今日は何の日?カレンダー

4月10日は何の日?カレンダー

4月10日の記念日

410
ヨットの日
ヤマハ発動機株式会社が制定。「ヨッ(4)ト(10)」の語呂合わせ。
四万十の日
四万十の日実行委員会が制定。「し(4)まんと(10)」の語呂合わせ。四万十川の美しい流れと豊かな自然を守り、後世に伝えていくことを目的とする。
建具の日
1985年(昭和60年)に全国建具組合連合会が制定。良い戸から「よ(4)いと(10)」の語呂合わせ。「良い戸の日」ともされる。
交通事故ゼロを目指す日
交通安全に対する意識を高めるため、内閣府の交通対策本部が制定。
今日は何の日トップページへ

4月10日が誕生日の芸能人・著名人

  • 井上 尚弥(いのうえ なおや)
  • 和田 誠(わだ まこと)
  • 中村 喜四郎(なかむら きしろう)
  • 六平 直政(むさか なおまさ)
  • 木村 佳乃(きむら よしの)
  • 黒沢 ともよ(くろさわ ともよ)
  • 土屋 櫻子(つちや さくらこ)
  • 宮崎 達也(みやざき たつや)
  • 石澤 秀二(いしざわ しゅうじ)
  • 金城 清子(きんじょう きよこ)
  • 藤本 修司(ふじもと しゅうじ)
  • 塩川 哲也(しおかわ てつや)
  • 圓生 正義(まるみ まさよし)
  • 羽仁 知治(はに ともはる)
  • 中口 雅史(なかぐち まさふみ)
  • 黒河 由美(くろかわ ゆみ)
  • 横山 正文(よこやま まさふみ)
  • 石井 杏奈(いしい あんな)
  • 杉本 直栄(すぎもと なおえ)
  • 吉澤 英生(よしざわ ひでお)

4月10日にあった主な出来事

2019年 イベントホライズンテレスコープがM87にある超大質量ブラックホールの映像の撮影の成功を発表。
2017年 浅田真央が、自身のブログで現役引退を表明。
2010年 ポーランドの政府専用機がロシア・スモレンスクで墜落、レフ・カチンスキ大統領夫妻を含め96人全員が死亡。(ポーランド空軍Tu-154墜落事故)
2010年 自民党を離党した与謝野馨、平沼赳夫らがたちあがれ日本を結成。
2009年 総事業費56兆8千億円の「経済危機対策」を政府・与党で正式決定。財政支出は過去最大の15兆4千億円で国民総生産 (GDP) の約8%に相当する。ちなみに1998年小渕内閣時には財政支出は7兆6千億円。
2009年 広島東洋カープの新本拠地MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島がオープン。
2008年 当時国内最高齢だったアジアゾウ(インドゾウ)の諏訪子が65歳で死亡。
2006年 日本司法支援センター(法テラス)が設立される。
2000年 東京都交通局が都の増収策の一環としてラッピングバス(車体全面広告バス)の運行を開始。
1998年 イギリスとアイルランドの間で和平合意「ベルファスト合意」が締結。
1997年 ヤンク・ロックバンド氣志團結成。
1988年 瀬戸大橋開通。瀬戸大橋線(児島 - 坂出・宇多津間)開通によりJR7社の線路が全てつながったことから、「一本列島」というキャッチフレーズも生まれた。
1972年 生物兵器禁止条約に47か国が調印。
1970年 ポール・マッカートニーがビートルズからの脱退を発表。(ビートルズの解散問題)
1968年 小学館の少女漫画雑誌『少女コミック』が創刊される。
1963年 アメリカの原子力潜水艦スレッシャーが沈没。初の原潜事故。
1959年 皇太子・明仁親王と正田美智子が結婚、ミッチー・ブームが最高潮に。
1954年 アジア初の国際見本市である第1回日本国際見本市が大阪で開催。
1953年 ダグ・ハマーショルドが国際連合事務総長に就任する。
1952年 NHKで連続ラジオドラマ『君の名は』が放送開始。
1948年 ビルマの国際連合加盟に関する国際連合安全保障理事会決議45が採択される。
1947年 アメリカメジャーリーグのブルックリン・ドジャースに、メジャーリーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンが入団。
1946年 第22回衆議院議員総選挙投票日。大日本帝国憲法下最後で戦後初めての男女普通選挙。
1942年 広島電鉄設立。
1941年 第二次世界大戦: ナチス・ドイツによりクロアチア独立国が建国。
1938年 灯火管制規則施行。
1934年 中国共産党が「全国民衆に告ぐるの書」を発表し、反日統一戦線の結成を呼びかける。
1933年 ニューディール政策: 失業対策のための市民保全部隊創設。
1928年 日本商工会議所設立。
1928年 治安警察法により労働農民党・日本労働組合評議会・全日本無産青年同盟に解散命令。
1925年 F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』が刊行。

日付ごとの記念日カレンダー

今日は何の日?はクリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたWikipediaのコンテンツを素材として利用しています。