今日は何の日?カレンダー

10月23日は何の日?カレンダー

10月23日の記念日

1023
電信電話記念日
現在の総務省、NTTグループ、KDDIの前身にあたる電気通信省が制定。1869年のこの日、東京~横浜間の電信線架設工事が着手されたことに由来。
今日は何の日トップページへ

10月23日が誕生日の芸能人・著名人

  • 渡辺 淳之介(わたなべ じゅんのすけ)
  • 磯山 さやか(いそやま さやか)
  • 木村 有希(きむら ゆき)
  • 後上 翔太(ごがみ しょうた)
  • 渡辺 直美(わたなべ なおみ)
  • 井本 彩花(いもと あやか)
  • 秋元 司(あきもと つかさ)
  • 吉良 愛美(きら まなみ)
  • 太田 好紀(おおた よしのり)
  • 三輪 江一(みわ こういち)
  • 上村 祐翔(うえむら ゆうと)
  • 楠瀬 志保(くすのせ しほ)
  • 守屋 周(もりや しゅう)
  • 可児 弘明(かに ひろあき)
  • 中野 洋司(なかの ひろし)
  • 若闘将 敏男(わかとうしょう としお)
  • 上田 瑠星(うえだ りゅうせい)
  • 岸 ユキ(きし ユキ)
  • 門馬 秀貴(もんま ひでたか)
  • 大森 享一(おおもり きょういち)

10月23日にあった主な出来事

2017年 マラウィの戦い: フィリピン政府が戦闘終結宣言。
2016年 宇都宮市連続爆発事件: 栃木県宇都宮市の宇都宮城址公園で2度爆発が発生。死者1名、負傷者3名。
2015年 ピュイスガン交通事故: フランス・ボルドー北東部のピュイスガン(フランス語版)にて発生したバスと大型トラックの衝突事故。
2011年 トルコ東部地震: トルコ東部で、M7.2の地震が発生。
2011年 リビアで国民評議会が全土解放を宣言。42年に及んだカダフィ独裁政権が事実上の崩壊。
2005年 ディープインパクトが菊花賞で勝利し、ナリタブライアン以来11年ぶり、日本競馬史上6頭目の三冠馬となる。また、無敗で中央競馬クラシック三冠を制したのはシンボリルドルフ以来21年ぶり史上2頭目。
2004年 新潟県中越地震発生。
2002年 モスクワ劇場占拠事件: ロシア連邦の首都モスクワで、チェチェン独立派のテロリストが劇場を占拠。
2001年 Appleが、携帯音楽プレーヤー・iPodを発表。
1996年 ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が「ダーウィンの進化論はカトリックの教えと矛盾しない」と表明。
1992年 上皇明仁(当時の今上天皇)が中華人民共和国を訪問。史上初めて天皇が中国の地を踏む。
1991年 秋篠宮文仁親王の第一女子の眞子内親王が誕生、上皇明仁の初孫となる。
1989年 ハンガリー暫定大統領スーレシュ・マーチャーシュ(英語版)が、国号をハンガリー人民共和国からハンガリー共和国に変更することを宣言。
1983年 レバノン内戦: ベイルートで駐留米海兵隊司令部と仏軍本部が爆破され、309人が死亡。(en:1983 Beirut barracks bombing)
1981年 北炭夕張新炭鉱ガス突出事故で、59名の安否不明者を取り残したまま坑内への注水作業を開始する。
1981年 写真週刊誌『フォーカス』が創刊される。
1980年 ソ連のアレクセイ・コスイギンソビエト連閣僚会議議長(首相)が病気のため辞任。後任にニコライ・チーホノフが就任。
1973年 第一次オイルショック: エクソンとシェルが原油価格の30%引き上げを通告。
1972年 ベトナム戦争: ラインバッカー作戦が終結。
1964年 東京オリンピック女子バレーボールで日本がソ連を下し金メダルを獲得。
1956年 ハンガリー動乱: ハンガリーの首都ブダペストでソ連軍の撤退などを求める20万人のデモ隊が治安警察と衝突。
1956年 フランス保護領ザールで住民投票が行われ、西ドイツ復帰支持が多数を占める。
1954年 パリ協定調印。西ドイツの主権回復、NATOへの加盟、再軍備などを承認。
1945年 初の国際連合総会がニューヨークの劇場で開催。
1945年 第一次読売争議が始まる。
1944年 第二次世界大戦・フィリピンの戦い: レイテ沖海戦が始まる。
1943年 ポンティアナック事件が始まる
1942年 第二次世界大戦・北アフリカ戦線: 第二次エル・アラメイン会戦が始まる。
1940年 第二次世界大戦: ナチス・ドイツ総統ヒトラーとスペイン総統フランコが西仏国境アンダイで会談。ヒトラーはスペインに枢軸国側での参戦を要求するがフランコは拒否。
1926年 ソ連共産党中央委員会がトロツキーを政治局から追放。スターリンが主導権を握る。
1923年 ブレーマー航空機製造(現在のフォッケウルフ)が設立。

日付ごとの記念日カレンダー

今日は何の日?はクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaのコンテンツを素材として利用しています。