干支に関するまとめ

丑(うし)年生まれの西暦・和暦、干支の意味まとめ

丑(うし)年に関する情報まとめ

[イメージ]丑(うし)年に関する情報まとめ

丑(うし)年の西暦・和暦一覧と、干支の意味、成り立ちや由来をまとめました。

丑(うし)年生まれの西暦・和暦一覧

西暦 和暦 年齢 干支
2021
令和3年
0
「丑」のイラストイメージ うし
2009
平成21年
12
「丑」のイラストイメージ うし
1997
平成9年
24
「丑」のイラストイメージ うし
1985
昭和60年
36
「丑」のイラストイメージ うし
1973
昭和48年
48
「丑」のイラストイメージ うし
1961
昭和36年
60
「丑」のイラストイメージ うし
1949
昭和24年
72
「丑」のイラストイメージ うし
1937
昭和12年
84
「丑」のイラストイメージ うし
1925
大正14年
96
「丑」のイラストイメージ うし

干支「丑(うし)」に関する基本情報

干支は古代中国を発祥とする数え方で、時間・方位・順序などで用いられます。本来は十干と十二支を組み合わせたもので、日本では主に十二支が干支として用いられています。十二支のひとつ、「丑(うし)」は以下の意味を持ちます。

順番 漢字 よみ 動物
2 うし うし
方位 北から右廻り30°。北東よりやや北
午前2時を中心とする約2時間(1時~3時頃)
旧暦12月/およそ新暦1月

丑(うし)年の計算方法

西暦年を12で割って5が余る年が丑の年となります。

丑(うし)の意味、成り立ちや由来

丑は「紐(ちゅう)」で「ひも」「からむ」ことを意味します。芽が種子の中に生じてまだ伸びることができない状態を表しているとされています。

もともと十二支は順序を表す記号で動物ではありませんでしたが、後に覚え易くするため動物の「牛(うし)」が割り当てられました。

牛は農作業などで勤勉によく働く姿から「誠実さ」を象徴します。


「丑」という漢字の意味

字画数
意味 うし。十二支の第二番目。
訓読み
  • うし
音読み
名のり
人名訓

各干支の詳細情報

画像素材:そらとき / PIXTA