海外・外国でも通用する国際的な名前(男の子・女の子)

海外・外国でも通用する国際的な名前を考える上でのポイント

[イメージ]海外・外国でも通用する国際的な名前を考える上でのポイント

海外・外国に通用する国際的な男の子・女の子の名前をまとめました。日本だけでなく海外でも親しまれる、グローバルで活躍する願いを込めて名付けする際にご参考ください。

海外でも発音しやすい音の名前を考える

日本人にとって発音しづらい音があるように(r : really / th : thinkなど)、日本語以外の言語では発音しづらい音があります。外国でも呼びやすい名前、覚えやすい名前を考えましょう。

日本語以外では発音しにくい名前の例

あおい

母音が続くため、発音しにくい

りゅう・りょう

ルー、リウなど、正確に発音されにくい

ローマ字表記でも読みやすい名前

海外で名前を使用する場合は通常ヘボン式ローマ字で表記します。ヘボン式には長音(名前では「う」などでよく使われる音)がなく、この点注意が必要です。

ローマ字表記の際に読みにくい名前の例

ゆうき(Yuki)

記載の上では「ゆき」と同じ

けんいち(Kenichi)

niの部分が読みにくく「けにち」とも読める

海外で他の意味に取られないか

日本では一般的な名前でも、外国語だと別の意味の単語になる場合があります。例えば、ゆう(You)、だい(die)など、混乱を招きやすくないか、ネガティブな意味がないかを確認しておきましょう。

ゆう(Yu)・あい(Ai)・まい(Mai)

シンプルだが、様々な言語の基本語彙と重複し、混乱しやすい

れいじ(Reiji)

激怒を表す「Rage」と発音が類似

また、スペイン語圏では「a」で終わる名前は女性、「o」で終わる名前は男性ののイメージが強く、この点も注意が必要です。

海外・外国でも通用する男の子の名前100

海外・外国でも通用する女の子の名前100

関連コンテンツ

名付けのヒント
漢字から名前を探す
名付けの基礎知識
姓名判断情報
姓(名字)を登録いただくと姓名判断と連携できます。是非ご利用ください。
登録された情報はブラウザのみに保存され、サービス側で記録することはありません。
お気に入りの名前