2021年最新版
年齢早見表

1962年(昭和37年)生まれの人生年表・年齢早見表

1962年生まれの人は今何歳?

1962年生まれは和暦だと昭和37年生まれで、生まれ年の干支は寅(とら)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在59歳、誕生日を迎えていないなら現在58歳です。 また、今年は前厄(男性)の年となります。

1962年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和37年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
59 58

1962年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1969
昭和44年
7 小学校入学
1975
昭和50年
13 小学校卒業
中学校入学
1978
昭和53年
16 中学校卒業
高校入学
1981
昭和56年
19 高校卒業
大学入学
1983
昭和58年
21 短大卒業
1985
昭和60年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1968
昭和43年
6 小学校入学
1974
昭和49年
12 小学校卒業
中学校入学
1977
昭和52年
15 中学校卒業
高校入学
1980
昭和55年
18 高校卒業
大学入学
1982
昭和57年
20 短大卒業
1984
昭和59年
22 大学卒業

1962年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1962
昭和37年
0 生誕
1963
昭和38年
1
1964
昭和39年
2
1965
昭和40年
3
1966
昭和41年
4
1967
昭和42年
5
1968
昭和43年
6 小学校入学(早生まれ)
1969
昭和44年
7 小学校入学(4-12月生)
1970
昭和45年
8
1971
昭和46年
9
1972
昭和47年
10
1973
昭和48年
11
1974
昭和49年
12 中学校入学(早生まれ)
1975
昭和50年
13 中学校入学(4-12月生)
1976
昭和51年
14
1977
昭和52年
15 高校入学(早生まれ)
1978
昭和53年
16 高校入学(4-12月生)
1979
昭和54年
17 前厄(女性)
1980
昭和55年
18 本厄(女性)
1981
昭和56年
19 後厄(女性)
1982
昭和57年
20
1983
昭和58年
21
1984
昭和59年
22
1985
昭和60年
23 前厄(男性)
1986
昭和61年
24 本厄(男性)
1987
昭和62年
25 後厄(男性)
1988
昭和63年
26
1989
昭和64年平成元年
27
1990
平成2年
28
1991
平成3年
29
1992
平成4年
30
1993
平成5年
31 前厄(女性)
1994
平成6年
32 本厄(女性)
1995
平成7年
33 前厄(女性)
1996
平成8年
34
1997
平成9年
35 前厄(女性)
1998
平成10年
36 本厄(女性)
1999
平成11年
37 前厄(男性)
2000
平成12年
38
2001
平成13年
39
2002
平成14年
40 前厄(男性)
2003
平成15年
41 本厄(男性)
2004
平成16年
42 後厄(男性)
2005
平成17年
43
2006
平成18年
44
2007
平成19年
45
2008
平成20年
46
2009
平成21年
47
2010
平成22年
48
2011
平成23年
49
2012
平成24年
50
2013
平成25年
51
2014
平成26年
52
2015
平成27年
53
2016
平成28年
54
2017
平成29年
55
2018
平成30年
56
2019
平成31年令和元年
57
2020
令和2年
58
2021
今年
令和3年
59 前厄(男性)
2022
令和4年
60 本厄・還暦(男性)
2023
令和5年
61 後厄(男性)
2024
令和6年
62
2025
令和7年
63
2026
令和8年
64
2027
令和9年
65
2028
令和10年
66
2029
令和11年
67
2030
令和12年
68
2031
令和13年
69 古希
2032
令和14年
70
2033
令和15年
71
2034
令和16年
72
2035
令和17年
73
2036
令和18年
74
2037
令和19年
75
2038
令和20年
76 喜寿
2039
令和21年
77
2040
令和22年
78
2041
令和23年
79 傘寿
2042
令和24年
80
2043
令和25年
81
2044
令和26年
82
2045
令和27年
83
2046
令和28年
84
2047
令和29年
85
2048
令和30年
86
2049
令和31年
87 米寿
2050
令和32年
88
2051
令和33年
89 卒寿
2052
令和34年
90
2053
令和35年
91
2054
令和36年
92
2055
令和37年
93
2056
令和38年
94
2057
令和39年
95
2058
令和40年
96
2059
令和41年
97
2060
令和42年
98 白寿
2061
令和43年
99 紀寿
2062
令和44年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1962年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月1日 ウ・タントが第3代国際連合事務総長に就任。
1月1日 西サモア(現在のサモア)がニュージーランドから独立。
1月3日 ローマ教皇ヨハネ23世がフィデル・カストロを破門。
1月11日 中国共産党の「七千人大会」が開会。毛沢東党主席が大躍進政策の失敗を認め自己批判する。
1月12日 歌会始が初めてテレビ中継される。
1月16日 建設省が全国の主要国道にガードレール設置を決定。
1月21日 大阪に交通科学館(現在の交通科学博物館)が開館。
1月22日 米州機構がキューバを除名。
1月26日 レインジャー計画: アメリカの月探査機「レインジャー3号」を打ち上げ。
2月1日 琉球立法院が、アメリカの沖縄統治は国連憲章違反とする決議(2・1決議)を全会一致で採択。
2月1日 東京都統計部の発表によれば東京都の人口(常住人口)が1,000万人を突破。世界初の1,000万都市に。
2月3日 ケネディ米大統領がキューバとの輸出入を全面禁止し、キューバの経済封鎖を行うと発表。
2月8日 米軍事援助軍司令部発足。
2月10日 U-2撃墜事件でソ連に拘禁されていたアメリカの軍人フランシス・ゲーリー・パワーズと、アメリカで収監されていたソ連のスパイルドルフ・アベルが交換によりそれぞれ釈放される。
2月16日 南ベトナム解放民族戦線が第1回代表大会を開催。
2月20日 マーキュリー計画: アメリカで有人宇宙船「マーキュリー・アトラス6号」(フレンドシップ7)を打上げ。アメリカ初の有人地球周回飛行に成功し、ソ連の宇宙開発レベルに追いつく。
3月1日 アメリカン航空1便墜落事故
3月2日 ビルマでネ・ウィンが軍部無血クーデターに成功し、大統領に就任。
3月18日 フランスとアルジェリアがエビアン協定に調印し、アルジェリア戦争が終結。
3月19日 アルジェリア独立戦争が停戦。
3月22日 尹潽善が韓国大統領を辞任。
3月23日 帝都高速度交通営団(現在の東京地下鉄)丸ノ内線が全線完成。
4月1日 高等専門学校が設置される。
4月21日 シアトル万国博覧会が開幕。10月21日まで。
4月25日 皇學館大学開学式が挙行される(神宮皇學館大學の再興、初代大学総長は吉田茂)。
4月27日 日本プロレス神戸大会での6人タッグマッチで、フレッド・ブラッシーがグレート東郷に噛みついて大流血させた。テレビ視聴者の複数の老人が残忍さのあまりショック死し、日本テレビのプロデューサーが国会に呼び出された。
5月3日 常磐線三河島駅で脱線した貨物列車に上下2本の電車が追突、死者160人・重軽傷325人。(三河島事故)
5月4日 「家庭用品品質表示法」公布。
5月6日 テレビ番組『てなもんや三度笠』放送開始。
5月17日 大日本製薬が、前年11月に奇形児出産の恐れがあると指摘されるも製造を続けていたサリドマイドの出荷を停止。
5月22日 コンチネンタル航空11便爆破事件
5月23日 東京・築地の国立がんセンターが診療を開始。
5月24日 マーキュリー計画: アメリカが有人宇宙船「マーキュリー・アトラス7号(オーロラ7)」を打ち上げ。
5月31日 カリブ海地域のイギリス植民地で構成されていた西インド連邦が解散し、構成国は再びイギリスの直轄植民地に戻る。
5月31日 アドルフ・アイヒマンがイスラエルで絞首刑になる。
6月1日 アドルフ・アイヒマンがテルアビブのラムレ刑務所で処刑。
6月10日 北陸本線北陸トンネルが開通。当時日本最長。
6月11日 アメリカ・アルカトラズ連邦刑務所からフランク・モリスと仲間2人が脱獄。
6月14日 パリで欧州宇宙研究機構(ESRO、欧州宇宙機関の前身の一つ)が発足。
6月21日 産経新聞で、司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の連載が始まる。
6月22日 グアドループ・ポワンタピートル国際空港でエールフランス機が悪天候のため墜落。113人全員死亡。(en:Air France Flight 117)
6月29日 北海道の十勝岳で水蒸気爆発。翌日未明に噴火が発生。
7月1日 ルワンダとブルンジがベルギーから独立。
7月1日 第6回参議院議員通常選挙
7月2日 ウォルマート第1号店が米アーカンソー州ベントンビルで開店。
7月3日 アルジェリア戦争: アルジェリアで実施された住民投票の結果に基づき、フランス大統領シャルル・ド・ゴールがアルジェリアの独立を宣言。
7月3日 プラハで開催されていた第15回世界体操競技選手権で、日本の男子団体が初優勝を飾る。
7月5日 アルジェリアがフランスより独立。
7月6日 アメリカ合衆国がセダン核実験を実施。
7月9日 アメリカ合衆国が高高度核爆発実験「スターフィッシュ・プライム」を実施。
7月10日 当時世界最大のタンカー「日章丸」が進水。
7月10日 アメリカが世界初の能動型通信衛星テルスター1号を打ち上げ。
7月11日 日本初の国産旅客機YS-11が完成。
7月11日 テルスター衛星により、アメリカとイギリス・フランス間で初の大陸間衛星中継が行われる。
7月12日 ローリング・ストーンズがロンドン・マーキークラブで初のライブを行う。
7月22日 マリナー計画: アメリカで惑星探査機「マリナー1号」が打ち上げられるが制御システムに不具合が発生し、地上からの指令でロケットは破壊され、打上げは失敗した。しばしばプログラムの間違いによって、とされるが、それは間違った伝説である。同機のプログラムは指示された仕様通り完璧に書かれており、指示された仕様が間違っていた。
7月23日 ラオス内戦: ジュネーブ国際会議でラオス王国の中立に関する宣言(英語版)を採択。
8月3日 日本初のテレビ情報誌『週刊TVガイド』が創刊。
8月4日 「TVガイド」創刊。創刊号の表紙は高橋圭三。
8月5日 南アフリカ共和国の黒人解放運動指導者ネルソン・マンデラが当局に逮捕。国家反逆罪で終身刑となり、1990年の釈放まで獄中で過ごす。
8月5日 マリリン・モンローが自宅で死んでいるのが発見される。
8月6日 ジャマイカがイギリスから独立。
8月12日 ソ連で有人宇宙船「ボストーク4号」打上げ。前日に打上げられた「ボストーク3号」とのランデブーを試み、数kmの距離まで接近。
8月12日 堀江謙一が@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}世界初の小型ヨット単独無寄港太平洋横断航海に成功。「マーメイド号」(全長5.83m)で5月12日、兵庫県西宮を出航し、サンフランシスコに到着。
8月15日 オランダとインドネシアが西イリアン(イリアンジャヤ)の帰属に関する西イリアン協定に調印。
8月16日 ビートルズのドラムスがピート・ベストからリンゴ・スターに交代。
8月17日 ベルリンの壁を越えようとした18歳のペーター・フェヒターを東ドイツ側の警備兵が銃殺。
8月19日 第44回全国高等学校野球選手権大会で作新学院が優勝し、史上初の春夏連覇を達成。
8月22日 フランスの極右地下組織・秘密軍事組織(OAS)がシャルル・ド・ゴール大統領の暗殺を決行するが未遂に終わる。(小説『ジャッカルの日』のモデル)
8月27日 アメリカの金星探査機マリナー2号が打ち上げ。
8月30日 戦後初の日本の国産旅客機であるYS-11が初飛行。
8月31日 トリニダード・トバゴがイギリスから独立。
9月1日 広島テレビ放送が開局。
9月5日 国鉄スワローズの金田正一が通算3509奪三振の世界記録(当時)を達成。
9月12日 日本原子力研究所の国産第1号原子炉「JRR-3」が臨界に達する。
9月18日 ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、ブルンジ、ルワンダが国連に加盟。
9月20日 民間のテレビ視聴率調査会社のビデオリサーチが設立。
9月26日 イエメン王国でクーデターが発生。イエメン・アラブ共和国(北イエメン)が建国を宣言。
9月26日 全長2,068メートルで当時東洋一の長さの若戸大橋が開通。
9月29日 カナダ初の国産実験衛星「アルーエット1」が打ち上げ。
9月30日 ジェームズ・メレディスがミシシッピ大学初の黒人学生として入学を果たす。
10月1日 日本財団の前身である日本船舶振興会が創立。
10月1日 仙台放送開局。
10月3日 マーキュリー計画: アメリカの有人宇宙船マーキュリー・アトラス8号(シグマ7)が打ち上げ。
10月5日 映画007シリーズ第1作『007 ドクター・ノオ』がイギリスで公開。
10月5日 ビートルズのファースト・シングル『ラヴ・ミー・ドゥ/P.S.アイ・ラヴ・ユー』がイギリスでリリース。
10月7日 NHK杯テレビ囲碁トーナメントが放送開始。
10月8日 アルジェリアが国際連合に加盟。
10月9日 ウガンダがイギリスから独立。
10月10日 ボクシングのファイティング原田がタイのポーン・キングピッチを11回KOで破り、世界フライ級チャンピオンに。日本人では2人目で、世界フライ級では史上最年少。
10月13日 バレーボール世界選手権で日紡貝塚単独チームの女子全日本代表が完全優勝。
10月13日 岡山空港(現 岡南飛行場)が開港。
10月15日 アメリカがキューバを海上封鎖し、核ミサイル配備のためのソ連船の入港を阻止。キューバ危機の始まり。
10月17日 北海道乙部町で函館バスが土砂崩れに巻き込まれて海へ転落(豊浜山津波)。14人死亡、25人重軽傷。
10月19日 青梅鉄道公園が開園。
10月19日 新日本婦人の会結成。
10月19日 アニメーション制作会社タツノコプロ設立。
10月22日 キューバ危機:ジョン・F・ケネディ米大統領がキューバ海上封鎖を表明。
10月25日 ウガンダが国際連合に加盟。
10月25日 バレーボール世界選手権で全日本女子チームが全勝で初優勝。東洋の魔女と呼ばれる。
10月28日 キューバ危機: ソビエト連邦指導者ニキータ・フルシチョフがキューバからのミサイル撤去を発表。
10月30日 最高裁が吉田岩窟王事件の再審を決定。
11月4日 島倉千代子援護会事務所に爆発物が届き1人負傷。一連の草加次郎事件の最初の事件。
11月5日 歌手・美空ひばりと俳優・小林旭が結婚。
11月8日 平壌放送において金日成放送大学の放送開始。
11月9日 廖承志と高碕達之助が「日中長期総合貿易に関する覚書」(LT貿易覚書)に調印。
11月19日 全日空バイカウント機墜落事故。訓練飛行中の全日空機が愛知県猿投上空で墜落。乗員4人全員死亡。
11月20日 京葉臨海鉄道設立。
11月30日 ウ・タントが国際連合事務総長に選出。
12月8日 第42臨時国会召集(12月23日閉会)。
12月9日 タンガニーカ(現在のタンザニアの一部)が英連邦王国から独立。
12月11日 恵庭事件
12月13日 アメリカが能動型通信衛星「リレー1号」を打ち上げ。
12月14日 アメリカの金星探査機「マリナー2号」が金星に最接近し、史上初の惑星フライバイに成功。
12月15日 札幌テレビ放送のラジオ部門(STVラジオ、後に札幌テレビ放送から分社)開局。
12月20日 首都高速初の開通区間である首都高速都心環状線・京橋 - 浜崎橋間と首都高速1号線・浜崎橋 - 芝浦間が開通。
12月24日 ラジオ岐阜(現・岐阜放送、ぎふチャン)開局。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA