総格とは?姓名判断の基本となる五格の解説

総格の意味、計算方法

総格(そうかく)とは姓名判断の基本となる五格(五運)の一つで、総運・後年運とも呼ばれます。総格の意味や計算方法を解説します。

総格とは

総格とは、名字と名前全ての字画数を足した総画数です。流派によっては総運後年運とも呼ばれます。全体運・生涯運で一生を通じた運に作用し、晩年になるほど強く影響するとされています。

総格は人格と並んで、姓名判断において重要視される格です。それぞれの格の運勢の働きをまとめたもので、総格が吉数であれば、苦労のない安定した晩年を迎えられると言われています。

総格が凶数であれば、人生後半でのトラブルや、悔いを残す晩年となりやすいと言われています。

結婚などで名字が変わった場合に影響する画数でもあります。女の子の場合は総格はあまり重視せずに、名前自体の画数を表す地格を優先して考えるのもよいでしょう。

総格の計算方法

姓の最後と名の頭文字を合計した数が総格です。

総格の計算方法

名字、または名前が一文字の場合は天格、地格に霊数が加わりますが、総格には加えません

姓が一文字の場合の総格の計算方法

霊数を用いるかは流派によって異なります。ネムディクの姓名判断では、基本は霊数を用いますが、霊数を使用しない場合の診断結果もご覧いただけます。

霊数とは?姓名判断における流派の違いや画数の計算方法

五格の解説一覧

姓名判断の基本となる五格の意味・計算方法を解説しています。


様々な姓名判断で運勢をチェック!
徹底解説!姓名判断の基礎知識

画数の意味は?数え方は?霊数とは?流派の違いは?名前を診断する上でのさまざまな疑問をわかりやすく解説します。