外格とは?姓名判断の基本となる五格の解説

外格の意味、計算方法

外(がいかく)とは姓名判断の基本となる五格(五運)の一つで、助運・副運・社会運とも呼ばれます。外格の意味や計算方法を解説します。

外格とは

外格とは、総格から人格を引いた画数です。流派によっては助運副運社会運とも呼ばれます。異性・職場・結婚など対外的な要素を表すとされています。

友人・知人・仕事などでの社交運、周囲の評価、コミュニケーション能力、助力を得られるかなどを占います。外格が吉数の場合、順応性が高く、社会で活躍する運勢となります。

外格は人格に影響を与え、外格が吉であれば人格での長所を引き出し、短所を補うとされています。

外格の計算方法

総格(姓と名の合計)から人格(姓の最後と名の頭文字を足した画数)を引いた画数が外格です。姓の最初と名の最後ではないので注意が必要です。

外格の計算方法

名字、または名前が一文字の場合は、霊数を加えて計算します。この点、総格の計算方法と異なるので注意が必要です。

姓が一文字の場合の外格の計算方法

一文字姓、一文字名の場合は、霊数のみが残る形になるので、外格は2になります。

姓と名が一文字の場合の外格の計算方法

霊数を用いるかは流派によって異なります。ネムディクの姓名判断では、基本は霊数を用いますが、霊数を使用しない場合の診断結果もご覧いただけます。

霊数とは?姓名判断における流派の違いや画数の計算方法

五格の解説一覧

姓名判断の基本となる五格の意味・計算方法を解説しています。


様々な姓名判断で運勢をチェック!
徹底解説!姓名判断の基礎知識

画数の意味は?数え方は?霊数とは?流派の違いは?名前を診断する上でのさまざまな疑問をわかりやすく解説します。