「炎」を使った名前、意味、読み方、由来、成り立ちや名付けのポイント

「炎」の読み・画数の基本情報

字画数
訓読み
  • ほのお
  • える
  • ほむら
音読み
  • えん
  • たん
  • だん

「炎」を使った名前・名付けの例と、「炎」の意味や由来、成り立ち、読み方、画数、イメージなどの漢字の基本情報を掲載しています。赤ちゃん・子供の名前の参考にご覧ください。

「炎」の意味

ほのお。もえる。もえあがる。あつい。燃えるように熱い。激しい感情。熱・痛み・はれを起こす症状。炎症。

「炎」の由来、成り立ち

「火」を二つ組み合わせて勢いよく燃える「ほのお」を表す。

「炎」の書き順(8画)

1 2 3 4 5 6 7 8
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8

「炎」に関連する熟語

気炎万丈 きえんばんじょう
意気込みが他を圧倒するほど盛んであること。

「炎」を含む単語と意味の一例(3件)

炎上 えんじょう - 火が燃え上がること。特に、神社や仏閣・城・船などの大きな建造物が燃えること。
炎天 えんてん - 真夏の焼けるように暑い日差しの天気。また、その空。
火炎 かえん - 燃えさかる火。ほのお。

「炎」の説明例

火がふたつの「ほのお」

漢字「炎」を含む名付け例

「炎」を含む男の子の名前は10件、女の子の名前は6件見つかりました。

が表示されている名前は読みは
ぶった切り・当て字などの独自の読ませ方の可能性があります
登録している名字と相性のいい画数の名前には が表示されます
画数で名前を探す際に便利な マイページ に是非ご登録ください

「炎」を含む男の子の名前

「炎」を含む女の子の名前

名前をさらに絞り込む
名前を検索
The order of strokes are based on data from KanjiVG