2021年最新版
年齢早見表

1966年(昭和41年)生まれの人生年表・年齢早見表

1966年生まれの人は今何歳?

1966年生まれは和暦だと昭和41年生まれで、生まれ年の干支は午(うま)年です。 今年2021年、誕生日を迎えていると現在55歳、誕生日を迎えていないなら現在54歳です。

1966年生まれの年齢・表記まとめ

和暦表記 干支
昭和41年生まれ
誕生日後なら 誕生日前なら
55 54

1966年生まれの履歴書表記まとめ

西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1973
昭和48年
7 小学校入学
1979
昭和54年
13 小学校卒業
中学校入学
1982
昭和57年
16 中学校卒業
高校入学
1985
昭和60年
19 高校卒業
大学入学
1987
昭和62年
21 短大卒業
1989
昭和64年平成元年
23 大学卒業
西暦 和暦 年齢 入学・卒業
1972
昭和47年
6 小学校入学
1978
昭和53年
12 小学校卒業
中学校入学
1981
昭和56年
15 中学校卒業
高校入学
1984
昭和59年
18 高校卒業
大学入学
1986
昭和61年
20 短大卒業
1988
昭和63年
22 大学卒業

1966年生まれの人生年表

西暦 和暦 年齢 イベント
1966
昭和41年
0 生誕
1967
昭和42年
1
1968
昭和43年
2
1969
昭和44年
3
1970
昭和45年
4
1971
昭和46年
5
1972
昭和47年
6 小学校入学(早生まれ)
1973
昭和48年
7 小学校入学(4-12月生)
1974
昭和49年
8
1975
昭和50年
9
1976
昭和51年
10
1977
昭和52年
11
1978
昭和53年
12 中学校入学(早生まれ)
1979
昭和54年
13 中学校入学(4-12月生)
1980
昭和55年
14
1981
昭和56年
15 高校入学(早生まれ)
1982
昭和57年
16 高校入学(4-12月生)
1983
昭和58年
17 前厄(女性)
1984
昭和59年
18 本厄(女性)
1985
昭和60年
19 後厄(女性)
1986
昭和61年
20
1987
昭和62年
21
1988
昭和63年
22
1989
昭和64年平成元年
23 前厄(男性)
1990
平成2年
24 本厄(男性)
1991
平成3年
25 後厄(男性)
1992
平成4年
26
1993
平成5年
27
1994
平成6年
28
1995
平成7年
29
1996
平成8年
30
1997
平成9年
31 前厄(女性)
1998
平成10年
32 本厄(女性)
1999
平成11年
33 前厄(女性)
2000
平成12年
34
2001
平成13年
35 前厄(女性)
2002
平成14年
36 本厄(女性)
2003
平成15年
37 前厄(男性)
2004
平成16年
38
2005
平成17年
39
2006
平成18年
40 前厄(男性)
2007
平成19年
41 本厄(男性)
2008
平成20年
42 後厄(男性)
2009
平成21年
43
2010
平成22年
44
2011
平成23年
45
2012
平成24年
46
2013
平成25年
47
2014
平成26年
48
2015
平成27年
49
2016
平成28年
50
2017
平成29年
51
2018
平成30年
52
2019
平成31年令和元年
53
2020
令和2年
54
2021
今年
令和3年
55
2022
令和4年
56
2023
令和5年
57
2024
令和6年
58
2025
令和7年
59 前厄(男性)
2026
令和8年
60 本厄・還暦(男性)
2027
令和9年
61 後厄(男性)
2028
令和10年
62
2029
令和11年
63
2030
令和12年
64
2031
令和13年
65
2032
令和14年
66
2033
令和15年
67
2034
令和16年
68
2035
令和17年
69 古希
2036
令和18年
70
2037
令和19年
71
2038
令和20年
72
2039
令和21年
73
2040
令和22年
74
2041
令和23年
75
2042
令和24年
76 喜寿
2043
令和25年
77
2044
令和26年
78
2045
令和27年
79 傘寿
2046
令和28年
80
2047
令和29年
81
2048
令和30年
82
2049
令和31年
83
2050
令和32年
84
2051
令和33年
85
2052
令和34年
86
2053
令和35年
87 米寿
2054
令和36年
88
2055
令和37年
89 卒寿
2056
令和38年
90
2057
令和39年
91
2058
令和40年
92
2059
令和41年
93
2060
令和42年
94
2061
令和43年
95
2062
令和44年
96
2063
令和45年
97
2064
令和46年
98 白寿
2065
令和47年
99 紀寿
2066
令和48年
100

年号の区切り

令和 2019年5月1日 -
平成 1989年1月8日 - 2019年4月30日
昭和 1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正 1912年 - 1926年12月24日

満年齢とは

満年齢(まんねんれい)とは現在一般的に使われている年齢の計算方法です。誕生日を「0歳」の始まりとして、誕生日ごとに1歳ずつ増やします。当早見表ではこの満年齢で記載しています。

数え年とは

数え年(かぞえどし)とは年齢の表現方法のひとつで、生まれてからの暦年の個数で年齢を表し、生まれた年を「1歳」とします。「1月1日(正月)」が来ると年を取り、元日から誕生日前日までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算します。

厄年とは

厄年(やくどし)とは厄災が多く降りかかるとされる年齢とされ、古来からある風習のひとつです。旧暦のお正月である「節分」の前までに神社やお寺で厄払い・厄除けの祈祷をする習わしがあります。

厄年の数え方は満年齢ではなく「数え年」で、前厄・本厄・後厄と3年続き、本厄は最も注意が必要な年とされています。

性別の本厄の年齢

男性 数え年で25・42(大厄)・61歳
女性 数え年で19・33(大厄)・37・61歳

長寿祝い一覧

名称 満年齢 数え年 由来
還暦 60歳 61歳 生まれた年の干支に還ることから
古希 69歳 70歳 中国の詩人、杜甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」から由来
喜寿 76歳 77歳 「喜」が七を3つ重ねた形で七十七と読めることに由来
傘寿 79歳 80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形で八十と読めることに由来
米寿 87歳 88歳 「米」の字が八十八と読めることに由来
卒寿 89歳 90歳 「卒」の略字「卆」がが九十と読めることに由来
白寿 98歳 99歳 百から一を引くと「白」となることに由来
紀寿 99歳 100歳 または百寿。一世紀(100年)であることから

1966年生まれの人物

11月30日にあった主な出来事

1月2日 テレビ初の怪獣SF『ウルトラQ』放送開始。
1月9日 神奈川県川崎市川崎駅前にて金井ビル火災が発生。
1月15日 常磐ハワイアンセンターがオープン。
1月17日 水素爆弾を搭載したアメリカ空軍のB-52爆撃機がスペインのパロマレス沖でKC-135空中給油機と衝突、水爆を搭載したまま墜落。(パロマレス米軍機墜落事故)
1月19日 インド首相にインディラ・ガンディーが選出される。
1月31日 ルナ計画: ソ連の無人月探査機「ルナ9号」が打ち上げ。
2月3日 ソ連の無人宇宙探査機「ルナ9号」が史上初めて月面軟着陸に成功。
2月4日 千歳発の全日空機・ボーイング727-100が着陸直前に羽田沖に墜落。乗客・乗員133人全員が死亡。(全日空羽田沖墜落事故)
2月15日 コロンビアで解放の神学を掲げたカミロ・トーレス神父が政府軍との戦闘で戦死。
2月23日 シリアでバアス党左派の軍事クーデターが成功。
2月24日 ガーナでクワメ・エンクルマ大統領の外遊中に軍・警察がクーデター。大統領の解任を発表し政権を奪取。
2月26日 ゴダイの虐殺。
2月26日 アメリカのアポロ計画において、サターンIB 型ロケットの発射試験(アポロAS-201)が行われる。
2月27日 春闘共闘委員会主催による第1回物価メーデー開催。
2月27日 日本大学理工学部が制作した人力飛行機「リネットI」が日本初となる人力飛行に成功。
3月1日 ソ連の金星探査機「ベネラ3号」が金星表面に衝突。史上初の地球以外の惑星表面への到達。
3月4日 カナダ太平洋航空402便着陸失敗事故。東京国際空港でカナダ太平洋航空のDC-8が着陸に失敗し墜落。64名死亡。
3月5日 英国海外航空911便(ボーイング707 G-APFE)が富士山上空で山岳波により空中分解。124名全員死亡(BOAC機空中分解事故)。
3月8日 アイルランドの首都ダブリンのネルソン記念柱(英語版)がIRA暫定派によって爆破される。
3月11日 インドネシアのスカルノ大統領が、政治権限をスハルト陸将に委譲する「3月11日命令書」にサインし、スハルトが大統領代行に就任する。
3月11日 菊富士ホテル火災が発生: 群馬県利根郡水上町(現・みなかみ町)にある菊富士ホテルが全焼し、茨城県のタバコ組合の団体客など30人が死亡する。
3月16日 アメリカ合衆国の人工衛星「ジェミニ8号」が打ち上げられ、同日、史上初の宇宙ドッキングに成功。
3月26日 富山県で日本初の「登山届出条例」が公布。
3月31日 法務省が、日本の総人口が1億人を突破したと発表。
3月31日 ソ連で無人月探査機「ルナ10号」を打ち上げ。4月3日に史上初めて月周回軌道を回る。
4月1日 板橋浄水場廃止。
4月1日 日本テレビ(NTV)、読売テレビ(ytv)などを中心として日本ニュースネットワーク(NNN)発足。加盟19局。
4月3日 ソ連の月探査機ルナ10号が月周回軌道に投入され、世界初の地球の孫衛星になる。
4月7日 千葉大学医学部附属病院の医局員を、チフス菌の人体実験をした容疑で逮捕。(千葉大学腸チフス事件)
4月20日 国鉄の在来線全線に自動列車停止装置 (ATS) の設置を完了。
4月21日 エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世がジャマイカを訪問。(ラスタファリ運動の記念日グラウネーション・デー(英語版))
4月26日 日本で戦後最大の交通ゼネラル・ストライキ。私鉄大手10社が24時間スト、国労・動労・全自交が共闘して時限ストに突入し、1,300万人に影響。
4月26日 イタリア・ローマで開催された第64回IOC総会において、1972年の冬季オリンピックの開催地が札幌に、同年の夏季オリンピックの開催地がミュンヘンに決定。
4月29日 俳優の宝田明と1959年ミス・ユニバースの児島明子が結婚。
5月4日 中国共産党中央政治局常務委員会拡大会議で「5・16通知」採択、中央文化革命小組が設置され文化大革命が開始される。
5月15日 日本テレビで演芸番組『笑点』放送開始。
5月16日 中国共産党が5・16通知を発表。「プロレタリア階級による文化大革命」の用語が初めて登場。
5月26日 ガイアナがイギリスから独立。
5月29日 中国・清華大学附属中学校の学生が初の紅衛兵を結成。
5月30日 サーベイヤー計画: アメリカの無人月探査機「サーベイヤー1号」が打ち上げ。
6月2日 サーベイヤー計画: アメリカの月探査機「サーベイヤー1号」が月面に着陸。史上初の月面軟着陸。
6月6日 公民権運動家ジェームズ・メレディスが狙撃され負傷。
6月8日 試作戦略爆撃機XB-70ヴァルキリーのうちの1機が、宣伝用映画撮影のための編隊飛行で戦闘機F-104スターファイターと空中衝突。操縦していたジョセフ・ウォーカーらが死亡。
6月13日 アメリカ合衆国最高裁判所がミランダ対アリゾナ州事件の判決中で、後にミランダ警告と呼ばれる告知を逮捕時に行うことを警察に義務付ける。
6月14日 結社の自由及び団結権の保護に関する条約(ILO87号条約)が日本に対して発効。条約自体の発効日は1950年7月4日。
6月14日 アジア太平洋協議会 (ASPAC) 設立。
6月14日 カトリック教会が1557年からあった禁書目録を公式に廃止。
6月22日 千葉県三里塚地区での新東京国際空港(現・成田国際空港)建設案が初めて公にされる(成田空港問題)。
6月25日 祝日法改正。敬老の日・体育の日・建国記念の日を新設。
6月26日 健康・体力づくりができる野外活動として、東京都の高尾山において日本で初めてオリエンテーリングが行われる。
6月29日 ビートルズが初来日。
6月30日 ビートルズの日本公演初日が日本武道館で行われる。
7月2日 フランスが核実験を初めてムルロア環礁で実施。
7月4日 新東京国際空港の建設予定地を千葉県成田市三里塚の宮内庁下総御料牧場付近とすることを閣議決定(s:新東京国際空港の位置及び規模について)。
7月5日 インドネシアのスカルノが終身大統領の称号を剥奪される。スハルト陸相が大統領代行に指名される。
7月8日 ブルンジ王国で王太子ンタレ5世が父王ムワンブツァ4世を廃位させる。9月に国王(ムワミ)の戴冠式を行うが、クーデターによって同年11月に追放された。
7月10日 特撮テレビ番組『ウルトラマン』第1回の放送となる『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』が放送される。
7月11日 広島市議会 が原爆ドームの永久保存を決議。
7月11日 第1回全日本サーフィン大会が千葉県鴨川市鴨川海岸で開催される。
7月13日 東京都教育委員会が次年度の都立高校入試から学校群制度導入を決定。
7月17日 『ウルトラマン』第1話の放送がTBS系各局で開始。
7月18日 アメリカで有人宇宙船「ジェミニ10号」打ち上げ。
7月30日 ウェンブリー・スタジアムで、開催国イングランドがドイツを破りサッカー・ワールドカップ優勝。
8月1日 プリンス自動車工業が日産自動車に吸収合併。
8月1日 テキサスタワー乱射事件
8月5日 文化大革命: 人民日報に、劉少奇打倒を示唆する毛沢東の論文『司令部を砲撃せよ - 私の大字報』が掲載される。
8月6日 ニチボー貝塚女子バレーボール部の連勝記録が258でストップ。
8月8日 中国共産党第八期中央委員会第十一回全体会議で「プロレタリア文化大革命についての決定」(通称 16か条)が採択。
8月11日 インドネシア・マレーシア両国が国交樹立。
8月26日 ナミビア独立戦争はじまる。
8月29日 ビートルズがサンフランシスコのキャンドルスティック・パークで最後のコンサートを行う。
9月3日 荒舩清十郎運輸相が自身の選挙区内の深谷駅に急行を停車させるよう国鉄に指示していたことが発覚。これが元で10月に辞任。
9月3日 子供を車にぶつけさせ慰謝料を詐取していた当たり屋夫婦が逮捕。後に大島渚が『少年』のタイトルで映画化。
9月5日 第2宮古島台風により沖縄・宮古島で日本の最大瞬間風速記録・85.3m/sを観測。
9月7日 明星食品がインスタントラーメン「明星チャルメラ」発売。
9月8日 米NBCがスタートレックシリーズの放映を開始。
9月12日 アメリカの有人宇宙船「ジェミニ11号」が打ち上げ。
9月12日 食品のコールドチェーン(低温流通)第1号として福島のキュウリが東京の実験店で販売される。
9月16日 ニューヨークのメトロポリタン歌劇場が開場。
9月17日 平新艇事件:北朝鮮漁船が日本への亡命をはかる。
9月28日 前年1月に国連を脱退していたインドネシアが再加盟。
9月30日 イギリス保護領ベチュアナランドがボツワナとして独立。
10月1日 江崎グリコから「ポッキー」が発売。
10月3日 朝霞浄水場通水。
10月4日 レソトがイギリスから独立。
10月5日 米デトロイト郊外のエンリコ・フェルミ炉で史上初の炉心溶融事故がおこる。
10月10日 「体育の日」施行。
10月11日 黒い霧事件: 荒舩清十郎運輸大臣が、選挙区内の深谷駅を急行停車駅にした責任を問われて辞任。
10月14日 黒い霧事件に対し、社会・民社・公明・共産4党の院内共闘が成立する。
10月17日 ボツワナとレソトが国際連合に加盟。
10月21日 日本労働組合総評議会などがベトナム反戦統一ストを決行し、国際反戦デーに指定する。
10月22日 ソ連が月探査機「ルナ12号」を打ち上げ。
10月28日 集英社から週刊プレイボーイ創刊。
11月1日 国立劇場が開場。
11月5日 トヨタ自動車、カローラを発売。
11月11日 アメリカでジェミニ計画の最後の宇宙船「ジェミニ12号」が打ち上げ。
11月13日 全日空松山沖墜落事故。全日空機が松山空港沖に墜落。50名全員死亡。
11月19日 横綱栃ノ海が引退。
11月27日 福岡で第1回国際マラソン選手権(後の福岡国際マラソン)が開催。
11月30日 バルバドスがイギリスから独立。
12月3日 マカオで一二・三事件がおこる。
12月9日 バルバドスが国連に加盟。
12月12日 中央本線初の特急列車、「あずさ」デビュー。
12月16日 国際連合総会が国際人権規約を採択する。
12月18日 土星の衛星エピメテウスが発見される。
12月19日 国連総会で宇宙条約が採択。
12月27日 衆議院解散。(黒い霧解散)
12月31日 フジテレビのアニメ『鉄腕アトム』が放送終了。
12月31日 核拡散防止条約は、この日までに核実験を成功させた国のみに核武装の権利を認める。

生まれた年別の人生年表

画像素材:そらとき / PIXTA