2021年最新版
年齢早見表

1972年(昭和47年)生まれの人生年表・年齢早見表

1972年生まれの人は今何歳?

1972年生まれは和暦だと昭和47年生まれで、生まれ年の干支は子(ねずみ)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在49歳、誕生日を迎えていないなら現在48歳です。

1972年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和47年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
49 48

1972年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1979
昭和54年
7 小学校入学
1985
昭和60年
13 小学校卒業
中学校入学
1988
昭和63年
16 中学校卒業
高校入学
1991
平成3年
19 高校卒業
大学入学
1993
平成5年
21 短大卒業
1995
平成7年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1978
昭和53年
6 小学校入学
1984
昭和59年
12 小学校卒業
中学校入学
1987
昭和62年
15 中学校卒業
高校入学
1990
平成2年
18 高校卒業
大学入学
1992
平成4年
20 短大卒業
1994
平成6年
22 大学卒業

1972年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1972
昭和47年
0 生誕
1973
昭和48年
1
1974
昭和49年
2
1975
昭和50年
3
1976
昭和51年
4
1977
昭和52年
5
1978
昭和53年
6 小学校入学(早生まれ)
1979
昭和54年
7 小学校入学(4-12月生)
1980
昭和55年
8
1981
昭和56年
9
1982
昭和57年
10
1983
昭和58年
11
1984
昭和59年
12 中学校入学(早生まれ)
1985
昭和60年
13 中学校入学(4-12月生)
1986
昭和61年
14
1987
昭和62年
15 高校入学(早生まれ)
1988
昭和63年
16 高校入学(4-12月生)
1989
昭和64年平成元年
17 前厄(女性)
1990
平成2年
18 本厄(女性)
1991
平成3年
19 後厄(女性)
1992
平成4年
20
1993
平成5年
21
1994
平成6年
22
1995
平成7年
23 前厄(男性)
1996
平成8年
24 本厄(男性)
1997
平成9年
25 後厄(男性)
1998
平成10年
26
1999
平成11年
27
2000
平成12年
28
2001
平成13年
29
2002
平成14年
30
2003
平成15年
31 前厄(女性)
2004
平成16年
32 本厄(女性)
2005
平成17年
33 前厄(女性)
2006
平成18年
34
2007
平成19年
35 前厄(女性)
2008
平成20年
36 本厄(女性)
2009
平成21年
37 前厄(男性)
2010
平成22年
38
2011
平成23年
39
2012
平成24年
40 前厄(男性)
2013
平成25年
41 本厄(男性)
2014
平成26年
42 後厄(男性)
2015
平成27年
43
2016
平成28年
44
2017
平成29年
45
2018
平成30年
46
2019
平成31年令和元年
47
2020
令和2年
48
2021
今年
令和3年
49
2022
令和4年
50
2023
令和5年
51
2024
令和6年
52
2025
令和7年
53
2026
令和8年
54
2027
令和9年
55
2028
令和10年
56
2029
令和11年
57
2030
令和12年
58
2031
令和13年
59 前厄(男性)
2032
令和14年
60 本厄・還暦(男性)
2033
令和15年
61 後厄(男性)
2034
令和16年
62
2035
令和17年
63
2036
令和18年
64
2037
令和19年
65
2038
令和20年
66
2039
令和21年
67
2040
令和22年
68
2041
令和23年
69 古希
2042
令和24年
70
2043
令和25年
71
2044
令和26年
72
2045
令和27年
73
2046
令和28年
74
2047
令和29年
75
2048
令和30年
76 喜寿
2049
令和31年
77
2050
令和32年
78
2051
令和33年
79 傘寿
2052
令和34年
80
2053
令和35年
81
2054
令和36年
82
2055
令和37年
83
2056
令和38年
84
2057
令和39年
85
2058
令和40年
86
2059
令和41年
87 米寿
2060
令和42年
88
2061
令和43年
89 卒寿
2062
令和44年
90
2063
令和45年
91
2064
令和46年
92
2065
令和47年
93
2066
令和48年
94
2067
令和49年
95
2068
令和50年
96
2069
令和51年
97
2070
令和52年
98 白寿
2071
令和53年
99 紀寿
2072
令和54年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1972年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月1日 現行の協定世界時 (UTC) の運用を開始。
1月1日 オーストリアのクルト・ワルトハイム、国連事務総長に就任。
1月3日 日米繊維協定調印。
1月5日 米大統領リチャード・ニクソンがスペースシャトル計画を進行させることを正式に決定。
1月9日 退役後、洋上大学への改装のため香港に係留されていた豪華客船「クイーン・エリザベス」で火災が発生し、転覆。
1月11日 東パキスタンがバングラデシュに改称。
1月13日 ガーナの軍人イグナティウス・アチャンポンが無血クーデターを起こし、コフィ・ブシア首相を追放して国家元首となる。
1月14日 マルグレーテ2世がデンマーク女王に即位。
1月15日 国鉄鍛冶屋原線がこの日の運転限りで廃止。
1月21日 トリプラ・メーガーラヤがインドの州となる。
1月24日 グアム島で元日本兵の横井庄一を発見。
1月30日 北アイルランド・ロンドンデリーでカトリック系住民のデモとイギリス治安部隊が衝突。市民13人死亡。(血の日曜日事件)
1月30日 パキスタンがイギリス連邦から脱退。
2月2日 グアム島に隠れ続けていた元日本兵・横井庄一が帰国。
2月3日 第11回冬季オリンピック・札幌大会が開幕。2月13日まで。
2月6日 札幌オリンピックスキージャンプ70m級で、笠谷幸生が金メダル、金野昭次が銀メダル、青地清二が銅メダルを獲得し、日本がメダル独占を果たす。
2月9日 ポール・マッカートニーらが結成したバンド「ウイングス」が初公演。
2月13日 2月3日から開催されていた第11回冬季オリンピック・札幌大会が閉幕。
2月17日 フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)の累計生産台数がフォード・モデルTの世界記録を塗り替える。
2月17日 群馬県妙義山中で連合赤軍幹部の森恒夫と永田洋子を逮捕。
2月19日 連合赤軍メンバー5名が人質1名を取って浅間山荘に立てこもるあさま山荘事件が発生(9日後の2月28日に立てこもり犯全員を逮捕)。
2月21日 リチャード・ニクソンアメリカ大統領が中華人民共和国を訪問。アメリカ合衆国大統領としては初。
2月21日 ソ連の無人月探査機「ルナ20号」が月に着陸。
2月24日 山陽新幹線・新神戸駅 - 相生駅間で行われた速度向上試験で当時の世界最高記録286km/hを達成。
2月27日 ニクソン大統領の中国訪問: リチャード・ニクソン米大統領が国交正常化の共同声明(上海コミュニケ)を発表。中華人民共和国を事実上承認。
2月28日 あさま山荘事件で機動隊が山荘を破壊して隊員が突入し人質を救出し、連合赤軍メンバー5人全員を逮捕して事件が終結。
2月29日 八丈島でM7.2の地震。
2月29日 福井県の国鉄三国線、兵庫県の国鉄篠山線がこの日限りで廃止。
3月2日 アメリカの宇宙探査機「パイオニア10号」打ち上げ。
3月6日 新日本プロレス旗揚げ。
3月7日 連合赤軍山岳ベース事件で警官隊により最初の遺体が発見される。
3月12日 東武東上線成増駅前にモスバーガーの第1号実験店舗が開店。
3月15日 山陽新幹線の新大阪駅 - 岡山駅間が開業。
3月19日 インドとバングラデシュが友好条約に調印。
3月20日 御殿場市で富士山大量遭難事故が発生。
3月21日 高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。
3月24日 北アイルランド問題: イギリス政府が北アイルランドの直轄統治を宣言。
3月31日 横浜市電がこの日限りで全線廃止。
3月31日 汽車製造が川崎重工業との合併に伴い、営業を終了。
4月4日 沖縄返還交渉の機密を漏洩した容疑で、毎日新聞社の西山太吉記者らを逮捕(西山事件)。
4月9日 埼玉県上福岡市が市制施行。
4月10日 生物兵器禁止条約に47か国が調印。
4月16日 アメリカで5機目の有人月宇宙船「アポロ16号」が打上げ。
4月16日 ノーベル賞作家の川端康成が逗子でガス中毒で死去。
4月18日 電子楽器メーカーローランド設立。
4月20日 アメリカの宇宙船「アポロ16号」が月面に着陸。
4月26日 イースタン航空がロッキード L-1011 トライスターを初就航させる。
5月13日 大阪・千日デパート火災。死者118名・負傷者81名を出す。
5月13日 国鉄川俣線がこの日限りで廃止。
5月14日 火炎瓶処罰法公布・施行。
5月15日 沖縄県がアメリカ合衆国から日本に返還される。
5月15日 沖縄テレビ放送(OTV)・琉球放送(RBC)、沖縄の本土復帰に伴い日本の民間放送として、OTVはフジテレビジョンをキー局とするFNN・FNSに、RBCは東京放送(TBS)をキー局とするJNN・JRNに、それぞれ正式加盟。
5月17日 仙台市営バスの車内で、座席下に仕掛けられた爆発物が爆発。乗客33人が重軽傷。
5月22日 セイロンで新憲法が採択。共和制に移行し、国名をスリランカ共和国に改称。
5月25日 北海道雄武町で大火。町の中心部で47棟焼失。
5月26日 ニクソン米大統領とブレジネフ・ソ連書記長がモスクワで「第一次戦略兵器制限交渉」(SALT I)および「弾道弾迎撃ミサイル制限条約」に調印。
5月30日 日本赤軍がテルアビブのロッド空港で銃乱射。(テルアビブ空港乱射事件)犯人2人を含む26人死亡。
6月5日 ストックホルムで国連人間環境会議が開幕。6月16日まで。
6月6日 関東地方で大規模な光化学スモッグの被害。埼玉県では学校の生徒を中心に約1800人が、東京都内でも900人超が目やのどに痛みを訴えた。
6月11日 通産大臣の田中角栄が『日本列島改造論』を刊行。
6月14日 榎美沙子ら「中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合」(中ピ連)を結成。
6月14日 日本航空471便DC-8-53型 (JA8012) が、ニューデリーのパラム空港への着陸進入中に空港手前のジャムナ河畔に墜落、搭乗員89名中86名と地上の工事作業員4名が死亡。(日本航空ニューデリー墜落事故)
6月16日 国連人間環境会議の最終日に人間環境宣言を採択。
6月16日 ドイツ赤軍の創設者の1人・ウルリケ・マインホフが逮捕される。
6月17日 ウォーターゲート事件が発覚。
6月18日 英国欧州航空548便墜落事故
6月22日 自然環境保全法公布。
6月22日 四畳半襖の下張事件: 『四畳半襖の下張』を掲載した月刊誌『面白半分』が猥褻文書販売の疑いで発売禁止。
6月25日 沖縄県で日本復帰後初の知事・県会議員選挙。沖縄県知事に屋良朝苗が当選。
6月30日 初の閏秒による世界協定時 (UTC) 調整が行われる。
7月1日 森昌子がシングル『せんせい』で演歌歌手デビュー。
7月5日 荒井由実(後の松任谷由実)がシングル『返事はいらない/空と海の輝きに向けて』でデビュー。
7月5日 高知県土佐山田町繁藤駅構内を含む一帯で地すべり性崩壊が発生(昭和47年7月豪雨に含まれる繁藤災害)。救助中に発生した二次災害による被害も含め、死者60人。
7月6日 佐藤栄作内閣が総辞職。
7月7日 田中角榮が54歳の戦後最年少(当時)で内閣総理大臣に就任。第1次田中角榮内閣発足。
7月10日 月刊『ぴあ』創刊。
7月16日 大相撲名古屋場所で高見山大五郎が優勝(外国出身力士の幕内初優勝)。
7月21日 血の金曜日事件。北アイルランド・ベルファストでIRA暫定派による連続爆弾テロが行われ150名以上に上る死傷者が出た。
7月21日 刑事ドラマ『太陽にほえろ!』が放送開始。
7月24日 四日市ぜんそく訴訟で津地方裁判所が原告勝訴の判決を下す。
7月27日 F-15戦闘機(イーグル)が初飛行。
8月1日 郷ひろみが「男の子女の子」で歌手デビュー。
8月2日 カシオ計算機がパーソナル電卓「カシオミニ」を発売。サイズは当時主流の4分の1、価格は3分の1の1万2,800円を実現し、発売後10カ月で100万台を販売する大ヒットになる。のちにニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久所蔵品になり「重要科学技術史資料(未来技術遺産)に選定された。
8月2日 近鉄奈良線の車内で、座席下にしかけられたアルミ缶爆弾が爆発。乗客2人重傷、19人軽傷。
8月3日 アメリカ合衆国上院が弾道弾迎撃ミサイル制限条約を批准。
8月11日 ベトナム戦争: 最後のアメリカ軍の地上部隊が南ベトナムから撤退。
8月14日 東ベルリン発ブルガス行きのインターフルクIl-62型機が離陸直後墜落、乗員乗客156名全員が死亡。
8月18日 ソ連のルナ計画最後の探査機「ルナ24号」が月面に着陸。岩石を採取し22日に地球に帰還。
8月19日 東大宇宙航空研究所が宇宙観測衛星「でんぱ」を打上げ。
8月26日 第20回夏季オリンピック、ミュンヘンオリンピック開催。9月11日まで。
8月31日 日本の田中角栄首相とリチャード・ニクソン米大統領がハワイで会談。ニクソンがロッキード社のトライスター機の日本導入を希望し、これがロッキード事件の遠因となる。
9月2日 時代劇「必殺シリーズ」の第1作『必殺仕掛人』が放映開始。
9月4日 マーク・スピッツ、ミュンヘンオリンピック水泳で七冠達成。
9月5日 ミュンヘンオリンピック事件。ミュンヘンオリンピックの選手村でパレスチナゲリラがイスラエル選手団を殺害。
9月11日 サンフランシスコ・ベイエリアにバート(ベイエリア高速鉄道)が開業。
9月14日 西ドイツとポーランド間の国交が回復する。
9月19日 甲子園球場での阪神-巨人22回戦でアルプススタンド爆破予告電話があり、20:38から12分間試合が中断。爆弾は発見されず試合再開。
9月20日 王貞治(巨人)が村山実(阪神)から7試合連続本塁打を放つ。
9月21日 フィリピン大統領フェルディナンド・マルコスがフィリピン全土に戒厳令を布告。
9月23日 長野県で戸隠高原バス事故が発生。15人が死亡、67人が負傷。
9月25日 田中角栄首相が中華人民共和国を訪問。9月29日に日中共同声明を発表し、国交樹立。
9月25日 ノルウェーのEC加盟が国民投票で否決。
9月29日 日中共同声明に調印。日本と中華人民共和国の国交が成立(日中国交正常化)。大平正芳外相が、日本と中華民国(台湾)との間の条約は失効と表明。
10月2日 白新線・羽越本線全線と奥羽本線秋田駅 - 青森駅間の電化が完成し、米原駅(滋賀県) - 青森駅間の日本海縦貫線の全線電化が完了。
10月10日 鉄道開業100周年を記念して京都市に梅小路蒸気機関車館が開館。
10月11日 ベトナム戦争: ベトナムへ航行中のアメリカ海軍の空母「キティホーク」で人種問題により水兵が暴動。(en:USS Kitty Hawk riot)
10月11日 中華人民共和国・西ドイツ両国が国交樹立。
10月11日 本田技研工業が低公害エンジンCVCCを発表。
10月13日 パリ発モスクワ行きのアエロフロートIl-62型機がシェレメーチエヴォ国際空港への着陸に失敗して墜落、乗員乗客174名全員が死亡。
10月13日 ウルグアイ空軍機571便遭難事故。モンテビデオ発サンティアゴ行きのフェアチャイルド FH227型機がチリのアンデス山中に墜落。同年12月23日に生存者16名が救出。
10月17日 韓国で十月維新。
10月19日 フィリピン・ルバング島で地元警察が元日本兵2人を発見し銃撃戦に。小塚金七元上等兵が死亡、小野田寛郎元少尉は逃走。
10月21日 全日本プロレス旗揚げ。
10月23日 ベトナム戦争: ラインバッカー作戦が終結。
10月28日 エアバスA300型機が初飛行。
10月28日 中華人民共和国から日本に贈られたパンダ「カンカン」と「ランラン」が上野動物園に到着。
11月5日 上野動物園でジャイアントパンダ・カンカンとランランの一般公開を開始。
11月6日 北陸本線の北陸トンネルで列車火災事故が発生。(北陸トンネル火災事故)
11月6日 羽田空港発福岡空港行きの日航機がハイジャックされる。(日本航空351便ハイジャック事件)
11月8日 世界的ペイチャンネル、『HBO』開局。
11月8日 当時フランスで非合法とされた堕胎を補助した成人4名の裁判が行われた。ジゼル・アリミ弁護士を代理人としたこの裁判はヴェイユ法成立の布石となった。(ボビニー裁判)
11月16日 世界遺産条約がユネスコ総会で採択。
11月28日 日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故
11月29日 アタリがビデオゲーム『ポン』をリリース。
12月4日 スティーブン・ステイナー誘拐事件。
12月7日 7度目かつ最後の有人月宇宙船「アポロ17号」が打ち上げ。
12月8日 エチオピア航空708便ハイジャック事件(死者7人)、ユナイテッド航空553便墜落事故(死者45人)、大分空港で東亜国内航空機が滑走路を逸脱する事故(負傷者無し)。
12月11日 アメリカの有人月宇宙船「アポロ17号」が月面に着陸。
12月14日 アポロ17号の乗員が月面での最後の船外活動。
12月15日 極東放送(現・エフエム沖縄)開局。
12月16日 横浜市営地下鉄の最初の開業区間、1号線(現 ブルーライン)の伊勢佐木長者町駅 - 上大岡駅間が開業。
12月18日 ベトナム戦争: アメリカ軍がラインバッカーII作戦(英語版)を開始。北爆が再開。
12月19日 アメリカの最後の有人月宇宙船「アポロ17号」が地球に帰還。
12月21日 「東西ドイツ基本条約」調印。関係正常化へ。
12月22日 ウルグアイ空軍機571便遭難事故でアンデス山中に墜落した乗客の生存者16人が71日ぶりに救出。
12月27日 朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法制定。
12月28日 北朝鮮で前日に制定された新憲法に基づき、金日成が新設の国家主席に就任。
12月29日 イースタン航空401便墜落事故。史上初のワイドボディ旅客機の全損事故。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA