会社名・商号・屋号を診断
商号の登記ルールに則って使用している文字の画数を合計した総格から運勢を占う姓名判断サービスです

会社名・商号・屋号を総格から占います

成功運を持つ名付け・ネーミングをお探しの方へ。社名・商号・屋号で使用している文字の画数を合計した総格から姓名判断の手法を用いて運勢を占います。社名・屋号のルールに則っているかのチェックも行えます。

安心してご利用いただくために
ご入力いただいた情報は、姓名判断の結果を表示するのみに使用し、情報の蓄積を行ったり他の目的で使用することはありません。詳しくは「ご利用にあたって」をご確認ください。

商号・屋号とは

商号とは「法律で定められた会社の名前」で、会社名を意味します。屋号とは「個人事業主が名乗ることができる、お店の名前」です。

商号・屋号を考える際、使用できる文字にはルールがあります。使える文字、使えない文字、使えるケースを把握して慎重に考えましょう。

商号・屋号に使える文字

会社の商号として使用できる文字や記号・符号は決められています。具体的には以下の文字が使用可能です。

文字

  • 漢字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • アルファベット(大文字・小文字)
  • 数字(アラビア数字)

記号・符号

  • 「&」(アンバサンド)
  • 「’」(アポストロフィー)
  • 「,」(コンマ)
  • 「-」(ハイフン)
  • 「.」(ピリオド)
  • 「・」(中点)

記号・符号は、字句を区切る記号として使用する場合に限り用いることができます。「.」(ピリオド)は、省略を表す記号として文末で用いる事ができます。その他、アルファベットの区切りとしてスペースを使う事ができます。

記号としては一般的な「@(アット)」などは会社名・屋号には使用できません。

出典: 法務省 商号にローマ字等を用いることについて

使用できる漢字

常用漢字の他、旧字体も使用することができます。

日本語として使用できる漢字であれば、異体字、俗字でも使用できる場合がありますが、読みやすさなどを考慮して検討しましょう。

商号で使用が制限されている文字

「銀行」「信託」「保険」など、公益性の高い特定の業種を示すものについては、該当のサービスを行う職種以外の会社では利用できません。また、誤認・誤解を与えるような他社名を使用することはできません。

その他、「支店」「支社」「支部」「出張所」「事業部」など、会社の一部門であると誤認されるおそれのあるものも使用できません。

その他商号での注意点

同一の住所で同じ会社名は使用できません。

全角・半角の扱い

登記ではアルファベットは全角で扱います。姓名判断においては画数は全角・半角で画数は変わりはありません。当サービスでは見やすさを考慮して半角に変換して表示します。

姓名判断では「株式会社」や「有限会社」などは省く

法人の場合は名前の前後どちらかに会社の種類(株式会社・有限会社など)を入れますが、姓名判断で占う場合は、株式会社」や「有限会社」などは省いたもので占います。

様々な姓名判断で運勢をチェック!
徹底解説!姓名判断の基礎知識

画数の意味は?数え方は?霊数とは?流派の違いは?姓名判断で名前を診断する上でのさまざまな疑問をわかりやすく解説します。

姓名判断をご利用にあたって

姓名判断(以下当サービス)はあくまでエンターテインメントとして提供していことをご理解いただき、診断結果はあくまでも参考程度にご覧ください。

姓名判断の基準となる五格の計算方法は流派によって様々です。計算方法によって他流派、他サービスの診断と結果が異なる場合がございます。

当サービスの診断結果によって運勢が決定するわけではありません。また、その内容が正しいことを保証するものではございません。

当サービスの利用により発生した被害や誘発した損害、トラブルに関して、当サイトは一切の責任を負わないものとし、賠償などは行わないものとします。