天格とは?姓名判断の基本となる五格の解説

天格の意味、計算方法

天格(てんかく)とは姓名判断の基本となる五格(五運)の一つで、祖運・天運格とも呼ばれます。天格の意味や計算方法を解説します。

天格とは

天格とは、名字の合計の画数です。流派によっては祖運天運格とも呼ばれます。出生と晩年の運勢、成功運に影響を与えるとされています。

名字は先祖から与えられたものであり、天運(天から与えられた運命)を表します。姓は自分だけでなく家族、親族と同じものになるので、ここから個人にまつわる運勢を占うことはありません。特に名付けの際は、天格そのものは考慮に入れずに検討します

天格の画数の運勢が悪くても、それ自体で吉凶を占うわけではないので特に気にすることはありません。

ただし、人格や外格は天格を基に算出するため、全体の運勢に影響を与えます。すでに決まっている運勢である天格から相性の良い画数の名前を求めるのが姓名判断を重視した名付けの基本となります。

子供の名前を検討する際は、名字と相性の良い名前を探すのに便利な「名字と相性のいい名前を探す」機能を是非ご利用ください。

名字と相性のいい名前を探す

天格の計算方法

名字の文字の画数を割り出して合計した数が天格です。

天格の計算方法

名字が一文字の場合は霊数として1を天格の画数に加えます。

姓が一文字の場合の天格の計算方法

霊数を用いるかは流派によって異なります。ネムディクの姓名判断では、基本は霊数を用いますが、霊数を使用しない場合の診断結果もご覧いただけます。

霊数とは?姓名判断における流派の違いや画数の計算方法

五格の解説一覧

姓名判断の基本となる五格の意味・計算方法を解説しています。


様々な姓名判断で運勢をチェック!
徹底解説!姓名判断の基礎知識

画数の意味は?数え方は?霊数とは?流派の違いは?名前を診断する上でのさまざまな疑問をわかりやすく解説します。