045
令和27年
43
2046
令和28年
44
2047
令和29年
45
2048
令和30年
46
2049
令和31年
47
2050
令和32年
48
2051
令和33年
49
2052
令和34年
50
2053
令和35年
51
2054
令和36年
52
2055
令和37年
53
2056
令和38年
54
2057
令和39年
55
2058
令和40年
56
2059
令和41年
57
2060
令和42年
58
2061
令和43年
59 前厄(男性)
2062
令和44年
60 本厄・還暦(男性)
2063
令和45年
61 後厄(男性)
2064
令和46年
62
2065
令和47年
63
2066
令和48年
64
2067
令和49年
65
2068
令和50年
66
2069
令和51年
67
2070
令和52年
68
2071
令和53年
69 古希
2072
令和54年
70
2073
令和55年
71
2074
令和56年
72
2075
令和57年
73
2076
令和58年
74
2077
令和59年
75
2078
令和60年
76 喜寿
2079
令和61年
77
2080
令和62年
78
2081
令和63年
79 傘寿
2082
令和64年
80
2083
令和65年
81
2084
令和66年
82
2085
令和67年
83
2086
令和68年
84
2087
令和69年
85
2088
令和70年
86
2089
令和71年
87 米寿
2090
令和72年
88
2091
令和73年
89 卒寿
2092
令和74年
90
2093
令和75年
91
2094
令和76年
92
2095
令和77年
93
2096
令和78年
94
2097
令和79年
95
2098
令和80年
96
2099
令和81年
97
2100
令和82年
98 白寿
2101
令和83年
99 紀寿
2102
令和84年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

2002年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月1日 ユーロ圏内でユーロ紙幣とユーロ硬貨が流通開始。
1月1日 中華民国が「台湾・澎湖・金門・馬祖独立関税領域」として世界貿易機関(WTO)に加盟。
1月1日 ドイツ改革債務法施行。
1月15日 三和銀行と東海銀行が合併し、UFJ銀行が誕生(現在の三菱UFJ銀行)。
1月17日 コンゴ民主共和国東部のニーラゴンゴ山が噴火。45人が死亡し、近隣住民約35万人が避難。
1月18日 シエラレオネ内戦が終結。
1月21日 全日本空輸のエアバスA321型機が函館空港で操縦ミスによる着陸事故。3人負傷。(全日空391便函館空港着陸失敗事故)
1月22日 三島女子短大生焼殺事件が発生。別件で服役中の元建設作業員の男が同年7月23日に逮捕される。
1月23日 BSE感染牛肉の買い取り制度をめぐって雪印食品が牛肉表示を偽装していたことが発覚(雪印牛肉偽装事件)。
1月29日 アメリカ合衆国大統領ジョージ・ウォーカー・ブッシュが一般教書演説で北朝鮮・イラク・イランを「悪の枢軸」と名指し発言。
1月29日 首相の小泉純一郎が外務大臣の田中眞紀子を更迭。
2月1日 小泉純一郎首相が田中眞紀子外相を更迭。
2月2日 茨城県守谷市が市制施行。
2月8日 第19回冬季オリンピック、ソルトレイクシティ大会開催。2月24日まで。
2月14日 アフガニスタンのアブドゥール・ラフマン航空観光相がカブール国際空港で群衆に取り囲まれ撲殺される。
2月17日 横浜ドリームランドが閉園。
2月19日 アメリカの火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」が火星の観測を開始。
2月22日 マイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox」を日本で発売。
2月22日 JR九州鹿児島本線海老津駅 - 教育大前駅間で列車衝突事故
2月23日 コロンビアでイングリッド・ベタンクールが誘拐される。ベタンクールは6年半後の2008年7月2日に救出。
2月28日 欧州連合 (EU) が通貨のユーロへの切替えを完了し、12か国における旧通貨の流通を終了。
3月1日 欧州宇宙機関 (ESA) の地球観測衛星「Envisat」が打ち上げられる。
3月1日 スペインでペセタの通貨単位としての使用を停止。
3月6日 北九州監禁殺人事件で、事件発覚の発端となる少女の監禁事件が明るみに出る。
3月16日 フランス マルヌ・ラ・ヴァレにディズニーランド・パリに次ぐ2つ目のテーマパーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークが開園。
3月19日 アメリカのアフガニスタン侵攻:ターリバーンやアルカーイダを多数殺害し、アナコンダ作戦が終了。
3月30日 産経新聞が東京本社管内での夕刊発行を廃止、大阪新聞が廃刊。
3月31日 向ヶ丘遊園が閉園。
3月31日 長野電鉄河東線の信州中野駅 - 木島駅間(通称:長野電鉄木島線)が廃止。
4月1日 みずほ銀行、みずほコーポレート銀行が発足。初日からコンピュータシステムのトラブルが相次ぐ。
4月1日 DV防止法が全面施行。
4月1日 学習指導要領の見直しが図られ、完全週5日制のゆとり教育スタート。
4月5日 テレビ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』が「同一司会者により最も多く放送された生バラエティ番組」としてギネスブックに認定される。
4月6日 多くの公立小・中学校、高等学校にて学校週5日制を適用。
4月15日 中国国際航空129便墜落事故。北京発釜山行きの中国国際航空129便ボーイング767型機が金海国際空港への着陸進入中に墜落、乗員乗客128名が死亡。
4月18日 新東京国際空港(現成田国際空港)において暫定平行滑走路の供用開始。
4月22日 新首相官邸が開館。
4月25日 最高裁判所で「ゲームソフトは著作権法上の映画の著作物に該当するが、その頒布権は消滅するので中古品売買は自由に行うことが出来る」とする判決が下される。
4月26日 エアフルト事件。ドイツ・テューリンゲン州のエアフルトで少年が17人を殺害した後自殺。
4月30日 パキスタンでの国民投票で、ペルベズ・ムシャラフの国家主席職5年延長を圧倒的多数で承認。
5月6日 ジャン=ピエール・ラファランがフランス首相に就任。
5月6日 オランダの政治家ピム・フォルタインが暗殺される。
5月7日 中国北方航空6136便放火墜落事件
5月8日 北朝鮮亡命者が中国瀋陽にある日本国総領事館へ駆け込む事件が発生。
5月20日 東ティモールがインドネシアから独立。シャナナ・グスマンが初代大統領に、マリ・アルカティリが初代首相に就任。
5月22日 トヨタ・アルファードが発売開始。
5月24日 アメリカとロシアが戦略的攻撃能力の削減に関する「モスクワ条約」に調印。
5月25日 台湾海峡の上空でチャイナエアライン611便空中分解事故が起こる。
5月25日 南海和歌山港線の末端部分和歌山港駅 - 水軒駅間がこの日の運行を最後に廃止。
5月28日 東アジアサッカー連盟設立。
5月28日 経済団体連合会(経団連)と日本経営者団体連盟(日経連)が統合され、日本経済団体連合会(日本経団連)が発足。
5月31日 FIFAワールドカップ 韓国・日本大会が韓国・ソウルで開幕。6月30日まで。
5月31日 京都議定書が日本の国会で承認。
6月4日 サッカー日本代表が、埼玉スタジアム2002で行われた2002 FIFAワールドカップ対ベルギー戦で2-2で引き分け、日本代表としてワールドカップ史上初の勝点を挙げる。
6月5日 Mozilla 1.0リリース。
6月6日 東地中海隕石爆発。東地中海上空で、小天体が爆発。
6月9日 サッカー日本代表が、FIFAワールドカップで1-0でロシアに勝ち、ワールドカップ初勝利。
6月11日 アメリカ合衆国議会が決議案269によってアントニオ・メウッチを電話の発明者と認める。
6月13日 アメリカ合衆国が弾道弾迎撃ミサイル制限条約を脱退する。
6月13日 議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件
6月14日 2002 FIFAワールドカップで、サッカー日本代表が、大阪市長居陸上競技場でチュニジアを2-0で下し、グループHを2勝1引分の1位で通過、日本代表が初めてノックアウトステージ進出を決める。
6月19日 アフガニスタンのロヤ・ジルガ(大会議)によりアフガニスタン・イスラム移行国が成立。アフガニスタン暫定行政機構のハーミド・カルザイ議長が大統領に就任。
6月19日 鈴木宗男事件: 衆議院議員の鈴木宗男が斡旋収賄の容疑で逮捕。
6月21日 やまりん事件で逮捕された鈴木宗男に対して衆議院本会議で議員辞職勧告決議が可決。日本国憲法下で衆議院議員への議員辞職勧告決議が初の可決。
6月23日 岡山県新見市で初の電子投票による市議会議員・市長選挙。
6月29日 第2延坪海戦。黄海上で北朝鮮と韓国の艦艇による銃撃戦。合わせて19人が死亡。
6月30日 5月31日から行われていたFIFAワールドカップ 日本・韓国大会決勝戦が横浜国際総合競技場で行われ、ブラジルがドイツを2-0で下し、史上最多の5回目の優勝を果たす。
7月1日 読売新聞社がグループ再編、持株会社として読売新聞グループ本社発足。
7月1日 ローマ規程発効により、国際刑事裁判所が設置される。
7月1日 ユーバーリンゲン空中衝突事故発生。
7月2日 スティーヴ・フォセットが世界初の気球による単独世界一周飛行を達成。
7月9日 アフリカ連合が発足。
7月11日 気象庁が、民間気象事業者に対して、携帯電話サイトを作らないこと及びインターネットによるデータのダウンロードサービスを行わないことを約束する。
7月12日 使用済自動車の再資源化等に関する法律が制定される。
7月19日 群馬女子高生誘拐殺人事件が発生。群馬県勢多郡大胡町(現:前橋市)で帰宅途中の女子高生が男に誘拐・強姦された末に殺害され、遺体を赤城山の山中(宮城村柏倉 / 現:前橋市柏倉町)に遺棄された(7月23日に発覚)。
7月23日 パリ条約の失効により欧州石炭鉄鋼共同体が解散。機能は欧州共同体が引き継ぐ。
7月24日 自民党有志(例外的に夫婦の別姓を実現させる会)、家裁の許可を要件とする例外的夫婦別氏制度(いわゆる家裁許可制)の民法改正案を自民党法務部会に提出。
7月27日 リヴィウ航空ショー墜落事故
7月30日 アメリカで上場企業会計改革および投資家保護法(サーベンス・オクスリー法)が成立。
8月1日 中日ドラゴンズの川上憲伸が巨人戦でノーヒットノーランを達成。
8月5日 住民基本台帳ネットワークの運用開始。
8月5日 マブチモーター社長宅殺人放火事件。マブチモーター社長の妻と長女が自宅で絞殺され放火される。
8月6日 AKS素数判定法がインド工科大学の教授と学生3名の連名の論文で発表。
8月7日 アメリカ独立戦争に参戦したフランスの軍人ラファイエットに対し、アメリカ政府がアメリカ名誉市民権を授与。
8月7日 東京・神奈川県境の多摩川でアゴヒゲアザラシを発見、多摩川にちなんで「タマちゃん」と名付けられ、連日ニュースで取上げられ話題となる。
8月19日 フィジー南方沖でM 7.7の地震が2回発生。震源の深さは前者が580km、後者は675km。
8月26日 マツダ・RX-7(FD3S型)生産終了。
8月26日 ヨハネスブルクで持続可能な開発に関する世界首脳会議が開幕。
8月27日 ソニーがベータマックスの生産終了を発表。
9月10日 スイスと東ティモールが国際連合に加盟。
9月17日 日本の小泉純一郎首相が訪朝。日朝首脳会談が行われ、北朝鮮の金正日総書記が日本人拉致を公式に認める。
9月23日 Mozilla Firefoxの初版が公開。
9月25日 ロシア・イルクーツク州の上空で天体衝突による爆発が発生。(2002年シベリアの火球)
9月26日 名古屋鉄道踏切衝突脱線事故。
9月27日 東ティモールが国連に加盟。
9月29日 第14回アジア競技大会が釜山で開幕。( - 10月14日)
10月1日 身体障害者補助犬法が施行。
10月8日 東京大学名誉教授の小柴昌俊にノーベル物理学賞が贈られることが決定する。
10月9日 島津製作所の田中耕一のノーベル化学賞受賞が決定。
10月12日 バリ島爆弾テロ事件 (2002年): インドネシアバリ島のナイトクラブで爆弾テロ。202人が死亡、300人以上が重軽傷。
10月15日 北朝鮮による日本人拉致問題: 北朝鮮に拉致された日本人5人が帰国。
10月23日 モスクワ劇場占拠事件: ロシア連邦の首都モスクワで、チェチェン独立派のテロリストが劇場を占拠。
10月25日 石井紘基刺殺事件
10月27日 ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァがブラジル大統領に選出。
10月27日 芝山鉄道の東成田 - 芝山千代田間が開業。
11月1日 軽自動車の字光式ナンバーの払い出しが全国で始まる。
11月3日 アラスカ州南部でマグニチュード8.0の地震。山崩れなどの被害。
11月4日 中国国務院総理朱鎔基がプノンペンの第六次首脳会談でASEAN10ヶ国とともにACFTA(中国ASEAN自由貿易協定)を締結する。
11月8日 イラク戦争・イラク武装解除問題: 国連安保理でイラクの武装解除を求める安保理決議1441が採択。
11月13日 イラク武装解除問題: イラクが国連安保理決議1441を受託。
11月21日 ブルガリア・エストニア・ラトビア・リトアニア・ルーマニア・スロバキア・スロベニアが北大西洋条約機構(NATO)に加盟。
11月23日 ジュビロ磐田がJリーグ初の両ステージ完全制覇。
12月1日 東北新幹線盛岡駅 - 八戸駅間延伸開業。それに伴い、東北本線盛岡駅 - 目時駅間がIGRいわて銀河鉄道に、同線目時駅 - 八戸駅間が青い森鉄道に第三セクター化される。
12月1日 埼京線恵比寿駅 - 大崎駅間延伸開業、ならびに東京臨海高速鉄道りんかい線天王洲アイル駅 - 大崎駅間開業。
12月7日 「K-1 WORLD GP 2002 決勝戦」が主催者発表で観客動員74,500人を記録し、東京ドームにおける最多観客動員記録を作る。
12月12日 ウィキペディアの姉妹プロジェクトウィクショナリーが活動開始。
12月18日 東京地下鉄株式会社法成立。
12月19日 第16代韓国大統領選挙で盧武鉉が当選。
12月24日 宇宙開発事業団が地球環境観測衛星「みどりII」を打上げ。
12月31日 有田鉄道線がこの日限りで全線廃止。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA