地格とは?姓名判断の基本となる五格の解説

地格の意味、計算方法

地格(ちかく)とは姓名判断の基本となる五格(五運)の一つで、初運・基礎運・前運格とも呼ばれます。地格の意味や計算方法を解説します。

地格とは

地格とは、名前の名に当たる画数です。流派によっては初運基礎運前運格とも呼ばれます。出生・幼年期から中年に至るまでの運勢を表し、成長過程に強い影響を与えると言われています。

20代前半の家庭・生育環境や潜在的な才能、健康、金銭感覚、恋愛運などを表します。

その人の内面や個性の礎となる時期を表すもので、その後の人生の方向性を占う格です。

また、地格は「目下」「子供」を表し、仕事での部下や後輩、子供に恵まれるかなども占うことができます。

地格の計算方法

名前の名に当たる画数が地格です。

地格の計算方法

名が一文字の場合は霊数として1を地格の画数に加えます。

名が一文字の場合の地格の計算方法

霊数を用いるかは流派によって異なります。ネムディクの姓名判断では、基本は霊数を用いますが、霊数を使用しない場合の診断結果もご覧いただけます。

霊数とは?姓名判断における流派の違いや画数の計算方法

五格の解説一覧

姓名判断の基本となる五格の意味・計算方法を解説しています。


様々な姓名判断で運勢をチェック!
徹底解説!姓名判断の基礎知識

画数の意味は?数え方は?霊数とは?流派の違いは?名前を診断する上でのさまざまな疑問をわかりやすく解説します。