名前のローマ字表記について

名前をアルファベットで表記するローマ字

[イメージ]名前をアルファベットで表記するローマ字

名前は漢字・ひらがなだけでなくアルファベットで表記する機会は多く、その際にローマ字を用います。ここではローマ字表記の最も代表的なヘボン式ローマ字についてまとめました。

当サイトでの表記について

ヘボン式ローマ字の表記を基に機械的に名前の読みをアルファベットに変換していますが、読み方によっては正しいローマ字ではない表記になっている場合がございます。改めて下記表からご確認ください。

ヘボン式ローマ字とは

日本語表記からアルファベット表記に置換できるローマ字表記法のうち、最も代表的なものです。パスポートなどの綴りでも使用されています。

50音

A I U E O
KA KI KU KE KO
SA SHI SU SE SO
TA CHI TSU TE TO
NA NI NU NE NO
HA HI FU HE HO
MA MI MU ME MO
YA YU YO
RA RI RU RE RO
WA I E O

濁音・半濁音

GA GI GU GE GO
ZA JI ZU ZE ZO
DA JI ZU DE DO
BA BI BU BE BO
PA PI PU PE PO

拗音(ようおん)

きゃ KYA きゅ KYU きょ KYO
しゃ SHA しゅ SHU しょ SHO
ちゃ CHA ちゅ CHU ちょ CHO
にゃ NYA にゅ NYU にょ NYO
ひゃ HYA ひゅ HYU ひょ HYO
みゃ MYA みゅ MYU みょ MYO
りゃ RYA りゅ RYU りょ RYO
ぎゃ GYA ぎゅ GYU ぎょ GYO
じゃ JA じゅ JU じょ JO
びゃ BYA びゅ BYU びょ BYO
ぴゃ PYA ぴゅ PYU ぴょ PYO

撥音(「ん」で表記する音)の表記

「ん」は「N」で表記します。

例:かんの KANNO / ほんだ HONDA

B / M / P の前では「N」の代わりに「M」表記します。

例:なんば NAMBA / じゅんま JUMMA

促音(小さい「っ」で表記する音)の表記

子音(しおん)を重ねて表記します。

例:いっさ ISSA / べっぷ BEPPU

ただし、ち(CHI) / ちゃ(CHA) / ちゅ(CHU) / ちょ(CHO)の音の場合は、その前に「T」を加えます。

例:えっちゅう ETCHU / はっちょう HATCHO

長音(「おう」「おお」など伸ばす音)の表記

「O」や「U」は基本的に記入しません。

例:かとう KATO / さいとう SAITO

ただし、「おう」または「おお」は「O」か「OH」いずれかを選択して表記することができます。

例:おおの ONOまたはOHNO / こうの KONOまたはKOHNO

パスポートではONOまたはOHNO両方記載可能です。一度表記を決定したら以降統一するようにしましょう。パスポートを一度取得された後の表記の変更については、原則変更できません。

関連コンテンツ

赤ちゃんの名前を探している方へ
名付けのヒント
漢字から名前を探す
姓名判断情報
姓(名字)を登録いただくと姓名判断と連携できます。是非ご利用ください。
登録された情報はブラウザのみに保存され、サービス側で記録することはありません。
お気に入りの名前