「翔」を使った名前、意味、読み方、由来、成り立ちや名付けのポイント

「翔」の読み・画数の基本情報

名前で使用 名前に使える漢字です(人名用漢字)
字画数
訓読み
  • かけ
  • ける
音読み
名のり
人名訓
部首
イメージ

「翔」を使った名前・名付けの例と、意味や由来、成り立ち、読み方、画数、イメージなどの漢字の基本情報を掲載しています。赤ちゃん・子供の名前の参考にご覧ください。

「翔」は2020年男の子の人気の名前ランキングで人気の漢字としてランクインしている、男の子の名付けで定番の漢字です。

「翔」の意味

かける。とぶ。飛びめぐる。

「翔」の由来、成り立ち

「羊(よう)」は同じ響きの「揚(よう)」の「高く上がる」という意味から。「よう」から「しょう」へ読み方が変化し「羽」と組み合わせて「羽を使って空高く飛ぶ」の意味に。

「翔」の名付けに込めた願い

空高く飛ぶ様子を表すスケールの大きな字。そこから、自由にのびのびと成長して欲しいと願って。夢に向かって努力し乗り越える強さを持って欲しいという願い。

「翔」が人名用漢字として使えるようになった年

「翔」は、1981年10月から人名用漢字として使えるようになった漢字です。

名前ランキングで毎年トップ10入りの名付けで人気の漢字

空高く飛ぶ「翔」のイメージ"

1982年(昭和57年)に「翔」が名前ランキング10位に初登場して以来、「翔太(しょうた)」「翔平(しょうへい)」「大翔(はると)」「陽翔(はると)」など「翔」が含まれる名前がランクインしています。
「しょう」や「と」など、名付けで使いやすい読み方で他の人気の漢字と組み合わせやすいのも人気のポイントです。

スポーツ選手では中田翔、大谷翔平など、「翔」のつく名前で活躍している選手が多数います。

「翔」が名付けで人気となったきっかけとしては、昭和51年の大ベストセラー、司馬遼太郎の『翔ぶが如く』と言われています。
「とぶ」は「飛ぶ」または「跳ぶ」としか書かなかったところ、「翔ぶ」が世の中に浸透しました。

また、昭和52年に連載をスタートした少女漫画「ハイティーン・ブギ」の主人公の名前「藤丸翔」などで「翔」の世間への認知度が高まりました。

当時まだ名前に使用できなかった「翔」という漢字ですが、世間の認知と要望が高まるとともに、人名に使える漢字が制限されていることが社会問題になると、1981年(昭和56年)から人名用漢字に追加されました。

「翔」を英語で訳すと

漢字は1文字で多様な意味を持ちますが、「翔」を英語で表す場合、一般的には soar, fly などがあります。

「翔」の書き順(12画)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

「翔」に関連する熟語

鸞翔鳳集 らんしょうほうしゅう
優れた才能をもった人が集まり来るたとえ。

「翔」の説明例

飛翔(ひしょう)の「しょう」

名前ランキングに掲載されている「翔」を含む名前

名前ランキングに掲載されている名前から「翔」を含む名前をまとめました。

男の子の名前

女の子の名前

漢字「翔」を含む名付け例

「翔」を含む男の子の名前は1,204件、女の子の名前は281件見つかりました。 「翔」は男の子の名前によく使われる漢字です。

「翔」を含む男の子の名前

「翔」を含む女の子の名前

名前をさらに絞り込む
名前を検索
The order of strokes are based on data from KanjiVG
マイページ