漢字一文字の男の子の人気の名前一覧

男の子の名前のヒントに。漢字一文字の名前特集

[イメージ]男の子の名前のヒントに。漢字一文字の名前特集

男の子の名付けのヒントになる漢字一文字の名前をあいうえお順にまとめました。漢字の意味と合わせて、名付けの参考にご覧ください。

あ行

名前 漢字の意味
(あお) 青い美しい石。あお。みどり。あおみどり。
(あお) あお。あおい。若い。
(あおい) あおい。アオイ科の植物の総称。ふゆあおい。
(あおい) あお。あおい。しげる。草木がしげる。古びた。年老いたさま。あわてるさま。あわただしいさま。
(あかね) あかね。アカネ科の多年草。あかねぐさ。あかね色。
(あき) あき。四季の一つ。とき。大事な時期。とし。年月。
(あきら) ほがらか。あかるい。晴れ晴れとしたさま。あきらか。はっきりとした。たからか。声が高く澄みとおる。
(あきら) あかるい。あきらか。夜があける。あかす。あきらかにする。次の。ひかり。はっきりしている。神。中国の王朝の名。
(あきら) あきらか。明るくきらきらと輝く。
(あきら) あらわす。あらわれる。はっきりとあらわれる。あきらか。
(あさ) あさ。あした。天子が政務を執るところ。天子が統治した期間。天子にまみえる。
(あずさ) あずさ。ノウゼンカズラ科の落葉高木。はんぎ。印刷するために彫刻した木の板。また、印刷すること。木工の職人。あずさ。カバノキ科の落葉高木。よぐそみねばりの別名。
(あつし) あつい。人情があつい。すなお。ありのまま。
(あつし) あつい。手あつい。熱心である。病気が重い。
(あまね) まわり。めぐり。あたり。めぐる。まわる。あまねく。あまねし。広く行き渡る。古代中国の王朝の名。
(あゆむ) あるく。あゆむ。足なみ。進み方。面積の単位。割合。率。利率の単位。将棋の駒の一つ。
(あらた) あたらしい。あらた。あたらしくする。他の語の前に付きあたらしい意を表す語。
(いおり) いおり。草葺の小さな家。僧侶や尼僧が仏をまつる小さな家。雅号などに添える語。
(いく) さかん。文化が盛んなさま。かぐわしい。香りがよい。
(いさお) いさお。いさおし。国に尽くした手柄。勲位。勲章。
(いさむ) いさむ。いさましい。奮い立つ。つよい。いさぎよい。思い切りがよい。
(いずみ) いずみ。湧き出る水。みなもと。めいど。あの世。ぜに。貨幣。
(いたる) いたる。行き着く。あるところまで到達する。いたって。この上ない。太陽が至点に達した日。
(いたる) とおる。道が通じる。とおりぬける。たっする。行きつく。とどく。とどける。すぐれる。すぐれた人。たっし。通知。知らせ。たち。複数の人間を示す。
(いち) いち。物の売買を行うところ。まち。人の多いところ。行政区画の一つ。
(いつき) き。立ち木。うえる。木をうえる。たてる。うちたてる。つくり上げる。
(うしお) しお。うしお。満ち干。満ち引き。海水の流れ。世の中の流れ。時代の流れ。
(うみ) うみ。うみのように広大なもののたとえ。
(おう) なかば。真ん中。途中。
(おさむ) ことわり。道理。おさめる。整える。すじ。すじめ。模様。
(おみ) おみ。家来。たみ。一般の人々。君主に対しての家来の謙称。おみ。

か行

名前 漢字の意味
(かい) こころよい。気持ちがよい。楽しい。病気がなおる。はやい。するどい。切れ味がよい。
(かい) うみ。うみのように広大なもののたとえ。
(かい) かい。かじ。船を進めるための道具。オール。
(かいり) かいり。海面上の距離の単位。ノット。速度の単位。
(かえで) フウ。マンサク科の落葉高木。かえで。カエデ科の落葉高木。
(かおる) かおる。かおり。よいかおりがする。かおりぐさ。香草の一つ。たく。香をたく。いぶす。
(かおる) かおり。かおる。良いにおい。名声。評判。
(かける) の旧字体です。
(かける) かける。走る。馬に乗って走る。はせる。馬にむちを打ち走らせる。おいたてる。せまる。
(かず) やわらぐ。やわらげる。なごむ。なごやか。合わせる。仲よくする。二つ以上の数を合わせる。あえる。混ぜ合わせる。日本のこと。大和の国の略。
(かつ) かつ。うちかつ。よく。十分に。
(かなで) かなでる。音楽を演奏する。すすめる。差し出す。差し上げる。もうす。申し上げる。なしとげる。
(かなめ) もとめる。ねがう。むかえる。まちぶせる。かなめ。大切な部分。まとめる。しめくくる。いる。必要とする。
(かん) みき。木のみき。もと。物事の大切な部分。中心となるもの。わざ。はたらき。才能。物事を取りしきる能力。
(かん) ひろい。心がひろい。ゆったりとひろい空間。ゆるやか。ゆったりしている。くつろぐ。ゆったりとする。のんびりとする。
(がい) かちどき。戦いに勝った時にあげる声。やわらぐ。楽しむ。
(がく) たけ。大きく険しい山。妻の父母を敬っていう語。
(きょう) ただす。矯める。正しくする。すくう。たすける。
(きょう) あんず。からもも。バラ科の落葉小高木。
(きよし) きよい。きよらか。けがれのない。さわやか。きよめる。きよくする。きれいにする。すむ。にごりがない。中国の王朝の名。
(けい) 気がきいて賢い。さとい。ちえ。心のはたらき。仏教で物事を見抜く能力。
(けい) ひかり。日光。けしき。眺め。風景。ようす。ありさま。あおぐ。したう。かげ。そえる。そえもの。
(けい) たに。たにがわ。
(けい) よろこぶ。よろこび。めでたいこと。
(けい) ほたる。ホタル科の昆虫の総称。
(けい) モクセイ・ニッケイなどの芳香樹の総称。月に生えるとされる伝説上の木。かつら。カツラ科の落葉高木。
(けい) めぐむ。めぐみ。情けをかける。かしこい。おくる。たまう。
(けん) かしこい。利口。才知にすぐれた。まさる。すぐれている。相手に関する事柄に冠して敬意を表す。
(けん) こぶし。こぶしを握る。こぶしで戦う武術。手や指でさまざまな形を作って勝敗を決める遊戯。
(けん) へりくだる。ゆずる。控えめにする。うやまう。
(げん) くろ。くろい。黒色。赤みがかった黒。奥深い。とおい。はるか。
(げん) みなもと。水が流れ出るもと。物事が起こるもと。四姓の一つ。
(げん) つる。弓のつる。弦楽器に張る糸。弓張り月。
(こう) やまにれ。ニレ科の落葉高木。おおむね。だいたい。ふさがる。かたい。つよい。でく。人形。
(こう) にじ。空気中の水滴に太陽の光が分解されて見える七色の弓状の帯。橋。
(こう) わたる。船で水の上をわたる。空をわたる。
(こう) くれない。あかい。べに。べに花から作った顔料。女性。女性の手仕事。
(ごう) やまあらし。つよい。たけだけしい。すぐれる。ひいでる。オーストラリア。
(ごう) さと。ふるさと。いなか。場所。土地。昔の行政区画の一つ。

さ行

名前 漢字の意味
(さかえ) さかえる。盛んになる。はえ。名誉。ほまれ。
(さく) さく。開花する。笑う。
(さとし) ちえ。頭のはたらき。物事を理解・判断する能力。さとい。かしこい。
(さとし) さとい。かしこい。耳がよく聞こえる。
(さとし) 気がきいて賢い。さとい。ちえ。心のはたらき。仏教で物事を見抜く能力。
(さとる) あかつき。夜明け。さとる。よく知る。さとす。教え導く。
(さとる) さとる。さとり。物事をはっきりと理解する。さとい。かしこい。
(しげる) 草木が盛んに生える。盛んになる。わずらわしい。忙しい。
(しずか) しずか。しずまる。うごかない。音がしない。おだやか。
(しのぶ) がまんする。しのぶ。こらえる。むごい。しのぶ。隠れる。人目につかないようにする。しのび。忍者。忍術。
(しゅう) あき。四季の一つ。とき。大事な時期。とし。年月。
(しゅう) まわり。めぐり。あたり。めぐる。まわる。あまねく。あまねし。広く行き渡る。古代中国の王朝の名。
(しゅう) ひいでる。すぐれている。抜きん出る。
(しゅう) よもぎ。くさよもぎ。はぎ。マメ科の落葉低木。秋の七草の一つ。
(しゅう) 木の名。中国原産の芭蕉に似た小木。ひいらぎ。モクセイ科の常緑小高木。
(しゅう) おさめる。おさまる。まなぶ。ととのえる。つくろう。なおす。書物にまとめる。ながい。ながさ。
(しゅう) ふね。
(しゅん) 十日間。十年。野菜、果物、魚介類などの食材が新鮮で盛んに出まわる時期。
(しゅん) またたく。まばたく。まばたき。ごくわずかな間。
駿(しゅん) 良馬。足が速い馬。はやい。すばやい。すぐれる。すぐれた人物。
(しょう) 菖蒲。あやめ。アヤメ科の多年草。はなしょうぶの別名。
(しょう) かける。とぶ。飛びめぐる。
(しょう) ひきいる。指揮する。従えて行く。軍隊をひきいる者。はた。それとも。あるいは。まさに。まさに~せんとす。「今にも~しそうだ」の意。
(しん) はしばみ。カバノキ科の落葉低木。やぶ。雑木や草が群がり生えること。はり。ハンノキ。カバノキ科の落葉低木。
(しん) すすむ。すすめる。前へ出る。のぼる。段階があがる。差し出す。たてまつる。
(しん) まき。マキ科の常緑高木。こずえ。枝の先端。
(しん) まき。マキ科の常緑高木。こずえ。枝の先端。
(じゅん) きいと。まじりけがない糸。まじりけがない。かざらない。ありのまま。偽りのない。けがれのない。
(じゅん) うるおう。うるおす。
(じょう) みのる。ゆたか。穀物がよく実る。
(じょう) 長さの単位。たけ。長さのこと。芸名に添える敬称。
(じん) 思いやり。なさけ。いつくしみ。儒教で最も重要とされる徳目。五常の一つ。人。さね。果実のたね。
(すぐる) はな。はなぶさ。ひいでる。すぐれる。イギリス。
(すぐる) すぐれる。すぐれた人物。
(すぐる) ものやわらか。しとやか。やさしい。他よりまさる。すぐれる。手厚い。役者。芸人。
(すなお) きいと。まじりけがない糸。まじりけがない。かざらない。ありのまま。偽りのない。けがれのない。
(すばる) すばる。二十八宿の一つ。すばる星。
(せい) ほし。天体。とし。月日。重要な人。めぼし。目当て。
(せい) しずか。しずまる。うごかない。音がしない。おだやか。
(せい) なる。なす。なしとげる。できあがる。そだつ。みのる。
(せい) ひじり。知徳がすぐれた人物。その道に特にすぐれた人。天子。天子に関することに冠する語。清酒。けがれのない。清らかな。キリスト教に関する語。
(せん) 数の名。百の十倍。数の多いことのたとえ。
(ぜん) 天子が天を祭る。ゆずる。天子の位をゆずる。禅宗のこと。
(ぜん) しかり。そのとおり。正しい。肯定・是認を表す語語の後につけ状態を表す。しかし。しかして。しからば。しかるに。しかれども。接続の助字。もえる。もやす。
(そう) さわやか。あきらか。
(そう) すすぐ。あらう。くちすすぐ。うがいをする。
(そう) おもう。考える。思いめぐらす。思い浮かべる。おもい。考え。
(そう) かなでる。音楽を演奏する。すすめる。差し出す。差し上げる。もうす。申し上げる。なしとげる。
(そら) そら。おおぞら。あく。あき。あける。むなしい。さびしい。とぼしい。なにもない。から。うつろ。あな。
(そら) あま。あめ。そら。空模様。神。創造主。万物の支配者。自然。生まれつき。運命。めぐりあわせ。神の住むところ。いただき。てっぺん。

た行

名前 漢字の意味
(たか) たか。タカ科の鳥。小形の鳥獣を捕食する猛鳥。
(たかし) たかい。とうとぶ。あがめる。
(たかし) たかい。たかく盛り上がる。さかん。さかんになる。
(たかし) 父母によく仕えること。孝行者。
(たく) ひらく。土地を切り開く。おす。手で押す。石ずり。石碑などの文字をすりとる。
(たくみ) たくみ。大工。職人。ある分野において秀でた人物。
(たくみ) たくみ。うまい。上手。細工・技術のこと。たくむ。たくらむ。
(たけし) 強く勇ましい。たけだけしい。いくさ。たたかい。もののふ。軍人。兵器。半歩。一歩の半分。三尺。
(たけし) つよい。たけし。意志がつよい。態度がしっかりして動じない。
(たける) たっとい。とうとい。身分・地位が高い。たっとぶ。とうとぶ。うやまう。相手に関することに添えて敬意を表す語。みこと。神・身分の高い人につけた敬称。
(たける) がむしゃらで強い。たけだけしい。はげしい。程度がひどい。
(ただし) まごころ。まこと。君主にまごころを尽くすこと。じょう。
(ただし) ただしい。まっすぐ。間違いのない。ただす。まっすぐにする。ただしくする。まさ。まさに。ちょうど。本来の。本筋の。年の始め。零より大きい数。かみ。長。
(たつ) たつ。十二支の第五番目。ひ。ひがら。月日。とき。時刻。日・月・星の総称。
(たつき) き。立ち木。うえる。木をうえる。たてる。うちたてる。つくり上げる。
(たつみ) ゆずる。したがう。うやうやしい。易の八卦の一つ。たつみ。南東の方角。
(たまき) たまき。輪の形をした玉。わ。輪の形のもの。めぐる。まわる。とりまく。
(だい) だいだい。ミカン科の常緑小高木。こしかけ。赤みを帯びた黄色。
(だい) おおきい。多い。重要な。すぐれた。おおよそ。だいたい。おおいに。非常に。おごる。たかぶる。いばる。敬いや褒める意として上に添える語。順序や等級が最も高い。はなはだしい。尊敬の意を添加する接頭語。
(ちから) ちから。働き。作用。能力。つとめる。はげむ。りきむ。力を入れる。
(つかさ) つかさ。官吏。役人。役所。つかさどる。職務としてとりおこなう。うかがう。
(つかさ) ふみ。書物。文書。のり。手本。規則。儀式。式典。しきたり。よりどころ。つかさどる。さかん。律令制の四等官、大宰府の第四等官。
(つくる) きず。きりきず。きずつける。つくる。つくりだす。はじめる。はじめて。
(つとむ) つとめる。はげむ。ゆめ。決して。
椿(つばき) つばき。ツバキ科の常緑高木。思いがけない出来事。チャンチン。センダン科の落葉高木。
(つばさ) 鳥のつばさ。はね。たすける。補佐する。左右に張り出たもの。
(つよし) つよい。たけし。意志がつよい。態度がしっかりして動じない。
(つよし) つよい。かたい。丈夫な。
(てつ) あきらか。道理に通じている。さとい。かしこい。
(てる) てる。てらす。光があたる。てらし合わせる。ひかり。日の光。写真。てれる。
(てん) あま。あめ。そら。空模様。神。創造主。万物の支配者。自然。生まれつき。運命。めぐりあわせ。神の住むところ。いただき。てっぺん。
(とおる) とおる。つらぬきとおす。つきとおす。
(とおる) すく。すきとおる。とおる。とおりぬける。
(とも) とも。ともだち。なかま。同類。想像上の鳥の名前。
(とも) とも。ともだち。ともとする。仲よくする。親しくする。
(とら) とら。食肉目ネコ科の哺乳類。大形の猛獣。勇猛なもののたとえ。恐ろしいもののたとえ。

な行

名前 漢字の意味
(なお) たかい。とうとぶ。たっとぶ。なお。さらに。くわえる。こいねがう。
(なお) まっすぐ。すなお。正しい。なおす。なおる。ただす。あたる。のぞむ。ただちに。値。値段。じかに。ひたすら。ただ。
(ながれ) ながれる。水がながれる。ただよう。さすらう。ながす。ひろめる。罰として遠くに追いやる。まとまらなくなる。だめになる。血筋。系統。しな。階級。等級。不確かな。根拠のない。
(なぎ) なぎ。風がなく海面が穏やかなこと。なぐ。風が止む。
(なぎさ) なぎさ。みぎわ。波打ち際。
(なつ) なつ。四季の一つ。中国の自称。中国の王朝の名。中国最古の王朝。大きい。盛んな。
(なみ) なみ。,なみのような形に動き伝わるもの。ポーランド。
(なり) なり。「~である」の意で、断定を表す助字。や。か。疑問・強意などを表す助字。
(のぞみ) まれ。めずらしい。めったに。こいねがう。ねがう。うすい。かすか。ギリシャ。
(のぞむ) のぞみ。のぞむ。見渡す。ねがう。もち。もちづき。満月。人気。名声。うらむ。
(のぼる) のぼる。日がのぼる。あがる。

は行

名前 漢字の意味
(はがね) はがね。鍛えて硬くした鉄。
(はじめ) もと。根本。はじめ。最初。年号。こうべ。あたま。おさ。かしら。つかさ。中国の王朝の名。中国の貨幣の単位。
(はじめ) はじめる。はじめ。
(はじめ) はじめ。はじまり。はじめて。最初。うぶ。世間ずれしていない。
(はやて) 風が吹くさま。はやて。疾風。きびきびしたさま。
(はやと) はやぶさ。ハヤブサ科の鳥。非常に速く飛ぶ猛禽類。勇猛なもののたとえ。
(はる) はる。四季の一つ。年のはじめ。青年期。情欲。男女の愛欲。年月。
(はる) ひ。ひなた。日の光があたる場所。あかるい。易に関する語で陰に対して、積極的なもの。能動的なもの。いつわる。あざむく。陽極。正の電極。
(はる) はれる。はれ。天気がよい。日が出て空が澄みきる。
(はるか) さまよう。ぶらぶら歩く。はるか。とおい。距離や時間が遠い。ながい。
(ひかる) かがやく。かがやき。かがやかしい。てる。
(ひかる) ひかる。かがやく。てらす。ひかり。かがやき。ほまれ。名誉。けしき。とき。時間。
(ひじり) ひじり。知徳がすぐれた人物。その道に特にすぐれた人。天子。天子に関することに冠する語。清酒。けがれのない。清らかな。キリスト教に関する語。
(ひとし) むすぶ。むすびつける。ゆう。まとめる。つくる。組み立てる。おわり。しめくくり。
(ひなた) ひ。ひなた。日の光があたる場所。あかるい。易に関する語で陰に対して、積極的なもの。能動的なもの。いつわる。あざむく。陽極。正の電極。
(ひびき) ひびく。音が周囲に広がる。
(ひろ) なかば。真ん中。途中。
(ひろ) たずねる。といただす。おとずれる。ひろ。水深などの長さをはかる単位。
(ひろし) 水が湧き立つ。水が広く大きい。勇ましいさま。ほのか。かすか。
(ふく) 豊かな幸運。しあわせ。
(ほまれ) ほめる。たたえる。ほまれ。よい評判を得る。

ま行

名前 漢字の意味
(まこと) まこと。ほんとう。真実。偽りのないこと。まごころ。
(まさる) ものやわらか。しとやか。やさしい。他よりまさる。すぐれる。手厚い。役者。芸人。
(まもる) まもる。まもる人。まわる。周囲をまわる。中国、周代の国名。
(まもる) まもる。まもり。かばう。ふせぐ。たすける。
(みさき) みさき。陸地が海などに突き出した地形。
(みずき) しるし。めでたいしるし。めでたい。めでたいこと。みず。みずみずしい。スイス。スウェーデン。
(みちる) みちる。みたす。いっぱいになる。みちたりる。全部。全体。いっぱい。
(みつぐ) みつぐ。朝廷に品物を差し出すこと。みつぎもの。すすめる。人材を推薦する。
(みつる) あてる。あてがう。みちる。みたす。
(みつる) とむ。ゆたか。豊かになる。とみ。財産が多い。富士山。
(みなと) みなと。船着き場。飛行場。
(みなと) あつまる。あつめる。みなと。船着き場。
(みなみ) みなみ。方角の一つ。
(みのる) み。草木のみ。みのる。みのり。みちる。いっぱいになる。まこと。本当の。まごころ。
(みのる) みのる。みのり。穀物の実が熟する。とし。一年。つむ。つもる。重なる。経験をつむ。
(みやび) みやび。みやびやか。正しい。洗練されていて上品なこと。
(むぎ) むぎ。イネ科の穀物。
(むく) チシャノキ。ムラサキ科の落葉高木。むく。ムクノキ。ニレ科の落葉高木。
(むつ) むつまじい。仲がよい。むつぶ。むつむ。仲よくする。
(めぐる) まわる。めぐる。まわす。めぐらす。かえる。かえす。
(もとい) もと。もとい。物事の根本。おこり。土台。化学において原子の集合体。灯籠や墓石などを数える助数詞。

や行

名前 漢字の意味
(やすき) おだやか。やすらか。落ち着いたさま。
(ゆう) ものやわらか。しとやか。やさしい。他よりまさる。すぐれる。手厚い。役者。芸人。
(ゆう) はるか。とおい。遠く長くしてつきない。ゆとりのある。ゆったりとした。
(ゆう) ゆう。ゆうべ。ゆうがた。
(ゆう) ゆず。ミカン科の常緑小高木。
(ゆう) たすける。たすけ。
(ゆき) さいわい。しあわせ。さち。運がよい。かわいがる。愛する。気に入る。みゆき。天皇の外出。
(ゆず) ゆず。ミカン科の常緑小高木。
(ゆたか) ゆたか。富む。みちる。よく実る。語の上につけて豊かなことをほめたたえる語。
(よう) は。はっぱ。草木のは。葉のように薄い形状のもの。かみ。また、紙などを数える助数詞。世。時代。すえ。
(よう) ひ。ひなた。日の光があたる場所。あかるい。易に関する語で陰に対して、積極的なもの。能動的なもの。いつわる。あざむく。陽極。正の電極。
(よう) なだ。うみ。広大な海。ひろい。広く大きなさま。外国。特に西洋のこと。
耀(よう) かがやく。かがやき。ひかり。
(よう) かがやく。光り輝く。日・月・星の総称。一週間(七日間)に七曜(日・月・火星・水星・木星・金星・土星)に割り当てたもの。

ら行

名前 漢字の意味
(らく) 音楽。かなでる。楽器を奏でる。たのしい。たのしむ。らく。たやすい。このむ。すく。
(りく) おか。地表の水におおわれていない部分。六の大字。
(りつ) 物事を行う基準となるおきて。さだめ。,物事の法則。音楽の調子。漢詩の形式の一つ。仏教で修行者が守るべき規範。
(りゅう) やなぎ科の植物。
(りゅう) の旧字体です。
(りょう) みね。山頂。山並み。山脈。山の連なり。
(りょう) チシャノキ。ムラサキ科の落葉高木。むく。ムクノキ。ニレ科の落葉高木。
(りょう) おわる。おえる。あきらか。はっきりとした。さとる。はっきりとわかる。理解する。
(りょう) たつ。りゅう。想像上の生物。天子。英雄。すぐれた人物。
(りょう) はるか。距離や時間が遠い。王朝の名。
(りょう) まこと。真実。偽りがない。おもいやる。さとる。
(りょう) たかい。けわしい。山がそびえ立つさま。
(りょう) すずしい。うすい。乏しい。情にうすい。さびしい。物寂しい。
(りょう) 物がすぐれてよい。質がよい。立派な。すぐれた。
(りん) 美しい玉。玉が触れあって鳴る音の形容。
(りん) さむい。ふるえるほどさむい。りりしい。すさまじい。きびしい。心身がひきしまる。「凜」の俗字
(りん) はやし。木や竹が密集したところ。おおい。多く集まる。盛んなさま。
(るい) たぐい。なかま。性質が同じもの・似たものの集まり。にる。似たもの。分ける。区別する。
(るい) とりで。土石を積み重ねた小さな城。かさねる。かさなる。野球のベース。
(れい) くろい。くらい。おおい。もろもろ。ころあい。
(れい) 社会生活上守るべき行動の形式。規範となる作法。うやまう。礼儀。あいさつ。感謝の意を表す。
(れい) 玉の鳴る音の形容。玉のように美しい。
(れい) みね。山頂。山並み。山脈。山の連なり。
(れつ) 勢いがはげしい。火の勢いが強い。気性が強い。徳義心にあつい。てがら。すぐれた功績。
(れん) ねる。金属をねりきたえる。薬をねる。きたえる。技術などを熟達させる。
(れん) はす。はちす。スイレン科の多年性水生植物。

わ行

名前 漢字の意味
(わたる) ひさしい。とおい。わたる。時がたつ。あまねし。広く行きわたる。つくろう。いよいよ。ますます。より一層。
(わたる) めぐる。わたる。
(わたる) わたる。川を歩いてわたる。かかわる。関係する。
が表示されている名前は読みは
ぶった切り・当て字などの独自の読ませ方の可能性があります
登録している名字と相性のいい画数の名前には が表示されます
画数で名前を探す際に便利な 姓名判断情報 に是非ご登録ください

関連コンテンツ

名付けのヒント
漢字から名前を探す
名付けの基礎知識
姓名判断情報
姓(名字)を登録いただくと姓名判断と連携できます。是非ご利用ください。
登録された情報はブラウザのみに保存され、サービス側で記録することはありません。
お気に入りの名前