「士」を使った名前、意味、読み方、由来、成り立ちや名付けのポイント

「士」の読み・画数の基本情報

字画数
訓読み
  • さむらい
音読み
名のり
人名訓
  • あき
  • あきら
  • おさむ
  • こと
  • さち
  • ただ
  • つかさ
  • のり
  • ひと
  • まもる
イメージ

「士」を使った名前・名付けの例と、「士」の意味や由来、成り立ち、読み方、画数、イメージなどの漢字の基本情報を掲載しています。赤ちゃん・子供の名前の参考にご覧ください。

「士」の意味

おとこ。成人した男子。さむらい。ある資格を持つもの。

「士」の由来、成り立ち

古代中国で戦士の象徴とされていた武器である「まさかり」の絵から生まれた漢字。戦士となる立派な男性を表す。

「士」の名付けに込めた願い

凛々しさを感じさせる漢字。技能、才能に恵まれ、高い志持つ人になるよう願って。

男の子の名前の止め字で定番の漢字「士」

斧に似た武器である鉞(まさかり)の象形から生まれた漢字「士」

「士」は男の子の名前では名前の最後に当てる漢字として定番の漢字です。「湊士(そうし)」や「隼士(しゅんじ)」のように「し」「じ」の響きで用いられる他、「颯士(はやと)」のように「と」の響きでも使われます。

斧に似た武器である鉞(まさかり)の象形から生まれた漢字で「武士」「戦士」のように力強い印象と「学士」「弁護士」のような「資格・技能を持つ人」という意味でも使われ、人気の漢字との組み合わせなどで相性が良く、名付けに適した漢字となっています。

「し」の響を持つ漢字は他に「」「」「」などがあります。

また、「と」の響きでは「」「」「」などがあり、名前の雰囲気やイメージ、他の漢字との相性、字画によって検討することができます。

「士」の書き順(3画)

1 2 3
  • 1
  • 2
  • 3

「士」に関連する熟語

海内奇士 かいだいのきし
この世に類がないほどすぐれた人物。「海内」は四海の内の意で、この世・国内・天下のこと。
国士無双 こくしむそう
国中で並ぶ者がいないほど優れた人物。
多士済済 たしせいせい
すぐれた人材が多くいること。
貴顕紳士 きけんしんし
身分が高く名声もあり、人格的にもすぐれている紳士。

「士」を含む単語と意味の一例(3件)

士官 しかん - 軍隊で、佐官・尉官の総称。
武士 ぶし - 武芸を身に付け、軍事にたずさわった者。江戸時代は四民の最上の階級とされた。さむらい。もののふ。
紳士 しんし - 上流社会の男性。

「士」の説明例

国士舘(こくしかん)の「し」

名前ランキングに掲載されている「士」を含む名前

名前ランキングに掲載されている名前から「士」を含む名前をまとめました。

男の子の名前

漢字「士」を含む名付け例

「士」を含む男の子の名前は1,677件、女の子の名前は34件見つかりました。 「士」は男の子の名前によく使われる漢字です。

が表示されている名前は読みは
ぶった切り・当て字などの独自の読ませ方の可能性があります
登録している名字と相性のいい画数の名前には が表示されます
画数で名前を探す際に便利な マイページ に是非ご登録ください

「士」を含む男の子の名前

「士」を含む女の子の名前

名前をさらに絞り込む
名前を検索
The order of strokes are based on data from KanjiVG