今日は何の日?カレンダー

5月10日は何の日?カレンダー

5月10日の記念日

510
コットンの日
1995年(平成7年)に日本紡績協会が制定。コットンのベストシーズンであることと、「コッ(5)トン(10)」の語呂合わせ。
愛鳥の日
1947年(昭和22年)に鳥類学者オリバー・L・オースチン博士が提唱。北の地方の一部はまだ積雪があるという理由で4月10日から後に5月10日に変更された。その後1950年(昭和25年)に、5月10日から16日までの7日間が「愛鳥週間」(バードウィーク)に定められた。
今日は何の日トップページへ

5月10日が誕生日の芸能人・著名人

  • 守田 英正(もりた ひでまさ)
  • 志田 未来(しだ みらい)
  • 山井 大介(やまい だいすけ)
  • 草刈 民代(くさかり たみよ)
  • 荒井 尚光(あらい なおみつ)
  • 岡田 憲和(おかだ のりかず)
  • 岡崎 和也(おかざき かずや)
  • 堀 瑞輝(ほり みずき)
  • 庄司 龍成(しょうじ りゅうせい)
  • 福田 健二(ふくだ けんじ)
  • 増澤 璃凜子(ますざわ りりこ)
  • 秋野 ひとみ(あきの ひとみ)
  • 安井 雅彦(やすい まさひこ)
  • 喜多川 泰(きたがわ やすし)
  • 平田 徹(ひらた とおる)
  • 瑞森 しゅん(みずもり しゅん)
  • 樋口 大輔(ひぐち だいすけ)
  • 藤田 佳秀(ふじた よしひで)
  • 原田 謙介(はらだ けんすけ)
  • 生山 裕人(いくやま ひろと)

5月10日にあった主な出来事

2018年 9日に行われた2018年マレーシア下院議員選挙で勝利したマハティール・ビン・モハマドが第7代首相に就任。選挙で選ばれた国家指導者としては世界最高齢(92歳)。
2017年 大韓民国(韓国)の第19代大統領選挙で当選した共に民主党の文在寅前代表が中央選挙管理委員会の承認を経て正式に就任。
2008年 ミャンマーで、新憲法制定のための国民投票(実態は翼賛投票)実施。
2006年 イタリアの戦後第11代の大統領に、現左翼民主党のジョルジョ・ナポリターノが選出される。
2005年 ブラジリアで第1回南米・アラブ諸国首脳会議が開催。
2004年 日本の皇太子徳仁親王が記者会見で人格否定発言を行う。
2004年 Winnyの開発者が京都府警に逮捕。
2003年 リトアニアで欧州連合加盟をめぐる国民投票が実施。翌11日まで。
1999年 JR西日本が天王寺、京橋~和歌山間に大阪経由で紀州路快速運転開始。
1994年 南アフリカ大統領にネルソン・マンデラが就任。南アフリカで初の黒人政権。
1987年 帝銀事件の死刑囚平沢貞通が獄中で病死。
1984年 グリコ・森永事件: 報道機関に「かい人21面相」から「グリコ製品に毒物を混入した」との脅迫状が送られる。(兵庫青酸菓子ばら撒き事件)
1981年 フランソワ・ミッテランがフランス大統領に就任。
1975年 ソニーがベータマックスの家庭用ビデオテープレコーダ1号機、SL-6300を発売。
1969年 国鉄が客車の等級を廃止し旅客運賃料金を一本化。グリーン車導入。(モノクラス制)
1965年 国鉄スワローズがフジテレビ・産経新聞社に売却される。
1964年 国鉄柳ヶ瀬線がこの日限りで廃止。
1960年 潜航状態での世界一周を達成したアメリカ海軍の原子力潜水艦「トライトン」がデラウェア州沖で浮上、潜航時間の世界記録を樹立。
1952年 北陸放送開局。本州日本海側最初の民間放送ラジオ局。
1952年 L・M・モンゴメリ作・村岡花子訳『赤毛のアン』公刊。
1952年 荒川放水路バラバラ殺人事件。荒川放水路で胴だけの男性の遺体を発見。17日に被害者の妻を逮捕。
1951年 ラジオ東京(現在の東京放送ホールディングス)が会社設立。
1949年 カール・シャウプを団長とする税制使節団が来日。
1940年 ウィンストン・チャーチルがイギリス首相に就任。
1940年 第二次世界大戦: ドイツ軍がオランダ・ベルギーに侵入。ドイツ軍の黄色作戦が始まる。
1940年 第二次世界大戦: イギリス軍がアイスランドに侵攻。
1936年 マヌエル・アサーニャがスペイン第二共和政の大統領に就任。1939年4月まで。
1933年 ドイツ各地で、ナチスによる「非ドイツ的」な著作物の大規模な焚書が公開で行われる。
1932年 アルベール・ルブランがフランスの大統領に就任。
1924年 ジョン・エドガー・フーヴァーがFBI長官に就任、1972年の死去に至るまで在任し続ける。
1922年 キングマン・リーフがアメリカ領となる。

日付ごとの記念日カレンダー

今日は何の日?はクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaのコンテンツを素材として利用しています。